どうも、ぶっちーです。

 

ビジネスをやるうえで大事な2つの価値があります。

 

・機能的価値
・感情的価値(情緒的価値)

 

この2つの価値なんですが、
僕自身は以前は機能的価値しか
意識できていませんでした。

 

ただ、ビジネスをするうえでは
感情的価値も含め両方押さえておく必要があります。

 

 

で、機能的価値ばかりに寄ってしまうと、
ビジネスを進めるのも不利になるんですね。

 

その理由については今回の記事で話していきます。

 

ビジネスを進めるうえで必ず押さえておきたい
機能的価値と感情的価値。

 

この2つの価値の違いを学びつつ、
ぜひビジネスを有利に進めてみてください。

 

 

機能的価値と感情的価値の違いとは?

  • 機能的価値 … 機能やスペックのこと。数値化できる。
  • 感情的価値 … 感情に訴える価値。数値化できない。

 

これだけ言われても

「何のこっちゃ?」

と思うでしょうから具体例を挙げてみますね。

 

例えば、機能的価値は電化製品がわかりやすいです。

 

・○○インチ
・○○ギガバイト
・○○画素

 

こういった機能的な価値のことです。

 

 

じゃあ感情的価値は?ってことですが、
電化製品を買うことで得られる
感情的な価値のことですね。

 

例えば、マックのパソコンを買う人って
感情的な価値を求めて買ったりします。

 

・シンプルなデザインでかっこいいな
・これ持ってカフェで仕事したらカッコいいだろうな
・スティーブジョブズに憧れるんだよな

 

こういった感情に訴えるような価値のことです。

 

だから、パソコンのスペックとか
関係ないですよね。

 

でも感情的価値は商品を売る際に
非常に重要な価値になります。

 

ビジネスで大事なのは感情的価値

 

じゃあ機能的価値と感情的価値では
どっちが大事なの?ってことですが、
感情的価値のほうが大事です。

 

さっきのマックの例を見ればわかると思います。

 

日本の企業が不毛なスペック争いをしている間に、
アップルが人々の感情に訴えて、
一人勝ちしてしまいました。

 

 

もちろん日本の電化製品のほうが
スペックは高かったりしますよ。

 

でも、ぶっちゃけお客さんって
そこまでスペックは求めていなかったりします。

 

「わが社のテレビは8K対応です」
「50インチの大画面!」

 

とか言われても、
どこも同じようなことばかり言ってるので

「で、お宅だけのウリは何?」

って状態なんですね。

 

 

それよりも商品を買った後の
感情的な部分を刺激しないとダメってことです。

 

「大画面のテレビでお子さんとゲームしたら
 最高じゃないですか?」

「家族との時間も充実しますよ」

 

簡単に考えた文章ですが、
スペックを言われるよりは響きません?

 

だから感情的価値が大事ってことです。

 

機能的価値だけではマズい理由とは?

 

機能的価値だけになると非常にマズくて、
その理由は以下の3つです。

 

・マネされる
・価格競争に巻き込まれる
・ファンがつかない

 

もう少し掘り下げて解説しますね。

 

①マネされる

 

機能的価値は簡単にマネされます。

 

例えばタッチパネル式のスマホを
最初に流行らせたのはアップルです。

 

2007年に最初のiPhoneが発売されました。

 

 

ただ、同じタッチパネル式のスマホは
他社もマネし始めたんですね。

 

・ソニー
・シャープ
・サムスン

 

せっかく最先端の機能を打ち出しても
簡単にマネされてしまいます。

 

だから機能的価値だけではダメってことなんです。

 

 

ただ、アップルは機能だけでなく、
感情的価値もプラスしてたので、
他社をリードできたってことですね。

 

他社は機能面ばかりにこだわってしまい、
その結果、アップルの牙城を崩せずにいます。

 

いかに感情的価値が大事なのかがわかる
いい例ではないでしょうか?

