どうも、ぶっちーです。

 

僕はいま個人で独立して仕事をしていますが、
昔は会社で働いてたこともあります。

 

いまは付き合う人を自由に選べてストレスフリーですが、
会社で働いてたときはやっぱり面倒な人間関係もありました。

 

 

で、中には人のことを
物扱いするような上司もいたんですね。

 

そんな上司がいる会社だったので、
辞めて正解だったなと思っています。

 

 

ただ、そういう会社を
なかなか辞められない人って多いと思います。

 

・我慢するしかないのかな?
・転職したほうがいいのかもしれないけど、転職できるかわからないし…?

 

そんな人に今回の記事が
何らかの励みになればと思っています。

 

・理不尽な上司のいいなりになんかならなくていい
・その会社以外の選択肢を持つこともできる

 

そういった内容を
僕が経験したエピソードを交えながら
話していきたいと思います。

 

なので会社や上司などにモヤモヤを感じてる人などは
ぜひ読んでみてください。

 

 

人を物としてしか見ていない上司

 

僕が働いてた会社って、僕が入社したころは
そこまで悪い会社ではありませんでした。

 

国との取り引きもあるような会社で、
社員の面倒見もよかったと思います。

 

 

ただ、とある人が上司になってから、
会社の雰囲気がだいぶ変わってしまったんです。

 

その上司は人のことを
物としてしか見ないような上司でした。

 

象徴的なエピソードを話していきますね。

 

 

ある日のこと、現場で働いてた人が
ケガをしてしまいました。

 

当時の僕はその上司のもとで
現場の管理をする立場でした。

 

僕はすぐに現場にかけつけ、
まずはケガの状況を確認します。

 

本人の意識はしっかりしてて、
ケガの程度もそこまで大きくはなさそうでした。

 

ただ、そうは言っても
放置しておくのはよくないので、
僕は急いで病院に連れていくことにしました。

 

 

ですがこの時、
ちょうど上司が会議でいなかったんですね。

 

本当は上司に報告してから
病院に連れていきたかったんですが、
状況が状況なので仕方ありません。

 

とりあえず現場の人を病院に連れて行って、
会議が終わってから上司に報告することにしました。

 

 

で、ケガした人を病院に連れて行ってんですが、
診断結果はとりあえず軽症とのこと。

 

「よかった~」

 

僕はホッとしました。

 

 

ただ、ですね…

この後に気分が最悪になるような出来事が起こります。

 

 

病院から帰ろうとしたところ、
上司から電話がかかってきました。

 

僕は電話に出て

 

「さっき現場の人がケガをしたので、
 病院に連れて行きました」

 

と報告しました。

 

 

するとその上司が

「おい!何で先に連絡しなかったんだ!?」

と強い口調で言ってきます。

 

 

僕は

「あ、いや … 緊急だったもので…」
「それに会議中だったので…」

と言いました。

 

 

すると上司は

「まずは報告するのが先だろ」

と言ってきて、

 

「ブチッ…」

 

と一方的に電話を切られてしまいました。

 

 

その時はさすがに「ふざけんなよ!」と
怒りがこみ上げてきました。

 

目の前にケガしてる人がいるんだぞ。

人の命を優先すべきじゃないんか!?

 

そういった行き場のない怒りが
ふつふつとこみ上がってきました。

 

 

ケガ人を病院に連れていくという
正しいことをしたはずなのに、
完全に僕のことを悪者扱いです(怒)

 

 

おそらくなんですが、
労災を起こしてしまうと保険料が上がってしまうので、
上司はそれが嫌だったんだと思います。

 

「軽症だったら医者なんか連れて行かないでいい」

 

くらいの考えだったんじゃないでしょうか?

 

 

でもおかしくないですか?

 

保険料うんぬんより
まずは人の命じゃないですか。

 

会社の経営が成り立ってるのも
社員ありきですよね。

 

「ああ、この上司は社員のことを物として見てるんだな」

 

そう思いましたよね。

 

出世のためにも社員を物として扱う

 

ここからは僕が会社を辞めた後に
仲の良かった先輩から聞いた話です。

 

さっきの上司は僕が会社を辞めた後も
ひどかったみたいです。

むしろより一層ひどくなったとか。

 

 

もはや現場にどう思われようがお構いなし。

 

自分の出世のために
現場の人間をこき使っていたそうです。

 

赤字になるのが目に見えてるような新規事業を立ち上げ、
それを無理やり現場に押し付け、
失敗すれば現場の人に責任を押し付けたり。

 

あるいは無理な交代制勤務を強要したり。

 

