「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」の書評・感想。ビジネスにも人生にも役立つ一冊。

どうも、ぶっちーです。

 

最近、マーケティングの勉強をしています。

 

その一環として

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方

という本を読んでみました。

 

経営が低迷していたUSJを
P&Gから移籍してきた著者の森岡毅さんが
V字回復させた話です。

 

USJという身近なテーマを例に話されていて
とても読みやすい本でした。

 

マーケティング初心者の方には
入門書としておすすめです。

 

 

ということで今回は
こちらの本のレビューをしていきます。

 

で、個人的には次の2つが
本の中で大事なポイントだと思いました。

 

  • 「目的 → 戦略 → 戦術」の順で考える
  • 戦術までちゃんとやるからこそビジネスは上手くいく

 

これらの内容について
今回は深掘りして話していきますね。

 

 

目的から決めるのが最優先

 

まずこれですね。

 

とにかく目的が最優先で

「目的 → 戦略 → 戦術」

この順番で考えるのが大事ということを
本書では書かれていました。

 

じゃあUSJはどうだったのか?と言うと、
経営が低迷してた時は
この順番が守られていませんでした。

 

「俺たちが作った物なんだから、
 お客さんも満足してくれるに決まってるだろ」

 

そんな職人気質の考えでそれまではやっていて、
要は戦術から入ってしまっていたわけです。

 

戦術がマグレで当たればいいですが、
実際はそう上手くはいきません。

 

だってお客さんが求めていないものを
提供していたわけですから。

 

だからUSJは低迷していたんですね。

 

 

で、著者の森岡さんが移籍してからは、
それまでの古い考えを一新して、
目的から考えるようにしました。

 

目的は当然ながら売り上げをアップさせること。

 

じゃあ売り上げをアップさせるには?

 

ということで考えた主な戦略がこちら。

 

・客層を広げる
・テレビCMの質を上げる
・チケット単価を上げる

 

これらをさらに戦術レベルに
落とし込みます。

 

 

客層が映画ファンだけだから、ファミリー層にもアプローチしよう。

⇒ ファミリーエリア(ユニバーサル・ワンダーランド)の設置

 

テレビCMがイマイチだから、もっと質の高いCMを作ろう。

⇒ 感情に訴求するCMを制作

 

チケットが安すぎるから、値上げして収益アップを図ろう

⇒ 入場チケットを5,800円から7,400円に、
 年間パスを15,000円から19,800円に段階的に値上げ

 

 

こんな感じで戦略から戦術に落とし込んで
売り上げをアップ狙いました。

 

 

戦術から入るのと比べて
どっち成功しやすいかは一目瞭然ですよね。

 

結果、USJはV字回復を果たしました。

 

戦術ばかりやって失敗してるケースは多い

 

目的から入るのが重要ですが、
多くの企業は実際は戦術ばかりやって
失敗しているケースが多いです。

 

大手ですらそうです。

 

例えば、日本の家電メーカーなんかがいい例で、
とにかく技術力ばかり追い求めてきました。

 

「これだけ高スペックなら
 消費者も買ってくれるはずだ」

 

こういう思い込みがまさに
戦術レベルで考えてしまってる例で、
実際、日本の家電メーカーは
不毛な争いを繰り広げてきました。

 

ケータイもムダに機能ばかり増えて

 

「そんなに機能があっても使いこなせないし…」
「結局、他社と何が違うの?」

 

という消費者も多かったはずです。

 

 

そんな中、シンプルな操作性と
洗練されたデザインのiPhoneが登場し、
日本の家電メーカーを一気に抜き去っていきました。

 

スティーブ・ジョブズは

 

「テキサスのおばさんでも簡単に使える機械」

 

を目指していたそうなんですが、
これはまさに目的から入ってますよね。

 

だからこそ、その目的を叶えるために
どういったケータイを作ればいいかを考え、
それを戦術レベルに落とし込み、
最終的にiPhoneが完成したわけです。

 

 

で、僕は個人でビジネスをやってますが、
戦術から入ってる人ってけっこう多いですね。

 

