どうも、ぶっちーです。

 

僕は会社で働いてたころに一瞬だけ
ネットワークビジネスをやったことがあります。

 

ただ、先に言ってしまうと、
ネットワークビジネスは無理ゲーでした。

 

当時の僕からしても無理ゲーですし、
ビジネスの経験値がそれなりにある
いまの僕からしても無理ゲーだと思います。

 

成功の糸口がまったく見えません…

 

ネットワークビジネスで稼いでる人もいますが、
僕からしたら神様にしか見えないですね。

 

 

僕はビジネスの入り口を間違ってしまったわけですが、
今回はネットワークビジネスから得た教訓を話していきます。

 

ビジネスの入り口を間違ってしまうと
僕みたいにえらい目にあいますので、
ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

 

 

とある青年との出会い

 

僕がネットワークビジネスを知ったのは
とある青年との出会いがきっかけでした。

(以下S君とします)

 

S君は僕より2つくらい年下だったと思います。

 

当時の僕が26歳だったので、
S君は24歳くらいですね。

 

 

そもそもなぜS君と知り合ったのか?
ということですが、SNSがきっかけです。

 

 

僕は当時、会社員として働いていましたが、
代わり映えのない毎日に嫌気がさしていました。

 

「毎日なんとなく会社と自宅を行き来するだけ…」
「俺の人生このままでいいのだろうか?」

 

そういう想いが強くなって、
ネットで情報を探しているうちに
SNSを通じてS君と知り合いました。

 

 

S君は独立を目指して頑張っているとのことで、
やはり当時の僕には刺激になりましたよね。

 

やはり平凡な毎日を抜け出したかったので。

 

 

で、S君のほうから食事の誘いがありました。

 

僕はいろいろ話が聞きたかったので、
すぐにOKの返事を出します。

 

 

そして当日。

 

新宿駅で合流して、そのままカフェに移動。

 

場所は忘れましたが、とあるビルのなかにある
クラシックが流れるオシャレなカフェでした。

 

そのカフェで食事をしながら
お互いに自己紹介をしたり、
仕事の話や趣味の話をしたりしました。

 

 

そして、唐突にS君にこんなことを言われました。

 

「今度会わせたい人がいるんだ」

 

もはやネットワークビジネスでは
お決まりの勧誘フレーズですね。

 

ただ、当時の僕は無知だったので、
素直に話を聞いていました。

 

 

S君はその合わせたい人(Tさんとします)について
いろいろ話してきます。

 

「Tさんは僕の師匠なんだ」
「不労所得で稼いでいて毎日自由な生活をしてるよ」

 

 

で、僕は「不労所得」という言葉に
反応してしまいました。

 

副業についていろいろ調べてると
やはり一度は耳にするのが「不労所得」という言葉。

 

「そんなことが本当に可能なのか?」

 

と半信半疑ながらも、
やっぱり気になるものです。

 

 

で、僕はS君の話に釘付けになりました。

 

「Tさんは毎朝目覚ましをかけてないんだ」
「昼間から仲間とフットサルとかバーベキューをしてるよ」
「しかもそうやって遊んでてもお金が入ってくるんだ」

 

当時の僕と真逆のライフスタイルで
正直憧れましたよね~

 

だから

「機会があれば会ってもいいかな」

と僕は言ってしまいました。

 

これが後々の大失敗につながるとは…

 

いきなり渋谷の事務所に連れていかれる

 

前回S君と会ってから1週間後くらいに
再びS君と遊ぶことになりました。

 

今度は渋谷で待ち合わせです。

 

 

時間通りにS君と合流したんですが、
いきなりこう言われました。

 

「これからTさんに会いに行くよ」

 

あまりに急な出来事に僕は

 

「えっ?これから?」
「てか、今日って普通に遊ぶだけだったんじゃ?」

 

こう言いました。

 

 

でもS君はお構いなしにスタスタと歩いて、
Tさんのいる場所に向かおうとしています。

 

 

あ、ちなみにこうやって
目的を告げずに勧誘をするのは違法ですので。

 

勧誘するときは

「ネットワークビジネスの勧誘です」

と言う必要があります。

 

なのでもし強引な勧誘を受けたなら、

「違法行為ですよ」
「もし連れてくなら通報させていただきますので」

と言って断ればOKです。

 

 

で、ですね。

 

当時の僕はそんな違法行為だとか知らなかったので、
言われるがままにS君について行ってしまいました…

 

当時の僕の人格が出てますね。

自信がなくてハッキリ「No」と言えなかったんです。

 

 

で、気づけば渋谷のとあるオフィスに
到着していました。

 

このときはマジで恐怖でしかなかったです…

 

わけもわからず連れていかれて、
見ず知らずの人に会わされる。

 

しかもこじんまりとしたオフィスだったので、

「この密閉された空間…」
「逃げ場ねーじゃん…」

と不安でしかなかったですね。

 

ネットワークビジネスの勧誘を受ける

 

そして、オフィスのなかに入ると
S君の師匠であるTさんがいました。

 

Tさんは長身のイケメンでした。

 

話を聞くとTさんはもともと
芸能関係の仕事をしていたとのこと。

 

ドラマにも出演したことがあるそうなんですが、
芸能界は引退してネットワークビジネスで
生計を立ててるんだとか。

 

「こんな爽やかなイケメンでも
芸能界では生き残れないのか~」

 

芸能界って厳しい世界なんだと僕は思いました。

 

 

で、僕はTさんから
ネットワークビジネスについて
詳しく説明されました。

 

・どういうビジネスモデルなのか?
・なぜ不労所得になるのか?
・どうやってビジネスをやればいいのか?