ほかにも社員を降格させてバンバン給料を下げたり、
ボーナスもカットしたり。

 

 

現場からはもちろん不満の声が続出です。

 

でもその上司は社長にゴマをするのが上手いから、
徐々に自分のポジションを上げていきます。

 

 

で、現場の人がめちゃくちゃ不満に思ったのが、
その上司が高級車のクラウンを買って、
クラウンで会社に来たことだそうです。

 

「おいおい、なんでうちらは給料もボーナスもカットされてるのに
あいつは車買い替えてるんだよ!?」

「まさか自分だけボーナスもらってるんじゃねえのか!?」

 

そうやって現場から不満の声があふれてたんだとか。

 

 

しかもわざわざ車を見せびらかすように
会社の入口のすぐ近くに車を停めてたんだとか。

 

そりゃあ現場の人もイラッとしますよね。

 

 

あととんでもなかったのが
知り合いの先輩が有給を取ろうと会社に申請したら
有給を取らせてくれなかったエピソード。

 

その先輩の親が緊急手術を受けることになって
会社を急きょ休まなければならなくなりました。

 

なので先輩は会社に有給の申請をしたそうなんですが、
会社からはとんでもないことを言われたそうです。

 

「それはあなたの親の責任ですよね」
「会社の責任ではないので有給は認められません」

 

この話を聞いたときは
マジで胸くそが悪くなりました。

 

結局、その先輩は有給を取れず
欠勤扱いになったそうです。

 

 

といった感じで、人を物として扱い、
自分はゴマをすって上に登り詰めるというような
とんでもない上司だったわけです。

 

当時はよくあんな会社で我慢して働いてたよな~

 

そんな会社は辞めてよかった

 

僕が会社を辞めたのは28の時でしたが、
その時に辞めて本当に良かったです。

 

もし会社を辞めてなかったら、
その先30年以上もその上司のもとで
働いていたわけですから。

 

想像するだけで無理です…

 

 

で、僕はいま個人で仕事をしています。

 

ネットビジネスで独立してるんですが、
面倒な人間関係は一切ありません。

 

この点はネットビジネスをやってて
本当によかったなと思う部分です。

 

 

たぶんネットビジネスに挑戦しなかったら、
いまも面倒な人間関係に頭を悩ませていたのかもしれません。

 

しかも僕って本当に仕事ができなかったんです。

 

こちらの記事でも書いてますが、
僕って本当に仕事の効率が悪かったですし、
仕事を抱え込んで毎日のように深夜0時まで
サービス残業をしていた時期もあります。

 

だからいくら上司がウザいからと言っても
仕事ができなかったわけですから、
転職しても同じだろうなと思っていました。

 

「きっと他の会社に行っても仕事ができないんだろうな…」
「じゃあやっぱいまの会社で我慢しないといけないのかな?」

 

そんなことを考えてたこともあります。

 

でもネットビジネスはやったことが
コツコツと積み上がっていきます。

 

カメのように仕事が遅かった僕にとって
コツコツと積み上がっていくネットビジネスは
本当にありがたかったです。

 

おかげで嫌な上司のもとで
我慢して働くこともなくなりました。

 

 

てか、無理な上司のもとで
イヤイヤ働く必要なんてないと僕は思うんです。

 

だって嫌なものは嫌じゃないですか。

合わないものは合わないんです。

 

そこで無理をしたら、それこそ
鬱になってしまう人も出てくるはずです。

 

だから僕と同じように
理不尽な上司のもとで無理してる人がいたら

 

「そんな無理する必要なんてないよ」
「他にも選択肢はあるよ」

 

ってことは伝えたいです。

 

 

てか、抑圧的な態度で部下を押さえつけて
他の選択肢を見えなくさせている
上司にも問題があると思うんです。

 

そんな抑圧的な態度で押さえつけたら
部下だって委縮してしまいますよね。

 

次第に自分の意見を言うのも怖くなって、

「怒られないようにしよう」

こういう思考になってしまい、
自分で考えることもやめるように
なってしまうと思うんです。

 

だから会社を辞められない人も
出てくるんだと思います。

 

選択肢はいまの会社だけではない

 

最後にお伝えしたいのが
選択肢はいまの会社だけではないということです。

 

会社で働いてるとそれが当たり前になって
転職などの他の選択肢を見失うことがあります。

 

ましてや抑圧的な態度で押さえつけてくるような上司だったら
なおさら視野が狭まってしまうはずです。

 

 

でもそういう状況の人こそ
客観的に自分を見つめ直してほしいです。

 

その会社で働く必要って本当にあるか?