例えばブログのデザインにこだわったり、
あるいはブログを毎日更新したり。

 

本来の目的って稼ぐことじゃないですか。

 

でもデザインとか毎日更新って
その目的からずれてるんですよね。

 

 

これ、本当によくないなと思っていて、

 

「毎日更新しましょう」
「とりあえず100記事書きましょう」

 

とか言ってる人もいますけど、
これを真に受けて無思考でやってる人が多い。

 

まあ、僕も昔はそうだったので、
人のことは言えないんですけどね(汗)

 

 

ただ、ちゃんと戦略を考えるようになってからは、
収益も伸びていきましたし、
あとはムダな作業をやらなくなったので、

 

「毎日更新しなくていいんだ」
「100記事も書かなくていいんだ」

 

と精神的にも楽になりました。

 

 

ぶっちゃけブログは毎日更新する必要ないですし、
100記事なくても収益化できます。

 

関連記事:100記事未満で少ないPVでもブログは収益化できる

 

手段の目的化にならないよう
注意したいところです。

 

戦術も徹底してやるからビジネスは上手くいく

 

2つ目に大事だと思ったポイントが
戦術も徹底してやるということ。

 

戦術を徹底してやるというのは、
例えば商品づくりをとことんやったり、
集客のための施策をとことんやる
といった感じです。

 

 

これもその通りだと思いました。

 

いくら戦略がカチっと決まっても、
戦術で手を抜いたら当然うまく行きません。

 

仮に商品やサービスが売れたとしても、
手を抜いたものは消費者にも伝わります。

 

だから、長期的なリピーターを逃すことになり、
大きな損失を生んでしまうんです。

 

 

これ、ネットビジネスでも同じだと思いました。

 

そもそもブログ記事が面白くなかったり、
あるいは商品を手を抜いて作ったり。

 

これだと読者は満足しないので、
リピートしてくれません。

 

だからこそ、記事の質や商品の質って
めちゃくちゃ大事だなと思いました。

 

 

ちなみに著者の森岡さんは

 

「消費者に満足してもらえるか不安なら、
 その商品は売らないほうがいい」

 

と言っています。

 

これについてはほぼ賛成なんですが、
一部では当てはまらないケースもあるなと思いました。

 

もちろん満足度の高い商品を作るのは大事ですし、
長期的に見れば満足度が高ければ、
お客さんにリピート購入してもらえます。

 

ただ、ネットビジネスにおいては
まずは世に出すことのほうが大事かなと
個人的には感じました。

 

というのもブログは
後からいくらでも修正ができるからです。

 

 

著者の森岡さんはP&GやUSJといった
失敗の許されない企業で働いてました。

 

商品やサービスを世に出すということは
必ずヒットさせなければなりません。

 

だから、満足のいく商品やサービスでなければ
発売すべきではないというのもわかります。

 

 

でもネットビジネスなら
後からいくらでも修正できるので、
まずはどんどん世に出していくほうが
大事だよなと個人的には思いました。

 

それにブログなんて最初のうちは
アクセスもほとんどないんですからね(笑)

 

それだったらフットワーク軽くして
どんどん記事をアップして、
反応を見ながら修正していけば
いいんじゃないかなと思います。

 

 

アップルだってとりあえずiPhoneを世に出して、
iOSは後から何度もアップデートしています。

 

最初から完璧でなくてもいいってことです。

 

生きること自体がマーケティングだと思った

 

今回の本の内容って
ビジネスはもちろん人生においても
役立つ内容だと思いました。

 

つまり人生全般においても
目的から考えることが大事ってことです。

 

 

てか、僕たちって普段から
無意識に目的から考えてたりするものです。

 

例えば旅行に行くなら
まずは目的地から考えますよね。

 

目的地が決まったら次は
電車で行くのか?車で行くのか?
などを考えたりします。

 

これが戦略です。

 

 

で、さらに何時に出発して、
何時の電車に乗って、
旅行先ではこのお店に行って・・・

 