 

最初は疑っていた僕ですが、
聞けば聞くほどネットワークビジネスに
可能性を感じるようになっていました。

 

「このビジネスすげー!」
「これならたしかに不労所得も夢じゃない!」

 

 

Tさんがやっていたネットワークビジネスの会社は
ネットワークビジネス界でもかなりの大手です。

 

それにビジネス自体もなんら違法性はありません。

 

むしろ真っ当なビジネスだなと思いました。

 

・会社
・販売員
・お客さん

 

この3者にとってちゃんとメリットがある
ビジネスモデルだったんです。

 

 

で、気づけば僕は会員になるために
契約書にサインしていました(笑)

 

オフィスに入る前は

 

「ヤバい、どうしよう…」
「騙されてるんじゃ?」

 

と思っていた僕が、

 

「俺もこのビジネスで稼ぎたい!」
「いや、絶対稼げる!」

 

と自信満々になっていました。

(単純すぎ…笑)

 

 

そして、さらに僕をやる気にさせる出来事が。

 

なんとちょうど次の日にネットワークビジネスの
大規模なセミナーが開催されるらしいんです。

 

このセミナー、年に1度の大規模イベントで
全国から会員の人たちが集まります。

 

「チケット余ってるからぶっちーも来れば?」

 

そうTさんに言われました。

 

 

ただ、次の日に友達との予定があった僕は迷いました。

 

「年に1度のイベント…」
「でも予定をキャンセルするのも友達にも悪いし…」
「あ~、でも友達とはいつでも遊べるか~」

 

迷ったとは言っても、
割とすぐに答えは出たんですけどね。

 

結局、友達には

「ゴメン、明日都合が悪くなった」

と言って、予定をキャンセルしました。

(最低です…)

 

 

まあ、最低なことはしてましたが、
内心ワクワクしてましたよね。

 

「どんなイベントなんだろう?」
「なんか人生が変わりそうな気がする」
「てかいきなり年に1度のイベントを引き当てるなんて俺って持ってるな」

 

こんな感じでかなり浮かれていました(笑)

 

年に1度の大規模セミナーに参加

 

で、大規模セミナーに参加したんですが、
マジで大規模すぎてビビりました…

 

横浜のとあるホールを貸し切っての
大規模イベントです。

 

たぶん普通にコンサートとかもやっていそうな、
それくらい広い会場でした。

 

その会場に何千人、もしかしたら1万人くらいの人が
集まっていたかもしれません。

(どんだけ会員いるんだよ…)

 

 

で、セミナーでは会員のなかでも
特に成功している人がステージに立って話をします。

 

・ネットワークビジネスに出会う前の話
・出会ったきっかけ
・出会った後に一変した人生

 

こういった逆転ストーリーを話してくれて、
そりゃあもう心が躍りましたよね。

 

当時、僕はサラリーマンとしてモヤモヤしてたので、
そういった逆転ストーリーは心に響きました。

 

「自分もこうなりたい」
「いや、絶対になってやる!」

 

そう思いながらワクワクしていました。

 

 

で、最後に大トリの登場です。

 

そのネットワークビジネスの組織のなかでも
最も成功している人がステージに立ちました。

 

すると会場にいた人たちが
一斉にスタンディングオベーション。

 

「えっ?えっ…?」

 

僕は戸惑いましたが、その場の雰囲気に流されて
一緒にスタンディングオベーションをしてしまいました。

(この場面って冷静に考えると気持ち悪いです…)

 

 

でも大トリの人の話もまた
心を揺さぶるものでした。

 

もともとは何も持たない平凡だった人が手にした
人生の逆転ストーリー。

 

お金に不自由することなく、
好きなときに好きな場所に行けて、
素敵な仲間に囲まれた生活。

 

ステージの後ろに映し出されたスクリーンには
世界中を旅して楽しそうにしている姿だったり、
著名人と仲良くツーショットで並んでいる写真などが
映し出されています。

 

そういった理想の世界を見せられた僕は
ますます興奮しましたよね。

 

「マジで今日来てよかった!」
「俺も早くビジネスを始めたい!」

 

そんな気持ちになっていました。

 

いざビジネスを開始するも…

 

セミナーに参加した後は
何回かTさんのもとに足を運んで
ビジネススキルを学びました。

 

僕はビジネスが未経験だったので、
いきなりスタートしても失敗するのは目に見えています。

 