その上司のいいなりである必要が本当にあるか?

ストレスを抱えながら我慢するのって本当に正しい?

 

たぶん冷静に考えれば
そんなことはないとわかるはずです。

 

 

でも会社でずっと働いてると
視野が狭まってしまう可能性があります。

 

僕も会社を辞めて初めて
自分の視野の狭さに気づきました。

 

また、僕と同じように前の会社を辞めた人で

「何であんな会社で我慢してたんだろう?」

と言っている先輩もやはりいます。

 

それくらい当事者になると
その環境が当たり前になってしまって
異常性に気づかなかったりするものです。

 

なので、いったん冷静になって
客観的に自分の状況を見てほしいなと思います。

 

 

そのときに異常性に気づけたなら
転職してもいいと思います。

 

あるいは僕みたいに独立してもいいかもしれません。

 

僕は独立したことで
人間関係のストレスは0になりました。

 

「今日も会社か…」
「また上司に怒られるのかな…」
「行きたくないな…」

 

そうやって朝の会社までの足取りが重かったこともありますが、
いまとなっては懐かしい思い出です。

 

付き合う人が選べるようになって
本当にストレスフリーになりました。

 

 

てか、僕と同じようにビジネスで独立してる人って
みんな気持ちのいい人ばかりです。

 

ビジネスって結局はお客さんありきじゃないですか。

 

だから気づかいができる人がほとんどなんですよね。

 

それこそさっき話した僕の上司みたいに
人を物として扱うような人なんていません。

 

みんな魅力的な人ばかりです。

 

付き合ってて本当に気持ちいいんですね。

 

そんな感じで魅力的な人と付き合えるようになったのは
個人で仕事をしててよかったことの一つですね。

 

 

てか、魅力的な人ばかりなので、
自分ももっとレベルアップしないとなと
常に思わされています。

 

みんな勉強熱心ですし、
かと言ってまじめすぎることもなく、
遊ぶときはとことん遊ぶ。

 

また、遊びの中にもビジネスのヒントはたくさんあるので、
遊びながらビジネスの勉強もしてるっていうね。

 

もはや生きてることすべてを
楽しんでるような感じです。

 

僕ももっともっとそっちの世界に行きたいなと
思ってビジネスを頑張っています。

 

 

で、そういったカッコイイ経営者を見てると、
僕が働いてた会社の上司なんて
なんかしょっぱいなーって思ってしまうんですね。

 

もちろん仕事ができる上司で
仕事の面では尊敬してましたよ。

 

でも人間的にちょっと…

って感じですよね。

 

会社という狭い世界の中で上に登り詰めて
いい気分に浸っている気がしますし、

 

クラウン乗り回して

「どうだ、俺ってすごいだろ!」

と優越感に浸っているだけのような気がします。

 

 

もちろん承認欲求を持つのは悪いことではないですが、
そこで満足しててもなー

 

と、ちょっと冷ややかな目で見てしまいます。

てか、ちょっとダサいなと。。

 

 

それだったらもっと広い世界を見たほうが
楽しいのになーと思ってしまいます。

 

だから、僕はビジネスの世界に
足を踏み込んで良かったです。

 

だって、こっちの世界のほうが
断然楽しいんですもん。

 

面倒な人間関係もなく、
自分のやりたいことがやれる。

 

これからも自分のやりたいことをやりながら
人生を楽しんでいきたいと思います。

 

では今回は以上です!

 

P.S. 電子書籍がいまだけ無料で読めます

僕はパソコン一台で副業をスタートし、
いまでは独立して時間に縛られない自由な生活を送っています。

 

ただ、僕には特別な才能があったわけではなく、
むしろマイナスからのスタートでした。

 

周りの目が怖いくらい自分に自信はなかったですし、
副業の選択をミスって100万円の借金を抱えたこともあります。

 

ただ、そんな僕を変えてくれたのが
低資金で始められるネットビジネスとの出会いでした。

 

正しいやり方を学んで実践したことで
いまでは時間やお金、人間関係の悩みから解放され、
自分らしく人生をデザインできるようになりました。

 

その経験から、どんな過去であったとしても
未来の自分は変えることができると確信しています。

 

だから一人でも多くの人が自分らしい生き方を見つけ、
世の中がもっと明るくなってほしい。

そんな想いを持ちながら情報を発信しています。

 

なので自分らしい生き方が見つかるように
僕が自分らしい生き方を見つけるまでのストーリーを
一冊の本にまとめてみました。

 

いまだけ無料で読めますので、
良かったら読んでみてください。

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

おすすめの記事
コメントを残す