• strongタグって何?
  • SEO効果はあるの?
  • 使いすぎはペナルティになるの?

こういった疑問ってありますよね。僕も最初はstrongタグがさっぱりわからなかったので、全く同じことを思っていました。

ただ、strongタグについては特別難しいものでもありません。一度内容を理解してしまえば、あとは簡単に使いこなせるようになるでしょう!

今回の記事ではstrongタグについて詳しく解説していきますので、ぜひstrongタグをマスターしてくださいね!

そもそもstrongタグとは?

まず、そもそもstrongタグとは何なのか?これについては簡単に表すと次のようになります。

 strongタグとは?

太字にしつつ強調部分であることを検索エンジンに伝えるためのHTMLタグ

strongタグはただ単に太字にするだけでなく、重要な部分であることを検索エンジンに伝える役目があるということです。

例えばこの記事では「strongタグ」「使い方」「ペナルティ」をstrongタグで強調しています。

  • <strong>strongタグ</strong>
  • <strong>使い方</strong>
  • <strong>ペナルティ</strong>

※パソコンでご覧の方は右クリックの「ページのソースを表示」でstrongタグで囲った部分が見つけられます。

記事タイトルにも含まれている「strongタグ」「使い方」「ペナルティ」というキーワードを強調したかったので、これらのキーワードをstrongタグで強調しました。

全くの別物!strongタグとbタグの違いとは?

ちなみにstrongタグと同じ太字にするタグとしてbタグがあります。

「何が違うの?」と思うかもしれませんが、 strongタグとbタグは全くの別物です。

  • strongタグ … 太字にしつつ強調部分であることを伝える
  • bタグ … 太字にするのみ

bタグは見た目だけを変えるだけのタグです。強調部分であることを伝える働きはありません。

補足 … emタグとiタグの関係性

strongタグやbタグと同じように、見た目は同じだけど役割が異なるタグとして、emタグとiタグがあります。

emタグもiタグも文字を斜体にするタグですが、以下のように役割が異なります。

  • emタグ … 文字を斜体につつ強調部分であることを伝える
  • iタグ … 文字を斜体にするのみ

strongタグって何かしらのSEO効果はあるの?

strongタグのSEO効果はやはり気になると思います。

ただ、結論を言いますと、strongタグでもbタグでもSEO効果は同じようです。これはGoogleのマット・カッツ氏が実際に公言しています。

(この人が僕たちアフィリエイターの生活に影響を与えていると考えると、何だか複雑な気分になります…。悪魔にしか見えません…。)

動画の中では「strongタグもbタグもSEO効果は同じ」と言っています。なので、「じゃあ何のためのstrongタグなの?」と思うかもしれません。

これについてはネットでも意見が分かれています。「strongタグは意味がない」「いや、SEO効果はある!」といった感じで、意見が両極端です。

そして、僕の意見としては…

正直よく分かりません(笑)

ただ、「strongタグを使うことで検索エンジンに重要な部分を伝えられるから、使っておいて損はないはず!」というのが僕の考えです。

strongタグで囲むのは大して時間がかかるわけでもありませんから、せっかくなら使っておいた方がいいでしょう!

ペナルティに注意!strongタグの正しい使い方

「strongタグの間違った使い方はペナルティの原因になる」というのは聞いたことがあるかもしれません。

本当にペナルティになるかどうかは信憑性に欠ける部分がありますが、それでも間違ったstrongタグの使い方はSEO的に良くないでしょう!

ということで、ここではstrongタグの正しい使い方について解説していきます。

正しい使い方①:strongタグの数は1〜3個を目安に使う

strongタグは1記事中1〜3個を目安に使うようにします。

これはstrongタグの使い過ぎはペナルティの原因になりかねないというのももちろんあります。

ですがそれよりも、個人的にはstrongタグの使い過ぎでどこが重要な箇所なのかが分からなくなるというのが大きいで。

例えば今回の記事では「strongタグ」「使い方」「ペナルティ」をstrongタグで強調していますが、仮に他の太字(bタグ)までstrongタグで強調してしまったらどうでしょうか?

これまでの文章の中で太字にした部分をピックアップしますね。

  • 一度内容を理解してしまえば、あとは簡単に使いこなせるでしょう!
  • strongタグはただ単に太字にするだけでなく、重要な部分であることを検索エンジンに伝える
  • bタグは見た目だけを変えるだけのタグ
  • strongタグでもbタグでもSEO効果は同じ
  • 検索エンジンに重要な部分を伝えられるから、使っておいて損はない
  • 個人的にはstrongタグの使い過ぎでどこが重要な箇所なのかが分からなくなる

これらの文章を全てstrongタグで囲ったら、検索エンジンがどう思うかということです。

おそらく「結局この記事で重要な部分ってどこ?」と思うことでしょう。これではせっかくstrongタグを使ったのにもったいないですよね…

こういったことからstrongタグは1〜3個までに留めておいた方がいいということです。

正しい使い方②:strongタグは1つの言葉につき1回まで

1つの言葉に対してstrongタグを何度も使ってはいけません。strongタグは1つの言葉につき1回までにした方がいいでしょう!

