「自信がない人は一流になれる」の感想、要約。自信がない人は希望が持てます。

どうも、ぶっちーです。

 

自信がない人は一流になれる

 

という本を先日読みました。

 

 

まず率直な感想としては

 

「自信がなかった頃の自分に
 読ませてあげたかった・・・」

 

と思いました。

 

自信がない人にとって
希望が持てる内容が書かれています。

 

 

まず要点としてはこんな感じです。

 

  • 自信と実力には相関関係がない
  • 自信がない人ほど自分を客観的に見られ、適切に努力できて成功する
  • 逆に自信があることは成功の邪魔になることがある

 

自信がないって一見ネガティブに思えますが、
実際はメリットもあって、
しかも成功には必要な要素だったりするんですね。

 

つまり自信がないことは強みってことです。

 

 

ということで本の内容や感想を書いていきます。

 

自信がない人は希望が持てる内容なので、
ぜひ読んでみてください。

 

 

自信と実力は相関関係がない

 

「自信があるから実力もある」

 

こう思う人も多いと思いますが、
この本によると自信と実力は相関関係がないそうです。

 

自信と実力の相関関係は0.3。

 

1に近づくほど相関関係が高くなり、
一般的には0.7以上の数値だと
相関関係があると言われています。

 

つまり、自信と実力には相関関係がなく、
仮に自信があっても実力があるとは限らないんです。

 

 

でも

 

「成功者ってみんな自信あるじゃん」

 

って思いますよね。

 

たしかにその通りです。

 

ただ、成功者は自信があるから
成功したわけではないんですね。

 

つまり順序が逆なんです。

 

○実力をつけるから自信がつく
×自信があるから実力がつく

 

 

例えばイチロー選手って
野球に関しては自信もあって、
実力もすごいわけじゃないですか。

 

ただ、それって実力をつけてきたから、
自信も深まったんだと思うんですよ。

 

イチロー選手って小さい頃は

 

「プロ野球選手になる」

 

と周りに宣言したことで、
冷ややかな目で見られてたみたいですし、

 

ドラフトも1位ではない(4位でした)ですし、
大リーグに挑戦する時も

 

「あんな華奢な身体で大丈夫なのか?」

 

と冷ややかな目で見られてました。

 

 

逆境だらけの野球人生なので、
自信をなくす可能性だってあったと思います。

 

ただ、それでも実力をつけたからこそ、
本物の自信がついたんだと思うんです。

 

 

で、本書で言ってることも同じです。

 

「実力をつけて本物の自信をつけましょう」

 

だから大事なのは実力をつけることなんです。

 

自信がない人ほど自分を客観視できる

 

そして、実力をつけるには
実は自信がない人のほうが有利だったりします。

 

それは自信がない人は
自分のことを客観視できるから。

 

 

自信がないってことは自分の欠点も
素直に認められてるということです。

 

つまり、自分を客観視できてるので、
目標に対しても適切な努力ができ、
成功に向かうことができる
ってことです。

 

しかも、真面目にコツコツできるし、謙虚な姿勢なので、
周りも高く評価してくれます。

 

 

これは本の中でも実験データが紹介されていて、
自信がない人ほど努力できてテストの点数も高く、
第三者からの評価も高いみたいです。

 

 

で、面白いのが自信のある人。
いわゆる実力の伴わない自信家。

 

彼らは自信があるがゆえに、
こういった欠点があるんです。

 

  • 自分を客観視できないから、自分を高く見積もる
  • そのため準備や努力を怠る
  • 指摘を無視し、都合のいいことしか聞かない
  • 第三者からの評価も低い

 

本の中で実験データとともに
このように紹介されてました。

 

なかなかイタい人ですね(笑)

 

 

これ、トランプ元大統領が近いのかなと。
(トランプさんは実力がありますが)

 

肯定的なインタビュアーの質問だけ聞き、
逆に指摘してくるインタビュアーの質問は
ことごとく無視してましたよね。

 

まさに自信家の象徴のような出来事です。

 

 

そんな感じで、自信家の人は自分を客観視できないし、
他人からのアドバイスも無視するので、
成長の機会を失ってるんですね。

 

僕も自信がなかったからこそ努力ができた

 

ここで僕の話も少し。

 

僕はもともとは自信のない性格でした。

 

それがコンプレックスだったんですが、
だからこそ自分を客観視して努力できたんだなと
今となっては思います。

 

 

高校受験に失敗し、
自分はバカなんだと素直に認めたからこそ、
大学受験は本気で勉強し、
国立大学にも合格できました。

 

ビジネスをやった時も
自分には才能なんてないのはわかってたので、
師匠の言うことを素直に実践し、
その結果稼げるようにもなりました。

 

参考記事:成功するには自分を信じないこと。プライドを捨てたら収益が10倍になった話。

 

 

あと象徴的だったのが
バンドをやってた時のエピソード。

 

僕は20代の頃にバンドを始めたんですが、
その時、僕以外のメンバーはみんな経験者で
僕だけが初心者だったんですね。

 

当然、僕は自信がなかったので、
必死に練習しました。

 

それこそ、仕事から帰ったら
ずっとドラムを叩いているくらい。

 

とにかくメンバーに迷惑をかけないように
必死に練習していました。

 

その甲斐あって、
メンバーも驚くほどのスピードで成長しました。

 

 

ただ、逆にメンバーはと言うと、
自分たちが経験者だからなのか

 

