1つの洋服ブランドを好む友人から学んだリピート戦略の重要性!

どうも、ぶっちーです。

僕の友達に一つのブランドの服にめちゃくちゃお金をかけている友達がいます。

その友達を見ていて思うのが、ビジネスってやっぱりリピーターが大事なんだなということ。

そして、それと同時にリピート戦略のすごさをあらためて実感しています。

今回は僕の友達のエピソードを紹介しながら、リピート戦略の重要性について話していきますね。

信頼関係はリピート戦略の重要な要素

僕の友達が好きな洋服のブランドはMICHEL KLEIN(ミッシェルクラン)というブランドです。以下MKと呼びます。

物凄い高級な服ってわけではないですが、程よい値段の洋服です。こんな感じの服ですね。

画像引用元:ZOZOTOWN

以前、友達の家に遊びに行った時にクローゼットの中を見せてもらったんですが、MKの服しかありませんでした(笑)

「どんだけMK好きなんだよ!」

と思ったんですが、話を聞いてみるとリピーターになるのも何となく納得できました。

なぜこんなにMKの服ばかり買うようになったのかと言うと、服が気に入っているのももちろんあるんですが、それ以上に店員さんとの信頼関係が大きかったからなんですね。

よくアパレルショップに行ったりすると、何でもかんでも勧めてくる店員さんっていないですか?

  • 今日は何をお探しですか?
  • こちらの服は最近入荷したばかりなんですよ!
  • 試着もできますので~

「ゆっくり買い物させてくれよ…」

そう思ってしまうことってあると思います。

でも僕の友達が足を運んでいるMKの店員さんは、まったく違ったみたいなんですね。

まず押し売りはしません。そして、その友達を思って服を選んで勧めてきてくれます。

例えば、その友達が「この服どうですかね?」と店員さんに聞けば、店員さんは普通にこう言ってきたりもするそうです。

「いや、その服は○○さん(友達の名前)には似合わないですよ。それならこっちの服の方が○○さんには似合うと思います。」

普通の店員さんなら何でもかんでも「いや~、似合ってるじゃないですか!」と適当なことを言って、買わせようとするとこだと思います。

でもこの店員さんは常にその友達のことを思って洋服を選んでくれてたそうです。

これ、ビジネスをやっている僕としてもめちゃくちゃ参考になりましたね。

「ああ、やっぱり信頼関係ってめちゃくちゃ重要なんだな」

そう思いました。

で、結果的にその友達はMKのヘビーユーザーになりました。年間で30万円くらいはMKに使っているんじゃないでしょうか?

普通なら単発のお客さんで終わってしまうところが、信頼関係のおかげでリピーターになり、結果大きなお金を落としていってくれる。

ビジネスはいかに信頼関係を築いてリピーターになってもらうかが重要なのかを実感したエピソードでした。

友達に訪れた突然の悲劇…

MKのヘビーユーザーだった友達ですが、ある日突然、悲劇が襲います。何が起きたのかと言うと、MKの店員さんが全員異動になってしまったんです。

それまで僕の友達は3人の店員さんと親しくしていて、洋服選びも3人の店員さんに手伝ってもらっていました。

そんな時にやってきた突然の異動。友達は

「これからどうしよう?あの店行きづらいな…」

と言っていました。

実は僕の友達は極度の人見知り。MKの店員さんと打ち解けてきたのに、その店員さんが全員異動になってしまって、お店に行きづらくなってしまったそうです。

これ、お店にとってはかなりの損失ですよね。

それまで年間30万円は使ってくれていたお客さんが、店員さんの異動によって足を運ばなくなってしまった。

せめて一人でも仲のいい店員さんが残っていたら、友達もお店に足を運んでいたのかもしれません。それが3人とも異動ですからね。

誰から商品を買うかの重要性というのも実感するエピソードでした。

ちなみに笑点の山田君はポールスミスのリピーター

ちなみに話が変わりますが、笑点の山田君って知ってますか?座布団運んでいる赤い着物の人です。

画像引用元:日本テレビ

実は山田君はポールスミスというアパレルブランドのリピーターなんだそうです。

たしかダウンタウンDXの芸能人の私服コーナーだったと思うんですが、全身ポールスミスを着た山田君を見たことがあります。

で、ポールスミスの服ってけっこう高いんですよね…

画像引用元:ポールスミス

10万円するジャケットもあります(*_*)

山田君は全身ポールスミスなので、総額で何十万円と使っていることになります。

しかも山田君はポールスミスのリピーターです。なので今までに何百万円とポールスミスに使っていることでしょう。

ビジネスで大きな収益を上げるなら高単価リピート戦略が重要なので、ポールスミスにとって山田君はまさに高単価リピート戦略がうまくいっている事例と言えますね。

ちなみに僕もポールスミスは買ったことがあります。

ただ、10万円とかの服は買っていません。数万円の靴とか小物くらいですね。

僕の場合、値段が高いから買わないんじゃなくて、デザインが奇抜すぎる理由でポールスミスは買うことが少ないです(笑)

小物くらいならワンポイントアイテムとしていいんですが、山田君みたいに全身ポールスミスにするとかなり浮いてしまいます。

そういった理由でポールスミスは本当にたまにしか買いませんし、買うとしても小物くらいですね。

今回のまとめ

今回の話で伝えたかったことは

  • ビジネスはリピート戦略が大事
  • リピート戦略は信頼関係と価値提供が大事

こういったところですね。ビジネスで重要なことを友達のエピソードから学びました。

ちなみに僕も今年に入ってから、とある情報起業家さんのリピーターになっています。

今年だけで5個以上はその人から商品を購入したり、サービスを契約したりしました。総額で60万円は使いましたね。

これもやっぱりその情報起業家さんの商品に満足して、全面的にその人のことを信頼しているからだと思います。

その人のことを信頼していることで60万円も払っているんですからね。リピート戦略のすごさを実感しているところです。

僕も情報を発信する側の人間として、しっかりと価値提供と信頼関係を意識してやっていこうと思います。

ということで今回は以上です!

個人で稼ぐための全体像が学べる電子書籍を無料で読めます

僕は農家を辞めてネット起業し、
3ヶ月後に20万円稼げるようになって独立しました。

 

今は自分の好きなペース、好きな場所で
ストレスフリーで仕事をしています。

 

ただ、僕には特別な才能なんてありませんでした。

 

・いじめを受け自信が持てなくなる
・会社員のころは毎日深夜0時までサービス残業
・詐欺投資ソフトを買い100万円の借金を抱える

 

ですが年収1億円の起業家と出会い、
マーケティングや人の心の動かし方、
ブログの自動収益化の方法などを学び、
自分で稼ぐ力をつけることができました。

 

そんな経験から、たとえ過去の僕みたいに
自信もなく知識やスキルがなかったとしても、
正しいやり方を学んで実践すれば、
稼ぐ力は誰でも身につけられると確信しています。

 

僕は自分に自信がなかったからこそ、
同じような人の気持ちが痛いほどわかります。

 

だから個人で稼ぐ力が身につけば、
自分に自信も持てると思いますし、
自分の好きなことができるようになることで、
自分をもっと好きになれるんじゃないかと思います。

 

そして、自分のことが好きな大人が
もっとたくさん増えてほしい。

 

そんな想いで僕は情報を発信しています。

 

なので、僕がいかに稼ぐ力を
身につけられるようになったのかを
電子書籍の中であなたにお話しします。

 

これからの人生、
あなたらしく生きるための小さな一歩として
よかったら読んでみてください。

 

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

ビジネス全般の関連記事