大学3年で半年休学した時に後悔したこと。もし当時に戻れるなら?

どうも、ぶっちーです。

 

今回は休学を検討している大学生向けに
大学3年のときに半年だけ休学した
僕なりの考えを話していきます。

 

 

で、最初に結論ですが、
もし休学を検討してるなら、
休学することをおすすめします。

 

というのも、これだけまとまった時間は
社会人になってからは取るのが難しいからです。

 

「自分って何がやりたいんだろう?」
「このまま卒業して就職して本当にいいのだろうか?」

 

もしこういった悩みがあるなら、
休学することが自分と向き合う
いいきっかけになります。

 

 

ただ、ですね・・・

 

僕自身は半年休学して貴重な時間を手にしながら、
その貴重な時間を無駄にしてしまい後悔しました。

 

・いったい何に後悔したのか?
・もし当時に戻れるなら何をするか?

 

この辺の内容を今回は話していきます。

 

しくじり先生じゃないですが、
僕の失敗談から、ぜひ

 

「こうはならないようにしよう」

 

というのを学んでくださいね。

 

では行きます!

 

 

大学3年のときに半年だけ休学

 

僕は大学3年の後期に半年だけ休学しました。

 

理由は前期のうちに進級の単位を満たしたから。

 

 

実は僕は大学3年のときに1回留年しています。。

 

そこに至るまでの過程も少し話しておきますね。

 

 

僕の大学生活のスタートは
非常に充実したものでした。

 

僕は高校受験では失敗してたので

 

「大学は絶対に合格してやる!」
「そして、親には楽させてやるんだ!」

 

そう誓い、青春のすべてを
勉強に捧げていました。

 

そのかいあって、国立大学に合格。

 

高校受験で親に迷惑をかけた分、
ようやく恩返しができた。

 

そう感慨深い気持ちになったのを
いまでも覚えています。

 

 

そして、入学して最初の頃は
何もかもが新鮮で楽しい毎日でした。

 

大学で友達と仲良くなったり、
人生で初めてバイトを始めたり。

 

あとは当時は男子寮に入っていて、
そこで仲良くなった友達や先輩とは
毎日のように遊んでいました。

 

徹夜でゲームをしたり、
深夜に酒とつまみを買ってきて、
飲み明かしたり。

 

あるいはカラオケやボウリングに行って、
とにかく毎日が充実してました。

 

 

ただ、そんな楽しい毎日も
時間が経つにつれて
次第にモヤモヤした気持ちが出てくるように。

 

楽しい気持ちがある反面、
心のどこかには

 

「俺って何のために大学行ってるんだろう?」
「そろそろ就活も始まるし、将来のこと考えないと」
「でも俺って何がやりたいんだっけ?」

 

といった気持ちがあり、
悶々とした日々を送っていました。

 

 

でもそうやって悩んでても
周りにはいつも寮の友達がいたので、
友達と遊んでるときはそんな悩みも
忘れていました。

 

ただ、一人の時間にふと悩みが出てくる。

 

何とも言えないモヤモヤでした。

 

 

だから、

 

「何かやらなきゃ」
「変わるきっかけが欲しい」

 

そんなことを考え、
自己啓発本や能力開発の本を
買ってみたこともあります。

 

ただ、何も変わりません。

 

時間が過ぎてっただけです。

 

 

次第に勉強にも身が入らくなっていき、
気づけば留年するかどうかの瀬戸際まで来てました。

 

そして、迎えた進級のかかったテスト。

 

しかし、そのテストの点があと一歩届かず、
僕はその1教科に泣き留年しました。

 

 

で、翌年は1教科だけ取れば進級だったので、
前期のうちにあっさり進級が決定しました。

 

それに伴い後期を休学したわけです。

 

休学中の後悔・・・

 

じゃあ休学中に何をしたのか?
ってことなんですが、
これと言って新しいことはしませんでした。

 

これは本当に後悔しています。

 

 

やっていたのはバイトか、
あるいは彼女や友達と遊ぶくらい。

 

ただ、それでも当時は充実してました。

 

バイトのある日は一生懸命働き、
月末になったら給料を手渡しでいただく。

 

分厚くなった封筒を受け取るのが本当にうれしくて、
自分が働いた証しがその分厚い封筒からも伝わってきて
じんわり嬉しい気持ちになりました。

 

で、帰りにご褒美にコンビニで
お酒やつまみを買って
ちょっとした贅沢をする。

 

当時のささやかな楽しみでした。

 

 

あとはバイトで稼いだお金で
彼女にごちそうしたり、
プレゼントを買ってあげたり。

 