「別に練習しなくても大丈夫っしょ」

 

みたいな自信満々なスタンスで、
練習をサボっていたんですね。

 

で、ライブ直前で合わせる時になっても
全然できてないという…

 

そんなプロ意識が欠けた状態だったので、
メンバーはお客さんからも
あまり評価されてない感じでしたね。

 

 

僕は一生懸命な姿がお客さんに伝わって

 

「ぶっちーの演奏良かったよ」

 

と言ってもらえることもあって嬉しかったんですが、
メンバーは特に何も言われてませんでした。

 

で、めちゃくちゃ僕のことを嫉妬してきました(笑)

 

 

なんかまさに今回の本と同じ内容だなと
あらためて思った出来事でしたね。

 

自信があることに潜む現状維持のリスク

 

ちなみに自信を持つことには
現状維持のリスクも含まれています。

 

どういうことか?

 

そもそも自信というのは
自分が経験してきたこと、
積み上げてきたことに対して
つくものです。

 

僕だったら学生の頃にやってたバドミントンは
当然自信がありますし、ビジネスだったら
身につけた知識やスキルは自信があります。

 

 

ただ、これらの自信はあくまで過去ベースです。

 

だから、自信のあることしかやらないのは
ずっと過去に縛られてるとも言え、
それ以上の成長は見込めないということです。

 

これが現状維持のリスクってことです。

 

 

なので、逆を言えば
自信がないということは
現状の外に向かって挑戦している証拠。

 

それは成長に向かっているので
素晴らしいことと言えます。

 

 

僕もスポーツやビジネスなど、
経験したことはそりゃ自信はありますよ。

 

でもまったく新しいこととなると、
自信なんてありません。

 

そういうものです。

 

でも、それは現状の外に向かって
成長しようとしてる証拠なので、
むしろいいことだと思ってます。

 

 

僕は新しい世界をもっと見たいです。

 

そのためには現状の外に向かって
成長することが必要なので、
今後も不安になることはあるでしょう。

 

でもそうやって成長を実感することが
人生を充実させると思いますし、
成長して新しい世界を見ることも
人生をより充実させると思ってます。

 

なので、自信がなく不安になることは
むしろ歓迎すべきことだと僕は思っています。

 

実力をつけて自信をつける

 

自信がないことによるメリットを
これまで話してきました。

 

自信がない人は希望が持てる内容だったと思います。

 

ただ、最後に大事なことなんですが、
最初は自信なんてなくていいんですが、
やはり行動して実力を高め、
自信を手に入れてく必要があります。

 

やはり自信がないと何かと損するので。

 

 

僕も自信がなかったのでわかるんですが、
自信がないとけっこう舐められます。

(しかも実力がない奴らに)

 

バンド内でも舐められましたし、
会社でも舐められていました。

 

めちゃくちゃ悔しかったです。

でも自信がないから言い返せなくて
余計に悔しいという…

 

たぶん、自信がない人は
同じ経験ってあると思います。

 

 

でも、舐められっぱなしって
やっぱ悔しくないですか?

 

しかも実力がない奴らにですよ。

 

彼らは自分より弱そうな人を攻撃して、
偽りの自信を手にしてるだけなんです。

 

前に

ヤフコメから考える批判してくる人の心理

という記事を書きましたが、
彼らの心理はヤフコメ民と同じです。

 

偽りの自信を手に入れたいから
弱そうな人を攻撃してるだけなんです。

 

なので、そんな奴らに負けないよう、
しっかりと実力をつけ、本物の自信を
手にしてほしいなと僕は思います。

 

 

最初にも言いましたが、
自信があるから実力があるのではありません。

 

実力がつくから自信がつくのです。

 

自信がないのは素晴らしい長所です。

 

自分を客観視して努力ができるので、
コツコツ努力を積み重ねて
本物の自信を手に入れていきたいですね。

 

 

ということで今回は以上です!

 

個人で稼ぐための全体像が学べる電子書籍を無料で読めます

僕は農家を辞めてネット起業し、
3ヶ月後に20万円稼げるようになって独立しました。

 

今は自分の好きなペース、好きな場所で
ストレスフリーで仕事をしています。

 

ただ、僕には特別な才能なんてありませんでした。

 

・いじめを受け自信が持てなくなる
・会社員のころは毎日深夜0時までサービス残業
・詐欺投資ソフトを買い100万円の借金を抱える

 

ですが年収1億円の起業家と出会い、
マーケティングや人の心の動かし方、
ブログの自動収益化の方法などを学び、
自分で稼ぐ力をつけることができました。

 

そんな経験から、たとえ過去の僕みたいに
自信もなく知識やスキルがなかったとしても、
正しいやり方を学んで実践すれば、
稼ぐ力は誰でも身につけられると確信しています。

 

僕は自分に自信がなかったからこそ、
同じような人の気持ちが痛いほどわかります。

 

だから個人で稼ぐ力が身につけば、
自分に自信も持てると思いますし、
自分の好きなことができるようになることで、
自分をもっと好きになれるんじゃないかと思います。

 

そして、自分のことが好きな大人が
もっとたくさん増えてほしい。

 

そんな想いで僕は情報を発信しています。

 

なので、僕がいかに稼ぐ力を
身につけられるようになったのかを
電子書籍の中であなたにお話しします。

 

これからの人生、
あなたらしく生きるための小さな一歩として
よかったら読んでみてください。

 

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

書籍の関連記事