 

 

ちなみにブログを書く場合も同じですね。

 

機能的価値、つまり誰でも書けそうな
お役立ち記事を書いてしまうと
ライバルに簡単にマネされてしまいます。

 

僕のブログだとこちらの記事とかそうですね。

参考記事:そもそもstrongタグとは?間違った使い方はペナルティの要因?

 

この記事、ぶっちゃ僕じゃなくても誰でも書けます。

 

だって、ただ情報をまとめればいいだけなので。

 

そうなると情報量勝負になります。

 

ブログの検索順位は相対評価なので、
情報量で負ければ簡単にブログの順位が
抜かれてしまいます。

 

だから、機能的価値だけは危ういんですね。

 

②価格競争に巻き込まれる

 

機能的価値の勝負になると
ぶっちゃけライバルとの差別化が難しくなります。

 

各社で独自のウリはあるんでしょうが、
それでもお客さんから見たら

 

「違いなんてあるの??」

 

という状態です。

 

 

そうなると結局、
価格でしか選ばれなくなるんですね。

 

「どこも同じような商品だから値段で決めよう」

 

こうなってしまいます。

 

 

で、そうなると当然ながら
各社で安売り戦略を取るようになります。

 

これ、大手ならいいんでしょうが、
個人が価格で勝負するのはしんどいですよね…

 

これが機能的価値だけだとマズい理由の2つ目です。

 

③ファンがつかない

 

機能的価値だけだとファンがつきません。

 

だって商品を買う理由が

・スペックが良かった
・価格が安かった

とかだけなんですもん。

 

もちろん高品質で気に入ってる人もいるんでしょうが、
それでも機能的価値だけになると、
いつ他社に乗り換えられるかもわかりません。

 

 

じゃあ感情的価値にも訴えてる
アップルはどうなのか?

 

ってことですが、アップルの製品って
熱烈なファンもいますよね。

 

新作のiPhoneが発売されるときは
いつも行列ができるくらいです。

 

それはやはりアップルの商品が感情的価値に訴えて
お客さんを虜にしているからですよね。

 

 

だからブログとかでも同じですよ。

 

みんな何をやってるかって言うと、
機能的価値ばかりの記事なんですね。

 

・おすすめのクレジットカード5選
・アフィリエイトとは?
・SEO対策とは?

 

みたいな機能的価値ばかりです。

 

 

でもそういった記事って誰でも書けますよね。

 

誰でも書ける記事なら
情報だけ抜き取られて終わりです。

 

そうなると延々と新規のお客さんを集める
集客地獄に陥ります。

 

 

ビジネスってお客さんと長期的な関係を続けたほうが
圧倒的に楽なんですよね。

 

でも機能的価値の記事ばかりだとファンもつかず、
延々と集客することになります。

 

とは言え、昔の僕も機能的価値ばかりの
つまらない記事ばかり書いてたんですけどね … (汗)

参考記事:ブログアフィリエイトでSEO記事ばかり書いてたら、つまらない文章を書くスキルが身についた

 

やっぱり感情的価値でファンを増やしたほうが
ビジネスも楽に進めることができます。

 

とは言え機能的価値もムダではない

 

機能的価値だけはもちろんダメですが、
かと言って機能的価値を
全否定しているわけではありません。

 

機能的価値にも役割はあります。

 

それは証明になるということです。

 

 

こういう言葉って聞いたことないでしょうか?

 

「人は感情で動いて理屈で納得する」

 

理屈で納得してもらうために
機能的価値が大事になってくるということです。

 

 

例えばブランド品を衝動買いした場合、
自分を納得させるために
いい買い物をしたという理由が
何かしら必要になってきます。

 

・これだけの値段なんだからいいに決まってる
・口コミもいいんだからいいに決まってる

 

こういった理由に当たる部分が
機能的価値ってことですね。

 

だから機能的価値も意味があるってことです。

 

ブログに機能的価値と感情的価値を使うなら?

 

せっかくなのでブログで情報発信する場合に
機能的価値と感情的価値をどう使うかについて
話そうと思います。

 

ブログで機能的価値を使うなら?