 間違ったstrongタグの使い方の例

  • <strong>strongタグ</strong>
  • <strong>strongタグ</strong>
  • <strong>strongタグ</strong>

今回の記事の重要キーワードは「strongタグ」です。でもだからと言って、このように同じ言葉に何度もstrongタグを使ってはいけないということですね。

正しい使い方③:見出しにはstrongタグを使わない

見出しにstrongタグを使うと過度なSEO対策と評価されて、ペナルティの原因になりかねません。見出しにはstrongタグを使わないしてください!

なぜ過度なSEO対策になるのかと言いますと、見出しタグ(hタグ)にも十分なSEO効果があるからです。

「記事タイトルにキーワードを入れましょう」というのはよく聞きますよね。これは記事タイトルがh1タグに当たり、SEOでは重要視されているから。

そして見出しタグ(h2〜h6)も記事タイトル(h1タグ)の次に重要視され、SEO対策では重要になってきます。

見出しタグだけでも十分なSEO対策になっているのに、さらにstrongタグを使ったら過度なSEO対策になるのは理解できますよね。

だから見出しにstrongタグを使ってはいけないということなんです。

strongタグの使い過ぎは本当にペナルティになるの?

正直なところ、strongタグを使い過ぎたところで、ペナルティになる可能性は低いと思います。理由は2つあります。

  • そもそもペナルティを受けたという情報を聞いたことがない
  • 僕自身ペナルティを受けたことがない

まず、「strongタグの使い過ぎはダメ」とはよく言われていても、実際にペナルティを受けたという情報は耳にしません。

それに僕自身、間違ったstrongタグの使い方をしていたのにペナルティを受けたことがないんですよね。

たぶん僕以外にも間違ったstrongタグの使い方をしている人は多いと思います。

僕と同じようにアフィリエイトをやっている人なら、シリウスやワードプレスで太字にするために「B」ボタンを多用している人も多いはずです。

こちらはシリウス。

そしてこちらがワードプレスです。

シリウス、ワードプレスともに「B」ボタンが用意されていますが、この「B」ボタンを使うとstrongタグになってしまいます。

 管理人のボヤキ

「B」ボタンなのにstrongタグになる仕様って不親切ですよね。何とかならないものでしょうか?

僕自身、昔はstrongタグの意味を理解していなかったので、記事中は当然strongタグで溢れ返っていました。

でもペナルティが来たことなんか一度もありません。

たぶん僕と同じように間違ったstrongタグの使い方をしている人でも、ペナルティは来ていないと思います。

もしstrongタグの多用でペナルティが来るなら、今ごろペナルティ祭りになっていて大騒ぎになってますよね!

なのでstrongタグを使い過ぎたところで、ペナルティの可能性は低いというのが、僕なりの結論です。

strongタグよりもまずはコンテンツの充実を!

重要な部分を検索エンジンに伝えるために、strongタグを正しく使うのはとても重要です。

ただ、それ以前にきちんとしたコンテンツが作れているか?というのが、まずはチェックするべき部分と言えるでしょう!

だってそうですよね?いくら正しくstrongタグを使ったところで、そもそも読まれないコンテンツだったら意味がないですよね。

  • キーワードに対する答えがきちんと書かれているか?
  • 論理が通った文章の流れになっているか?
  • 適度な文字装飾や画像などで読みやすい工夫がされているか?
  • 専門用語ばかりの難しい文章になっていないか?
  • ユーザーの頭に疑問が残ってしまうような文章になっていないか?
  • その疑問をきちんと解消するように補足説明はされているか?
  • ユーザーに与える情報が多すぎないか?あるいは不足していないか?

まずはユーザーの求める情報が書かれているのが大前提で、その上でユーザーがストレスなく読める記事にすることが、結果的に最強のSEO対策になります。

strongタグももちろん正しく使うべきですが、それよりもまずはコンテンツの充実を重視してみてください。

最後に記事作成のうえで重要なことを解説した記事のリンクを貼っておきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

P.S.「ネットビジネスのワールドマップ」を無料公開

僕は現在はネットビジネス一本で生計を立てています。

ただ、僕に才能やセンスがあったわけではありません。

高校・大学と立て続けに受験は失敗。人見知りで口下手。自信もなく人脈もありませんでした。

そんな僕がネットビジネスで結果を出せたのは、正しいやり方を学ぶことができたから。

そして、正しいやり方を学べばビジネスは誰だって成功できるものです。

ビジネスに挑戦する人が正しいやり方を学んで成功し、自分のやりたい事や夢を叶えて情熱的な毎日を過ごす。そんな人が少しでも増えれば世の中ももっと良くなる。

そんな理念から、ネットビジネスの全体像や基礎が学べるレポート「ネットビジネスのワールドマップ」を作りました。20分ほどで読めるレポートです。

期間限定でプレゼント中なので、良かったら読んでみてください。

「ネットビジネスのワールドマップ」を読んでみる

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

この記事が役に立った方は、下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

おすすめの記事
コメントを残す