喜んでくれる彼女を見て
僕自身もうれしかったのを覚えています。

 

 

ただ、そういった楽しい時間がある反面、
やはり一人になったときは
将来についての不安が押し寄せてきました。

 

「自分がやりたいことって何だろう?」
「こんなことしてていいのかな?」

 

でもそんな悩みも
彼女や友達との楽しい時間が
忘れさせてくれます。

 

 

だから、当時の僕は
自分から逃げてたのかもしれません。

 

将来のことを想像すると
心が苦しくなる。

 

だから、目の前の楽しいことに
逃げてたのは正直あります。

 

その点は本当に後悔してる部分ですね。

 

「もっと有意義に使えばよかった」

「もっと将来のことを真剣に考えればよかった」

 

だからこそ、この記事を読んでて
休学を検討してる方には
有意義に時間を使ってほしいのが本音です。

 

社会人になったら本当に時間はない

 

あと、大学のときの時間って本当に貴重です。

 

社会人になったら大学の頃のような
まとまった時間なんて取ることはできません。

 

ましてや休学するとなると、
かなりまとまった時間が取れますよね。

 

社会人になったら、それだけのまとまった時間は
個人で起業でもしない限りは難しいでしょう。

 

 

でも、そんな貴重な時間のありがたみは
大学生の頃には気づかないもの。

 

僕もそのありがたみに気づいたのは
会社で働くようになってからでした。

 

 

社会人になってお金はある。
でも時間はない。

 

平日は仕事をして家に帰り、
夕食を食べ、テレビを観て、
シャワーを浴びて次の日に備えて寝る。

 

この繰り返しです。

 

 

休みの日は平日の疲れを取るために
家でゆっくり過ごすだけだったり。

 

仮にどこか出かけようとしても、
大学の友達とは離れ離れ。

 

一人で休みの日の繁華街を歩いたり、
映画を観に出かけるくらい。

 

そうすれば、休みも終わり。

 

「明日から仕事か・・・」

 

そうやって家に帰り、
月曜からの仕事に備えます。

 

 

ましてや僕の場合は
社会人になってからも

 

「自分って本当は何がやりたいんだっけ?」

 

と思い悩んだこともあります。

(いまは個人で独立しました)

 

 

それはやはり大学生の頃に
自分と向き合うことから
逃げてきたツケだと思っています。

 

だから、あれだけまとまった時間があったんだから、
しっかりと自分と向き合って将来のことを
真剣に考えておけばよかったなと当時は後悔しました。

 

もし当時に戻れるなら?

 

僕の後悔した体験談を話しました。

 

で、もし当時に戻れるなら何をするか?

 

まずは自分と徹底的に向き合うと思います。

 

当時、僕は自分から逃げてたので、
そのせいで後からいろいろと悩みました。

 

大学を卒業したら、あとは自分で
自分の人生を切り開かなければなりません。

 

もう親から仕送りもないですし、
自分の意志ですべてを決めていきます。

 

だからこそ、自分がどう生きたいかを
徹底的に考える必要があります。

 

だから当時に戻れるなら
まずは徹底的に自分と向き合いますね。

 

 

で、あとは自分で起業すると思います。

 

それはいまこうして
僕がビジネスの発信をしてて、
ビジネスのうま味を知ってるから
というのもあります。

 

ブログを書くだけでビジネスは始められるので
リスクはほぼ0ですし、
(ブログの運営費が月1,000円ほど)

 

収入も青天井に伸びていきます。

 

最近では大学生でビジネスを始める人も多くて、
月100万円を稼ぐ人はゴロゴロといます。

 

 

しかもこういったスキルって希少性が高くて、
就活の際にも有利になります。

 

実は企業って商売に関しては
素人のようなところも多いです。

 

それなりにキレイなホームページはあるけど、
これじゃあ商品は売れないよねっていうくらい
販売の導線ができてない企業も多いです。

 

 

でもブログを書いて物を売るスキルが身につけば、
就活のときにもアピールできます。

 

実際、僕の知り合いの起業家の人も
大学生のときに起業して、
企業からヘッドハンティングの話も来たそうです。

(断ったそうですが)

 

 

それくらい希少なスキルが身につくので、
就活で有利になるのはもちろん、
稼げるようになれば独立してもいいわけです。

 

独立することができれば、
時間的な自由も手に入ります。

 

言ってしまえば、「大人の夏休み」です。

 

ずっと大学生のように
遊び続けることもできるわけです。

 

 

だから、いつでも自由に遊べるし、
ふらっと旅行に出かけることもできます。

 

よく、休学中にやることとして

 