 

僕は実績ページを用意してますが、
このページは機能的価値として
証明の役割をはたしています。

 

やっぱり読者さんは疑うものです。

 

「こいつの言ってることは本当なんだろうか?」

 

そんな時に何かしら証明が必要になるので、
実績ページを用意しています。

 

 

あとは集客と割り切って
機能的価値の記事を書くとかですね。

 

・アフィリエイトとは?
・SEO対策とは?
・おすすめの副業

 

こういったのって機能的価値なので
情報量勝負になってしまいますが、
集客用と割り切って書くならありかもしれません。

 

 

ただ、やはりファンはつかないので、
こういった記事は僕も最近は書いていません。

(ちなみにこの記事は機能的価値です)

 

その代わり感情的価値の記事を多めにしています。

 

ブログで感情的価値を使うなら?

 

感情的価値を提供するのに便利な方法は
ストーリーを使うことです。

 

ストーリーを使えば自分の体験なり感情がリアルに伝わり、
それによって読者の感情を動かすことができます。

 

しかもストーリーっていいことだらけで

 

・読みやすい
・説得力がある
・オリジナルコンテンツになる

 

こういったメリットもあるんですね。

 

 

ライバルは機能的価値ばかりで
差別化に苦戦しています。

 

でもストーリーを使うだけで、
簡単に差別化ができてしまうんですね。

 

だってストーリーはその人にしか書けない
オリジナルのコンテンツなので。

 

 

だから僕はプロフィールページ
ストーリーを使っています。

 

ストーリーに共感していただいて
コメントをいただくこともあります。

 

 

あとプロフィールページでは
理念も話してますね。

 

理念があると共感してもらえるので、
もしいまビジネスをされてるなら、
理念も話すといいと思います。

 

まとめ

 

・機能的価値と感情的価値はどちらも必要

・ただ、特に大事なのは感情的価値

 

とにかく感情的価値が大事なんですが、
日本の家電メーカー含め、
機能的価値に寄っている人が多いです。

 

なので、感情的価値は特に意識してみてください。

 

それだけで差別化になるので。

 

 

ブログを書いている人なら
ストーリーなどを織り交ぜて
感情的価値を提供してみましょう。

 

 

ただ、最初ってかなり抵抗あると思います。

 

「感情的価値の文章書いてGoogleに評価されるの?」

 

僕もこうやって心配してたことあがります。

 

 

でもそれって不要な心配だったんですね。

 

だって感情的価値の文章のほうが読まれるし、
読まれるからこそGoogleにも評価されるからです。

 

それに集客はGoogle以外でもできますからね。

 

ツイッターとかからも集客はできます。

 

そうすればリスク分散にもなりますしね。

 

 

ここら辺の裏側の戦略はメルマガでも話していますので、
気になる方は読んでみてください。

 

では今回は以上です!

 

P.S. 電子書籍がいまだけ無料で読めます

僕はパソコン一台で副業をスタートし、
いまでは独立して時間に縛られない自由な生活を送っています。

 

ただ、僕には特別な才能があったわけではなく、
むしろマイナスからのスタートでした。

 

周りの目が怖いくらい自分に自信はなかったですし、
副業の選択をミスって100万円の借金を抱えたこともあります。

 

ただ、そんな僕を変えてくれたのが
低資金で始められるネットビジネスとの出会いでした。

 

正しいやり方を学んで実践したことで
いまでは時間やお金、人間関係の悩みから解放され、
自分らしく人生をデザインできるようになりました。

 

その経験から、どんな過去であったとしても
未来の自分は変えることができると確信しています。

 

だから一人でも多くの人が自分らしい生き方を見つけ、
世の中がもっと明るくなってほしい。

そんな想いを持ちながら情報を発信しています。

 

なので自分らしい生き方が見つかるように
僕が自分らしい生き方を見つけるまでのストーリーを
一冊の本にまとめてみました。

 

いまだけ無料で読めますので、
良かったら読んでみてください。

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

おすすめの記事
コメントを残す