どうも、ぶっちーです。

 

ヤフコメってありますよね。

ヤフーのニュースとかで
コメントしているやつです。

 

あれ、どう思いますか?

僕は見るに堪えないです…

 

芸能人の不倫を叩いたり、
あるいは著名人の失敗を叩いたり。

 

ひどいものだと誰かの成功話でさえ
叩かれていたりします。

 

 

僕はネガティブな情報に触れたくないので、
最近ではヤフーニュースはほとんど見ませんが、

 

以前はニュースのコメントを見て
かなり不快な思いをしていました。

 

「でもどうしてあんなひどいコメントばかりなんだろう?」

 

ずっと気になっていたんですが、
ビジネスをやりながら人間の心理とかも勉強して、
徐々に彼らの心理というのもわかるようになってきました。

 

先に言ってしまうと、
ヤフコメで叩いてるのは人間の弱さの表れです。

だから気にする必要はありません。

 

 

で、日々生活していれば
批判してくる人は必ず出てくると思います。

 

普段の人間関係でもそうですし、
僕みたいにブログやメルマガで情報を発信している人なんかは
批判が来ることもあるかもしれません。

 

 

ただ、今回の内容を読めば、

「なんだ、批判してる人って大したことないんだ」

と思えるでしょう。

 

今回はヤフコメから学べることを書いていきます。

 

 

批判するのは自分に自信がないだけ

 

結論としてはこれですね。

 

批判してくる人って、
結局は自分に自信がないだけなんです。

 

批判して他人を蹴落とすことで
自分を上に見せようとしているだけなんですね。

 

 

心理学の用語でシャーデンフロイデ
という言葉があります。

 

これ、簡単に言ってしまうと

「他人の不幸は蜜の味」

という意味です。

 

人の不幸を喜んでしまう心理のことですね。

 

 

で、ヤフコメで批判してる人って
まさにこのシャーデンフロイデが当てはまって、
他人を批判することで喜びを得ているんです。

 

 

でもそれって結局、
自信のなさの裏返しでもあります。

 

自信がないから他人を批判して
偽りの自信を手に入れているようなものです。

 

 

たぶん自分に自信がある人なら、
他人の批判なんてしないと思うんですよ。

 

だって他人は他人、
自分は自分って考えられると思うので。

 

自分に自信があれば、
自分のいいところを認めてあげられますし、
他人のいいところも素直に認められます。

 

 

芸能人の報道とかを妬んでしまうのって、
結局、芸能人と自分を比較しているからなんです。

 

比較した結果、自分が劣っているとわかる。

でも劣っている自分を認めたくない。

だから批判コメントをする。

 

前に

東出昌大の不倫謝罪会見から考える日本人の幸福度の低さ

という記事を書いたんですが、
芸能人の不倫謝罪会見でここぞとばかりに
批判する人なんかも同じですね。

 

結局は自分に自信がなかったり、
あるいは自己肯定感が低いから、
批判することで自分を上に見せようとしてるんです。

 

 

だから言ってしまうと、
ヤフコメで批判している人って
かわいそうな人なんです。

 

結局、自分に自信がなくて
他人を批判することでしか
自分の優位性を認められないので。

 

 

しかも他人を批判したところで
人としての成長はありません。

 

他人を批判して自分を持ち上げたとしても、
それはただの錯覚です。

 

相対的に自分のポジションが上がったにすぎません。

 

絶対的には自分のポジションは変わってないので、
つまり人間として何の成長もしていないということなんですね。

 

だから他人を批判しても
人生において何一ついいことはないということです。

 

 

さらに言うと、ヤフコメで批判するのって
他にもこんなデメリットもあります。

 

・批判ばかりするから人としての魅力が下がる
・貴重な人生時間をムダにする
・匿名を盾に強がっているだけでカッコ悪い

 

もうデメリットしかないです。

 

なんだかこうやって書いていたら、
本当に彼らがかわいそうになってきました(笑)

 

