街の電気屋さんが潰れない理由。弱者が強者に勝つ方法。

どうも、ぶっちーです。

 

いきなりですが、あなたの住んでる地域に
街の電気屋さんはありますか?

 

いまにも潰れそうなのに
なぜかずっと潰れない電気屋さんって
見かけたことはあると思います。

 

僕の住んでる地域にもあります。

 

 

なぜいまにも潰れそうなのに
ずっと経営できてるのか?
気になりませんか?

 

僕も気になってたので調べてみたところ、
潰れない理由があることがわかりました。

 

今回、その秘密について話していきますが、
今回の話って個人のビジネスでも大事な考え方です。

 

特に弱者が強者に勝つ事例として
学びになると思います。

 

「自分には実力も実績もないし…」

 

強者と比べてへこむ必要はありません。
弱者には弱者の戦略があります。

 

ということで、詳しく話していきますね。

 

 

街の電気屋さんが潰れない理由

 

街の電気屋さんがなぜ潰れないのか?
ということなんですが、
それはもちろん利益が出てるからですよね。

 

そして、利益が出てるということは、
必要としてる人がいるということです。

 

 

じゃあ誰が必要としてるのか?

 

普通に考えたらニーズなんてなさそうですよね。

 

家電量販店に行けば品揃えが豊富ですし、
安さで言ったらネット通販には適いません。

 

街の電気屋さんは見た感じボロいし、
品揃えも悪い。

 

値段と言えば・・・
決して安いとは言えない。

 

街の電気屋さんを必要としてる人なんているの?
って感じですよね。

 

 

ですが、それでも必要としてる人がいます。

 

どんな人でしょうか?

 

少し考えてみてください。

 

 

・・・

 

 

・・

 

 

ヒントは家電量販店やネット通販を
使いにくいと感じている人たちです。

 

 

・・・

 

 

・・

 

 

OKですか?

 

では答えを言いますね。

 

答えは高齢者の人たちです。

 

 

そもそも高齢者の人たちにとって、
家電量販店にまで足を運ぶのって大変ですよね。

 

車を運転するのも大変ですし、
免許を返納した人だったら
家族に車を出してもらわないといけません。

 

そして、お店に行ったら行ったで
商品がたくさんありすぎて
どれを選べばいいかわからない…

 

店員さんに話を聞けばいいけど、
専門的な話についていけるかわからない。

 

それに、そこまで親しくない店員さんに
しつこく話を聞くのもちょっと…

みたいな心配もあるかもしれません。

 

 

そして、仮にお店で商品を買ったとしても、
家に帰って設置したり、難しい説明書を読んで
使い方を覚えないといけない。

 

これってかなりの苦労だと思うんですよ。

 

 

また、高齢者の人はネットに疎いもの。

 

いくら価格が安くてもネットで物を買うのは
高齢者にとっては一苦労です。

 

 

こういった背景があるからこそ、
街の電気屋さんは必要とされてるわけです。

 

街の電気屋さんであれば、
困ったことがあればすぐに来てくれます。

 

それに慣れ親しんだ店員さんなので、
わからないことも気軽に聞けます。

 

 

しかも細かなサービスにも対応してくれます。

 

例えば、エアコン取り付けはもちろん、
蛍光灯の交換、電化製品の修理など。

 

ほかにも水回りのトラブルの対応や
障子や網戸の張替えなんかにも対応してくれる
電気屋さんもあるくらいです。

 

もちろん蛍光灯の交換とか小さなことは
たいしたお金にはなりません。

 

でも、こうした小さな積み重ねが信頼につながって、
後々の家電の購入にもつながったりするんですね。

 

しかも高齢者はお金は持っているもの。

 

なので、安心して商品を買えるんだったら
喜んでお金を払ってくれるわけです。

 

 

ちなみに僕の住んでる地域にも
いまにも潰れそうな電気屋さんがありますが、
しぶとく経営しています。

 

それもやはり地域密着型による
細かなサービスのおかげなんですね。

 

僕が小学生だった頃なんですが、
家に雷が落ちたことがあって、
テレビや電話などが故障したことがあります。

 

その時は翌日すぐに街の電気屋さんに来てもらって、
対応してもらいました。

(結局、すべて買い替えでしたが笑)

 

これって家電量販店だったらサポート外です。

 

街の電気屋さんだからこそ対応してくれました。

 

 

あと、これは関係ないかもですが、
街の電気屋さんで猫が生まれたっていうので
その猫をもらってきたこともあります。

 

 

これも地域密着だからこその
出来事と言っていいかもしれません。

 

実績のない弱者が強者に勝つ方法

 

今回話した内容は弱者が強者に勝つ方法です。

 

ビジネス用語ではブルーオーシャンと言います。

 

大型の家電量販店やネット通販などは
ライバルがひしめくレッドオーシャン。

 

血で血を争うような戦いを強いられるので、
弱者はそこでは勝負してはいけません。

 

