どうも、ぶっちーです。

 

僕はもともとブログアフィリエイトから
ビジネスをスタートさせました。

 

その時はバリバリのSEO記事を書いてたわけですが、
いまになって思うことがあります。

 

それは「SEO記事はつまらない」ということ。

 

「おすすめクレジットカード5選」
「人気のWiMAXプロバイダー10社を徹底比較」

 

よく見かけますよね。

「あー、これアフィリエイト記事だな」

ってやつ。

 

僕も昔はこういった記事を書いてたんですが、
正直、こういった記事って僕が書く必要ないよなって
思うようになりました。

 

というのも、こういったSEO記事って
ぶっちゃけ誰でも書けるからです。

 

僕が書かなくても、この手の記事は
他の人がいくらでも書いています。

 

だから僕が書く必要なんてありません。

 

 

しかも、SEO記事ってどこか無機質で、
読んでて感情も動かされません。

 

例えるなら感情のないターミネーターのような。

 

ターミネーターならまだいいかもしれません。
いちおう人の形はしてますからね。

 

でも、SEO記事は書き手の存在が
無に等しい気がするんです。

 

それこそWikipediaを読んでるのと
変わりないかもしれません。

 

 

だから僕もこのジレンマには
けっこう悩みましたよね。

 

たしかにSEO記事を書けば収益は上がります。

 

僕もアフィリエイトで稼げるようになって
独立もできました。

 

ただ、記事を書けば書くほど
自分の存在がなくなる気がして、
それが辛かったんです。

 

 

僕は以前、年間10億円規模のオウンドメディア事業
手伝いをしていたことがあります。

 

そこで記事を書く手伝いをしてたんですが、
そこで書く記事はバリバリのSEO記事。

 

そのメディア事業ではビジネスの師匠から
記事の書き方を教わったりしたんですが、
教われば教わるほどガチガチのSEO記事が
身についてしまいます。

 

「これが本当に自分の書きたい記事なのか?」
「自分を出せない記事って書く意味あるのだろうか?」

 

そう悩んだこともあります。

 

だから、最終的に僕は
そのメディア事業を抜けましたし、
あとはSEO記事を書くのも辞めました。

 

代わりにいまは情報発信ビジネスで
自分をオープンにしてブログを書いています。

 

 

そもそもですが、
この情報発信ビジネスに出会ったのは
個人的には衝撃的な出来事でした。

 

というのも情報発信ビジネスで稼いでる人は
SEO記事を書くことなく、
自分の感情のままに楽しそうに
ブログを書いていたからです。

 

・過去の辛かった経験
・旅行などのプライベートな話題
・普段思っている価値観

 

これらを思うがままに発信してたんです。

 

感情のままに書いた文章は読んでて楽しいので、
僕はその人のブログを食い入るように読んでました。

 

 

で、その時思ったんですね。

 

「僕もこうやって自由に発信したいな」

 

と。

 

 

だからいまはこうして自由に発信してますし、
それが自分のためにもなって、
さらには読者さんのためになると思うんです。

 

やっぱり自分の心をオープンにしたほうが
ブログは書いてて楽しいです。

 

自分の経験したこと、普段考えてること、
すべてオープンにして発信してもいいので、
心が本当に楽になりました。

 

 

しかもそういった記事のほうが
読者さんからも共感してもらえたりします。

 

例えば僕のプロフィール記事

 

この記事なんかSEOは意識してませんし、
完全にプライベートな内容です。

 

 

にもかかわらず、
読んでくれた読者さんからは

 

「勇気をもらいました」
「私も頑張ろうと思います」

 

といった返信をいただいたりします。

 

自分の過去の失敗や挫折が
誰かの希望になる。

 

こんなありがたいことはないなと思いました。

 

これはSEO記事を書いてたら
味わえなかった感覚だと思います。

 

 

で、僕がブログを書くのは
読者さんのためでもあります。

 

過去の僕の失敗や挫折を伝えることで、
なかなか勇気が出ない人に
一歩踏み出す勇気を持ってほしい。

 

そんな気持ちがあります。

 

僕のプロフィールを読めばわかると思いますが、
僕って本当に失敗ばかりで自信なんてなかったんですよ。

 

それに仕事の効率も本当に悪くて、

「こんな自分がビジネスなんて出来るのかな?」

と不安に思ったこともあります。

 

 

でも、ビジネスで成功してる先人たちも
やっぱり僕と同じように
過去に挫折や失敗を経験していたんです。

 

