一発屋芸人から学ぶブルーオーシャン戦略

どうも、ぶっちーです。

ビジネスをやっているとレッドオーシャンとかブルーオーシャンって言葉を耳にします。

レッドオーシャンはライバルがひしめく激戦区で勝負をすることで、逆にブルーオーシャンはライバル不在のところで勝負することです。

渋谷の激戦区にラーメン屋を開くのか?田舎にラーメン屋を開くのか?そんな違いですね。

で、お笑いの世界も一つのビジネスなので、レッドオーシャンとかブルーオーシャンってあります。

一発屋芸人なんかはテレビ業界というレッドオーシャンで成功して、すぐに消えていくパターンですね。

ただ、その後もテレビ以外のブルーオーシャン市場で生き残っている芸人さんもいます。

ビジネスに共通する内容だと思ったので、今回記事にしてみました。

ブルーオーシャン市場で生き残っている一発屋芸人

例えばですが

  • 小島よしお
  • テツ&トモ

なんかは一時期はテレビに出ずっぱりで、月収で1,000万円以上稼いでたと言われています。

当時の僕は歌物の芸がそこまで好きではなかったので、「あ~、なんかやってるな~」くらいで観ていました(笑)

で、そういった芸はやはりすぐにブームは去り、テレビでの露出も激減します。

ただ、たしかに小島よしおやテツ&トモはテレビではほとんど見なくなりましたが、その分地方営業などで今も稼いでるそうです。

テツ&トモについては1回あたり50~100万円ほどの営業を数こなし、年収で1億を超えているなんて噂もあります。

小島よしおも年収1億なんて噂もあります。

やったことは市場をずらしただけです。テレビというレッドオーシャンから地方営業というブルーオーシャンに市場をずらしたということですね。

う~む、お笑いでもブルーオーシャンで十分戦えるものですね~。

小島よしおの市場は一生安泰?

あと個人的に思ったのが、小島よしおが選んだ市場ってめちゃくちゃいい市場だなということです。

小島よしおは地方営業で子供たちを相手にしています。これ、めちゃくちゃ賢い選択だと思うんですよね。

子供たちって漫才とかの言葉の笑いってわからないから、小島よしおの身体を使った芸ってピッタリだと思います。

しかも、いつの時代になっても子供は生まれてくるものなので、それってつまり新規のお客さんが無限に開拓できるってことですよね。

だから、小島よしおの芸っていつの時代も需要があるから廃れないと思うんです。

逆にテレビで生き残ろうとすると、既存のお客さんを奪い合うようなものなので、やはり激戦区なのがわかると思います。

やっぱり小島よしおの選択は賢いなと思いました。

地方営業での成功は本当の成功じゃない?

「テレビで活躍してこそお笑い芸人だろ!」

こう思う人もいるかもしれませんが、僕は地方営業で成功しても立派な成功だと思っています。

もちろん芸人さんは葛藤はあるかもしれません。

たぶん小島よしおもテレビで売れた過去があったから、最初は葛藤があったんじゃないですかね?

でも地方営業で活躍しているのってめちゃくちゃ成功だと思いますし、それに社会に価値を与えてると僕は思います。

子供たちが笑顔になる。そんな子供たちの姿を見た親も「連れて来て良かった」と満足してくれる。

これ、めちゃくちゃ社会貢献ですよね。だから地方営業の成功も立派な成功だと僕は思います。

ビジネスにおけるブルーオーシャン戦略

今回の話と同じようにビジネスでもわざわざレッドオーシャンで戦う必要なんてないよねってことです。

もちろんレッドオーシャンで勝てればめちゃくちゃ稼げます。ただ、正直疲れます…

僕はアフィリエイトで稼いだりもしてますが、人気ジャンルだとライバルが強くてすぐに抜かれたりするんですよね。

せっかく売り上げが上がってたのに、気付いたらライバルに抜かれて売り上げが落ちたり…

そういうのが疲れるので最近はブルーオーシャン戦略に切り替えてやっています。

この情報発信ブログもそうです。最初の頃はビジネスを実践している人に向けて情報を発信してました。

でもそこってレッドオーシャンなんですよね。めちゃくちゃ強いライバルに勝たないといけません。

だから今はブルーオーシャン戦略に切り替えました。ビジネスは始めていないけど、漠然と収入を増やしたいと考えている人をメインに情報を発信しています。

そっちの方がライバルも減るし、将来の見込み客もたくさんいるんですよね。

だから今回の話のまとめとしては、わざわざレッドオーシャンで戦わなくてもいいよねってことです。

ライバルのいないブルーオーシャンもあるので、そういった市場を狙うのもありですよってことです。

ということで参考にしてみてくださいね。

それでは!

個人で稼ぐための全体像が学べる電子書籍を無料で読めます

僕は農家を辞めてネット起業し、
3ヶ月後に20万円稼げるようになって独立しました。

 

今は自分の好きなペース、好きな場所で
ストレスフリーで仕事をしています。

 

ただ、僕には特別な才能なんてありませんでした。

 

・いじめを受け自信が持てなくなる
・会社員のころは毎日深夜0時までサービス残業
・詐欺投資ソフトを買い100万円の借金を抱える

 

ですが年収1億円の起業家と出会い、
マーケティングや人の心の動かし方、
ブログの自動収益化の方法などを学び、
自分で稼ぐ力をつけることができました。

 

そんな経験から、たとえ過去の僕みたいに
自信もなく知識やスキルがなかったとしても、
正しいやり方を学んで実践すれば、
稼ぐ力は誰でも身につけられると確信しています。

 

僕は自分に自信がなかったからこそ、
同じような人の気持ちが痛いほどわかります。

 

だから個人で稼ぐ力が身につけば、
自分に自信も持てると思いますし、
自分の好きなことができるようになることで、
自分をもっと好きになれるんじゃないかと思います。

 

そして、自分のことが好きな大人が
もっとたくさん増えてほしい。

 

そんな想いで僕は情報を発信しています。

 

なので、僕がいかに稼ぐ力を
身につけられるようになったのかを
電子書籍の中であなたにお話しします。

 

これからの人生、
あなたらしく生きるための小さな一歩として
よかったら読んでみてください。

 

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

ビジネス全般の関連記事