そんな感じでヤフコメで批判する人は
かわいそうな人ということですね。

 

僕が体験したこと

 

せっかくなので僕の体験談も話しますね。

 

僕は以前、50万円のビジネススクールに
入っていたことがあります。

 

この時にやたら批判してくる人に遭遇しました。

 

 

そのスクールでは一人ひとりの得意なことに合わせて、
自分のビジネスを作っていくような塾でした。

 

僕は数学が得意だったので、
数学の情報発信をしていこうと考えていたんです。

 

 

で、その時にやたら僕のビジネスを批判してくる
同期の起業家がいました。

 

「それ、本当に自分でやりたいビジネス?」
「お前がやっても続かないと思うよ」
「それに上手くいかないんじゃない?」

 

みたいなことを散々言われたんですね。

 

「うざっ!」
「てか人のこと言う前にお前はどうなんだよ!?」

 

と僕は心の中で思ったんですが、
当時の僕は自信もなく、人との争いが嫌だったので、
何も言い返さずに黙っていました。

 

 

ただ、いま思うとこの同期の起業家も
自分に自信がなかっただけなんだなと思います。

 

弱い犬ほどよく吠えるって言いますけど、
まさにそれで、自分に自信がないから
そうやって他人を批判していたんです。

 

自信なさげにしていた僕は
その同期の起業家にとって

 

「こいつは俺より下だな」
「だったら何言っても大丈夫だろう」

 

くらいの存在だったのでしょう。

 

僕に対して批判的な言葉を浴びせることで
自分のポジションを上げ、
それで偽りの自信を手に入れてたんだと思います。

 

 

で、やっぱりその予想は当たっていました。

 

僕の前では偉そうにしていたその起業家も
講師の前ではビビッていて
ろくに話もできていませんでした。

 

おそるおそる講師の方に質問もしていましたが、
めちゃくちゃレベルの低い質問をしていて、
それを講師の方にツッコまれて

 

「あ…」
「たしかにその通りですね…」

 

と萎縮しまくっていました。

 

 

「おいおい、俺の時の態度とえらい違うじゃねえか!」

 

と僕は思いましたが、
結局、その起業家は偽りの自信を
手にしてただけってことです。

 

弱い人を攻撃することでしか自信を手にできないので、
自分より格上が現れた時にビビッてしまったということです。

 

なんだかカッコ悪いですね。。

 

情報発信をしている時に来る批判も同じ

 

ちなみに僕みたいに情報発信をしている人に対して
批判して来る人もヤフコメと同じです。

 

結局は他人を批判することでしか
自分を認められない。

そんな人たちなんだと思います。

 

 

もちろん情報発信している人が
批判されるべくして批判されているケースもあります。

 

ブロガーのイケダハヤトさんなんかは、
サラリーマンをこき下ろしまくってるので、
まあ批判が来ても仕方がないかなと。

 

 

ただ、そういったケースを除いて、
情報発信していて来る批判は
気にしないでいいと思います。

 

ちゃんと情報発信していれば、
共感してくれる人がたくさん集まってくれますし、
批判してくる人なんて少数のはずです。

 

 

批判してくる人って
その情報発信者のことがうらやましいんですよ。

 

でもその人のことを認めてしまうと、
自分の惨めさを認めてしまうことになる。

 

だから批判して自分を持ち上げることしかできないんです。

 

 

だからあなたがもし情報発信をしている、
あるいはこれから情報発信をしたい、
というのであれば批判は気にしないで大丈夫です。

 

批判が来たら

「ああ、この人は自分に自信がないんだな」

くらいに考えればOKです!

 

それでも批判が来てへこんでしまうときは?

 

ただ、そうは言っても批判されるのは嫌ですよね…

 

僕も人間なんで、批判されたらそりゃあ嫌です。

 

そんな時はどう考えればいいか?