これが戦術です。

 

 

ほら、無意識にできてますよね。

 

 

そして、人生でもやっぱり
考え方はマーケティングと同じで、
まずは目的から決めるのが大事になります。

 

「もっと自由な生き方がしたい」

「そのためにはお金と時間の自由が必要だ」

「じゃあ、そのためにブログで50万円は稼げないと」

「そのためにはブログを30記事書いて・・・」

 

みたいな感じですね。

 

 

ただ、さっきも言いましたが、
ここで本来の目的を忘れてる人が多い。

 

本当は自由な生き方がしたいのに、
ブログ毎日更新とかどう考えても
自由とは真逆の生き方ですよね。

 

 

あとは最近よくいる
キラキラ起業女子とか。

 

「もっと豊かな生活がしたい」
「自由な生き方がしたい」

 

という本来の目的を忘れて、
自分をキラキラさせることが
目的になっていたり(笑)

 

だからブランド品を買ったり、
高級ホテルでの自撮り写真をアップしたり。

 

 

そんなことばかりしてて、
実際は収入より支出のほうが多いとか(笑)

 

目的って大事だなって思います。

 

 

人生における目的、
ここをしっかり意識することで
ブレない生き方をしたいところですね。

 

まとめ

 

最後にあらためて要点のまとめです。

 

  • 「目的 → 戦略 → 戦術」の順で考える
  • 戦術までちゃんとやるからこそビジネスは上手くいく

 

目的から考える重要性を
USJというイメージしやすいテーマをもとに
話されていて読みやすかったです。

 

人生においても目的から考えるのは大事なので、
ぜひ読んでほしい一冊ですね。

 

 

ちなみにですが、ぜひ読んでほしい章が
個人的にはあります。

 

それは第9章なんですが、
理由としては目的を持って生きることの大切さを
森岡さんが語っているからです。

 

こちらは本文からの引用です。

 

ゴールの見えないマラソンをできるだけ楽に走ろうとするのではなく、到達したい遠くのゴールを明確に定めて、その方向へ1日1日を短距離の全力疾走で積み上げていく方が後悔が少ないのではないかと私は思っています。

 

森岡さんの生き方そのものを表してるんですが、
そもそもこういった生き方をするようになったきっかけが
阪神大震災を経験したからなんだそうです。

 

森岡さんは学生時代に震災を経験し、
そこで知人を亡くされています。

 

その経験から

 

「人はいつ死ぬかわからない」

 

というのを身をもって感じ、
そこから目的を持って生きるようになったそうです。

 

 

だから僕はこの本は
マーケティングを学ぶ上でも
生き方について考える上でも
大事な本だなと思いました。

 

ビジネスをすることも生きることも
まずは目的から考えるのが大事。

それを学ばせてもらった本でした。

 

 

ということで、
よかったら読んでみてください。

 

では今回は以上です!

 

P.S. 電子書籍がいまだけ無料で読めます

僕はパソコン一台で副業をスタートし、
いまでは独立して時間に縛られない自由な生活を送っています。

 

ただ、僕には特別な才能があったわけではなく、
むしろマイナスからのスタートでした。

 

周りの目が怖いくらい自分に自信はなかったですし、
副業の選択をミスって100万円の借金を抱えたこともあります。

 

ただ、そんな僕を変えてくれたのが
低資金で始められるネットビジネスとの出会いでした。

 

正しいやり方を学んで実践したことで
いまでは時間やお金、人間関係の悩みから解放され、
自分らしく人生をデザインできるようになりました。

 

その経験から、どんな過去であったとしても
未来の自分は変えることができると確信しています。

 

だから一人でも多くの人が自分らしい生き方を見つけ、
世の中がもっと明るくなってほしい。

そんな想いを持ちながら情報を発信しています。

 

なので自分らしい生き方が見つかるように
僕が自分らしい生き方を見つけるまでのストーリーを
一冊の本にまとめてみました。

 

いまだけ無料で読めますので、
良かったら読んでみてください。

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

おすすめの記事