そういった過去から這い上がった姿には
僕も勇気をもらいましたし、
今度は僕が読者さんに勇気を与えたいと思っています。

 

 

せっかくビジネスっていう
魅力的な世界が広がってるのに、
諦めてしまうのって悲しいじゃないですか。

 

僕は諦めの悪さだけは持っていたので、
結果が出るまで続けました。

 

でも、中には途中で諦めてしまう人も
いると思うんです。

 

僕はそれが悲しいんです。

 

だからこそ、僕の発信する情報で
一人でも多くの人が

 

「ぶっちーができたんだから自分だって」

 

こう思ってくれたら僕は嬉しいですし、
そんな風に勇気を与えられるように
情報を発信しています。

 

 

ビジネスに特別な才能は必要ありません。

 

極端な話、日本語がちゃんと話せれば
ビジネスは誰だってできます。

 

ビジネスの先にある楽しい世界を
ぜひ読者さんには知ってほしいです。

 

 

そして、読者さんと一緒に
成長していければ最高だなと思っています。

 

僕も読者さんも成長して
強い個人がたくさん増えれば、
いろんなことができて楽しそうじゃないですか。

 

商品開発をしたり、あるいは
何か新しいプロジェクトを
立ち上げてもいいかもしれません。

 

僕もいろいろやってみたくて、
普段お世話になっている美容師さんと
シャンプーの開発をしたり、

 

知り合いで物販をやってる人の
手伝いとかもやってみたいなって
考えてるんですね。

 

 

読者さんにもそういった
ビジネスの世界を体験してほしいですし、
何なら一緒に何かやっても楽しそうです。

 

ビジネスの世界の可能性を知ってほしくて
情報発信してる部分もあります。

 

僕の発信する情報によって
一人でも多くの人がビジネスの世界で活躍してくれたら、
僕が発信してる意味があるのかなと思います。

 

 

で、最後にですが、
読者さんには自分にしか書けない文章を
ぜひ書いてほしいですね。

 

別に奇抜な文章とかじゃなくて、
自分の経験とか価値観を
発信していくだけでいいんです。

 

 

奇抜なことはYouTuberとかにでも
任せておきましょう(笑)

 

僕たちが書くべき文章は
その人にしか書けない経験や価値観です。

 

 

誰一人として同じ人間などいません。

 

生き方、経験、価値観は人それぞれです。

 

ほんと皆さん素晴らしいものを
持っているんですよ。

 

 

でも、それを活かしきれてない人って
多いのかなと思います。

 

それもやっぱりSEO記事に
原因があると思いますし、
あとは巷の影響力のある人にも
問題があると思うんです。

 

「SEO記事がすべて」
「ブログは毎日更新しましょう」

 

影響力のある人の言葉だとつい

「やっぱりそうなのかな」

と思ってしまいます。

 

 

でもSEO記事とか毎日更新とか、
そういったものばかりにとらわれると、
せっかくその人にしか書けない経験や価値観が
台無しになってしまうと思うんです。

 

 

だから、ぜひ思い切って自分をオープンにして
文章を書いてみてください。

 

そうすれば共感してくれる人も
たくさん出てきますし、
実はそっちのほうがビジネスも上手くいきます。

 

それにコンプレックスすらも武器になるから
最高だと思うんですよね。

 

 

てことで、ぜひ自分をオープンにして
楽しく文章を書いてみてください。

 

それでは!

 

P.S. 電子書籍がいまだけ無料で読めます

僕はパソコン一台で副業をスタートし、
いまでは独立して時間に縛られない自由な生活を送っています。

 

ただ、僕には特別な才能があったわけではなく、
むしろマイナスからのスタートでした。

 

周りの目が怖いくらい自分に自信はなかったですし、
副業の選択をミスって100万円の借金を抱えたこともあります。

 

ただ、そんな僕を変えてくれたのが
低資金で始められるネットビジネスとの出会いでした。

 

正しいやり方を学んで実践したことで
いまでは時間やお金、人間関係の悩みから解放され、
自分らしく人生をデザインできるようになりました。

 

その経験から、どんな過去であったとしても
未来の自分は変えることができると確信しています。

 

だから一人でも多くの人が自分らしい生き方を見つけ、
世の中がもっと明るくなってほしい。

そんな想いを持ちながら情報を発信しています。

 

なので自分らしい生き方が見つかるように
僕が自分らしい生き方を見つけるまでのストーリーを
一冊の本にまとめてみました。

 

いまだけ無料で読めますので、
良かったら読んでみてください。

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

おすすめの記事
コメントを残す