ということで、僕なりの考えを
ここからは話していきますね。

 

批判が来るということは影響力が上がってきたということ

 

まず、批判が来るということは
それだけ影響力が上がっている証拠です。

 

だからポジティブに考えればいいと思います。

 

 

そもそも情報発信を始めたばかりの時に
批判なんて来るはずがありません。

 

だって、そもそも認知されてないんですから。

 

 

情報発信を始める前から

 

「叩かれるんじゃないだろうか…?」

 

と心配する人もいますが、
そんな考えすぎなくて大丈夫です。

 

最初なんてコメントすら来ませんので(笑)

 

批判が来たら来たで、その時は

「ついに自分も批判されるレベルに来たのか!」

とポジティブに考えればOKで。

 

批判を分類する

 

で、次に批判を分類してください。

 

批判と言っても2種類の批判があります。

 

・ポジティブな批判
・ネガティブな批判

 

まず、ポジティブな批判なんですが、
これはちゃんとした意見です。

 

発信している情報に間違いがあって、
それに気づいた人が相手を思って批判してくれるやつですね。

 

こういった批判は自分の成長にも繋がるので、
ちゃんと受け止めたほうがいいです。

 

 

で、次にネガティブな批判。

これは無視してOK。

 

要はヤフコメと同じような誹謗中傷とかですね。

 

「ああ、この人たちはかわいそうな人たちなんだな…」

 

それくらいの気持ちで聞き流すといいでしょう。

 

 

で、そこで変に言い争わないことですね。

 

たしかに批判コメントが来たらイラッとしますよね。

 

でもそこで言い争うということは、
相手と同じフィールドに立ってしまうということです。

 

わざわざレベルの低い人と同じフィールドに立って
自分の価値を下げてしまう必要なんてありません。

 

 

それに相手と言い争っているのを
他の読者さんが見ていたら、
あなたのブランドはだだ下がりです。

 

それってもったいないですよね…

 

だから変に言い争わないほうがいいです。

 

 

それから、言い争ってる時間が
もったいないですよね。

 

それだったら他の読者さんのために
役に立つ情報を発信したほうが、
読者さんのためにもなりますし、
自分のためにもなります。

 

不毛な言い争いをするよりも
読者さんの役に立つ情報を発信して
喜んでもらったほうが良くないですか?

 

 

だからネガティブな批判コメントは無視して、
別のところに力を入れるべきだと思います。

 

まとめ

 

ということでヤフコメから
批判してくる人の心理を考えてみました。

 

 

結局、批判してくる人は
他人を蹴落として自分を優位に見せようとしている
かわいそうな人だということです。

 

だから批判している人を見たら
別に不快に思う必要もなく、

 

「ああ、かわいそうな人なんだな…」

 

くらいに考えればいいと思います。

 

 

ブログを書いている人は
批判コメントの心配もあるかもしれませんが、
気にしないで大丈夫ですよ!

 

自信を持って情報発信してくださいね。

 

では今回は以上です!

 

P.S. 電子書籍がいまだけ無料で読めます

僕はいまでこそ自分らしい自由な生き方をしていますが、
それまでは周りの目を気にしながら窮屈に生きてきました。

 

自分に自信もなく、
周りの目が怖くて自分の意見も言えない。

毎日なんとなくモヤモヤしてるけど、
かと言って何をすればいいのかわからない。

そんな生き方をしてきました。

 

ただ、そんな僕も
インターネットを使ったビジネスのおかげで
時間やお金、人間関係の悩みから解放され、
自分らしく自由に生きられるようになりました。

 

過去の僕と同じように

「周りの目ばかり気にしてしまう…」
「毎日なんとなくモヤモヤしている…」

こういう人って多いと思います。

 

だから一人でも多くの人が自分らしい生き方を見つけ、
世の中がもっと明るくなってほしい。

そんな想いを持ちながら情報を発信しています。

 

なので自分らしい生き方が見つかるように
僕が自分らしい生き方を見つけるまでのストーリーを
一冊の本にまとめてみました。

 

いまだけ無料で読めますので、
良かったら読んでみてください。

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

おすすめの記事
コメントを残す