なので、弱者は街の電気屋さんみたいな
密着型のサービスを提供すればいいってことです。

 

 

例えば、ネットでの情報発信なら、
読者さんと積極的に交流してみるとか。

 

問い合わせが来たらすぐに返信したり、
あるいは個別にスカイプをしてあげたり。

 

ほかにもその人のためだけに動画を撮ったり、
PDFを作って渡してあげたり。

 

こういった戦略が弱者は取れますし、
しかも信頼関係も築きやすくなります。

 

 

で、こういった戦略って
強者はなかなか取りにくいものなんですね。

 

というのも強者はすでに
多くのファンがいるからです。

 

例えば、ホリエモンのメルマガは
15000人以上が登録してると言われています。

 

これだけの規模になると一人ずつ対応するのは
どう考えても無理です。

 

なので、一人一人との関係性は薄くなって、
どうしても距離が出てしまうものなんですね。

 

 

ただ、弱者であれば読者との距離は近いです。

 

そこにチャンスがあります。

 

 

心理学の用語でザイオンス効果というものがあります。

 

簡単に言うと、何度も接触する物や人に
親近感や好意を持つ心理のことです。

 

最初は友達だと思ってた異性のことを
何度も会ううちに好きになってた、
なんてのもこのザイオンス効果です。

 

弱者は読者との距離が近い分、積極的に交流することで
ザイオンス効果によって好意を持たれやすくなります。

 

そういった戦略が弱者にはできるってことです。

 

 

ちなみに親近感があり、信頼できる人からは
商品、サービスを買いやすくなります。

 

僕の両親は農家をやってるんですが、
よく農協の職員がうちに来るんですね。

 

で、保険や積み立ての話を持ってきて、
うちの両親はそれを契約することもあります。

 

ぶっちゃけ保険や積み立てって
調べればもっといい条件のものが
あるはずなんですよ。

 

でもうちの両親は農協の職員と信頼関係ができてるので、
そうやって契約をするわけです。

 

 

あと、前に

 

1つの洋服ブランドを好む友人から学んだリピート戦略の重要性

 

という記事を書いたんですが、
これも信頼関係のいい事例だと思います。

 

僕の友達に1つの洋服ブランドばかり
買う友達がいるんですが、
それは店員さんとの信頼関係があるからです。

 

店員さんが

 

「○○さんにはこれがおすすめだよ」

 

と勧めてくれば、
友達は喜んで商品を買います。

 

信頼関係を築くことで商品も売れやすくなりますし、
何よりリピート購入につながるのも大きいです。

 

 

なので、実績のない人は
このように密着型のサービスをして
信頼関係を築くことをおすすめします。

 

交流することに抵抗がある人もいるかもしれませんが、
そこまで気にすることでもないですよ。

 

僕も最初は抵抗がありましたが、
やってみたらすんなりできました。

 

それより読者さんが喜んでくれたので、
それがすごく嬉しかったです。

 

やっぱりそうやって読者さんに喜んでもらったほうが、
やりがいを感じながらビジネスを続けられると思うんですよ。

 

なので、ぜひ最初は読者さんと近い距離で
ビジネスを進めてみてほしいと思います。

 

 

ちなみに実績がないって人は
こちらの記事もおすすめです。

 

ビリギャルから学ぶストーリー戦略。実績がない人の戦い方。

 

実績がない分、ストーリーの力で
ファンを作ることができます。

 

よかったら参考にしてみてください。

 

では今回は以上です!

 

個人で稼ぐための全体像が学べる電子書籍を無料で読めます

僕は農家を辞めてネット起業し、
3ヶ月後に20万円稼げるようになって独立しました。

 

今は自分の好きなペース、好きな場所で
ストレスフリーで仕事をしています。

 

ただ、僕には特別な才能なんてありませんでした。

 

・いじめを受け自信が持てなくなる
・会社員のころは毎日深夜0時までサービス残業
・詐欺投資ソフトを買い100万円の借金を抱える

 

ですが年収1億円の起業家と出会い、
マーケティングや人の心の動かし方、
ブログの自動収益化の方法などを学び、
自分で稼ぐ力をつけることができました。

 

そんな経験から、たとえ過去の僕みたいに
自信もなく知識やスキルがなかったとしても、
正しいやり方を学んで実践すれば、
稼ぐ力は誰でも身につけられると確信しています。

 

僕は自分に自信がなかったからこそ、
同じような人の気持ちが痛いほどわかります。

 

だから個人で稼ぐ力が身につけば、
自分に自信も持てると思いますし、
自分の好きなことができるようになることで、
自分をもっと好きになれるんじゃないかと思います。

 

そして、自分のことが好きな大人が
もっとたくさん増えてほしい。

 

そんな想いで僕は情報を発信しています。

 

なので、僕がいかに稼ぐ力を
身につけられるようになったのかを
電子書籍の中であなたにお話しします。

 

これからの人生、
あなたらしく生きるための小さな一歩として
よかったら読んでみてください。

 

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

ビジネス全般の関連記事