・海外留学、ワーホリ
・海外旅行、国内旅行(自分探しのために)

 

とかってありますよね。

 

 

これ、僕も大学生で休学したときに考えたんですが、
費用の面で諦めました。

 

ワーホリだったら30万円あれば、
とりあえず短期間なら行けたりします。

 

でも半年休学して、その間に
まずはお金を貯めないといけない。

 

留年もしてたわけで、ワーホリの費用を
親に出してもらうわけにもいきません。

 

 

でも30万円を稼ぐって
大学生のバイトではかなり大変なこと。

 

結局、ワーホリは諦めました。

 

 

でも考えてみてほしいんですが、
自分の力で稼ぐスキルが身につけば、
いつでも自由に海外も行けます。

 

わざわざ大変な思いをしてバイトして、
しかもほんの短い期間しか海外に行けないなら、

 

ブログでガッツリ稼ぐスキルを磨いて、
あとは好きなだけ旅すればいいと思うんです。

 

 

だから順序としては逆ですね。

 

×やりたいこを見つけるために海外に行く

○稼げるようになって海外を自由に行けるようになってからやりたいことを見つける

 

先にお金と時間の自由を手に入れるのが先です。

 

だから、当時に戻れるなら
ビジネスをやりますね。

 

 

あと、やりがいが感じられるって点でも
ビジネスはおすすめです。

 

大学生の頃に何が辛かったかって、
将来がまったく見えず、
目標や生きがいを失いかけてたことです。

 

だから生きがいを見つけるのに
ビジネスは最適なのかなと。

 

僕がビジネスと出会ったのは会社員の頃で、
そのときにものすごくワクワクしました。

 

「こんな世界があるのか」
「自分もこの世界に行きたい」

 

そうワクワクしたんですが、
たぶん大学生の頃に出会っても
やはりワクワクしてたと思います。

 

実際、僕の初報酬はたった17円だったんですが、
その17円がバイト代や会社の給料よりも
断然うれしかったんです。

 

それは自分の頭で考え、
自分の力で稼いだお金だったから。

 

そして、ビジネスに打ち込んでるときは
生きた心地がして本当に心が充実してました。

 

 

やっぱり何かに打ち込んでるときって
心が充実するものです。

 

大学受験の勉強をしている時は
目標に向かって充実してましたが、
いざ大学に入ると目標を失ったので、
気持ちが落ちるのも当然です。

 

だから、当時の僕がビジネスに出会ってたら、
新たな目標、やりがいを見つけたことで
きっとワクワクしてたんじゃないかな。

 

だから、当時の僕だったら
間違いなくビジネスをやるでしょう。

 

最後に

 

ということで、僕の体験談をもとに話しました。

 

もしこれから休学しようかなと考えてるなら、
ぜひ充実させてくださいね。

 

大学生の時間は本当に貴重です。

 

その貴重さは後からしか気づけないもの。

 

ぜひ後悔のないように過ごしてみてください。

 

 

今回の話が何かの参考になれば嬉しいです。

 

それでは!

 

個人で稼ぐための全体像が学べる電子書籍を無料で読めます

僕は農家を辞めてネット起業し、
3ヶ月後に20万円稼げるようになって独立しました。

 

今は自分の好きなペース、好きな場所で
ストレスフリーで仕事をしています。

 

ただ、僕には特別な才能なんてありませんでした。

 

・いじめを受け自信が持てなくなる
・会社員のころは毎日深夜0時までサービス残業
・詐欺投資ソフトを買い100万円の借金を抱える

 

ですが年収1億円の起業家と出会い、
マーケティングや人の心の動かし方、
ブログの自動収益化の方法などを学び、
自分で稼ぐ力をつけることができました。

 

そんな経験から、たとえ過去の僕みたいに
自信もなく知識やスキルがなかったとしても、
正しいやり方を学んで実践すれば、
稼ぐ力は誰でも身につけられると確信しています。

 

僕は自分に自信がなかったからこそ、
同じような人の気持ちが痛いほどわかります。

 

だから個人で稼ぐ力が身につけば、
自分に自信も持てると思いますし、
自分の好きなことができるようになることで、
自分をもっと好きになれるんじゃないかと思います。

 

そして、自分のことが好きな大人が
もっとたくさん増えてほしい。

 

そんな想いで僕は情報を発信しています。

 

なので、僕がいかに稼ぐ力を
身につけられるようになったのかを
電子書籍の中であなたにお話しします。

 

これからの人生、
あなたらしく生きるための小さな一歩として
よかったら読んでみてください。

 

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

ブログの関連記事