だから、はやる気持ちを抑えながら
まずはちゃんと勉強しました。

 

 

で、しばらくしてTさんからOKが出たので
僕はネットワークビジネスをスタートさせます。

 

誰にアプローチしようか悩みましたが、
まずは身近な人に声をかけてみよう
ということになりました。

 

まずは大学や高校の友達に
声をかけてみることにしました。

 

 

ただ、ですね…

 

これが大失敗・・・

 

 

最初に声をかけたのは大学の友達です。

 

遊ぶ約束をして、焼肉屋でご飯を食べて、
その後にネットワークビジネスの話を持ちかけました。

 

するとさっきまでの楽しい雰囲気から一変。

 

いままでに見たこともないような
嫌悪に満ちた恐ろしい顔で

 

「マジでやめてくれ」
「もうその話はするな」

 

と一方的に拒絶されました。

 

 

「ネットワークビジネスの魅力がわからないとは」
「かわいそうだな~」

 

僕は友達に対してそんな気持ちでしたが、
どう考えても間違ってたのは僕です。

 

いきなり怪しいビジネスの話を持ちかけて、
楽しい雰囲気を台無しにして。

 

 

でも当時の僕はめげずに活動を続けます。

 

その後は会社の後輩や高校の友達にも
声をかけました。

 

でも当然うまくいくはずがありません。

 

会社の後輩とはそれっきり
連絡が取れなくなりましたし、
高校の友達にもやはり断られました。

 

 

ただ、ありがたかったのが、
高校の友達が全力で僕のことを止めてくれたことです。

 

普通なら疎遠になってもおかしくないのに、
その友達は全力で僕のことを止めてくれました。

 

しかも後日、その友達は神社に行って

「ぶっちーが元の世界に戻ってきますように」

と、お祈りをしたんだとか。

 

この友達には本当に感謝しています。

 

 

そして、必死に説得された僕はハッとします。

 

「いままで何をやってたんだ?」
「人に迷惑をかけるなんて俺って最低だな…」

 

こうしてようやく目を覚ましたわけです。

 

 

幸い声をかけたのは3人だけだったので、
人間関係を大きく崩壊させることもありませんでした。

 

この点だけは不幸中の幸いかなと。

 

1ヶ月でネットワークビジネスを辞める

 

結局、ネットワークビジネスを始めて1ヶ月で
辞める決意をしました。

 

というわけでS君やTさんにも
メールで報告です。

 

 

ただ、やはり説得はされました。

 

「まだ始めたばっかじゃん」
「今度会って話をしよう」

 

そう言われたので
後日レストランで話だけ聞きました。

 

もちろん僕はネットワークビジネスを
辞めるつもりで行きましたが。

 

 

で、とりあえずレストランに行って
最初に食事を済ませました。

 

そして、食事が終わったときのことです。

 

S君とTさんはバッグの中から
おもむろにサプリを取り出して飲み始めました。

 

そのサプリはもちろん
ネットワークビジネスの会社のサプリです。

 

「うわ~、あからさま…」

 

僕は心のなかでそう思いました。

 

 

で、その後に説得をされました。

 

「まだ始めたばかりなのにもったいないよね」
「人生変えないでいいの?」

 

なんか思い出すだけでも気持ち悪いフレーズです…

 

 

もちろん僕はネットワークビジネスを
続けるつもりはありません。

 

なのでハッキリと

「会員は辞めます」

と言いました。

 

すると相手も納得してくれました。

 

 

ただ、その後に言われた言葉が
いまでもハッキリと覚えています。

 

「まあせいぜいサラリーマン頑張ってね」

 

だいぶ見下したような言葉ですよね。

 

「せいぜい頑張れって何だ?」って思いましたし、
こいつらは僕のことを金のための手段にしか
考えてないのかと思いました。

 

 

で、実はこの話には後日談もありまして、
その後に再びS君から連絡があったんですね。

 

「やっぱり辞めるのもったいないよ」

 

そう言ってしつこく説得してきたんですが、
もちろん僕は断りました。

 

そしたらS君は次のような
信じられない言葉を言ってきたんですね。

 

「辞めるのはわかったよ。無理には止めない。」
「でもこれからも商品だけは僕から買ってくれない?」

 

意味不明です。

 

もはや僕のことをお金を稼ぐための手段としてしか
見ていないような発言でした。

 

当然断りましたよね。

 

S君とはそれっきりです。

 

結論:ネットワークビジネスは無理ゲー

 

ちょっと長くなりましたが、結論としては
ネットワークビジネスは無理ゲーってことです。

 

ただ、一応言っておきますが、
ネットワークビジネス自体は違法性はないですし、
ビジネスモデルとして形にはなっています。

 

商品を紹介して売れれば報酬がもらえるという
ちゃんとしたビジネスモデルです。

 

 

で、実際商品の質も良くて、
そういったいい商品を紹介してあげるのは、
本来なら誰にでもメリットがあることのはずです。

 

・商品を紹介された人が実際に商品を使って満足する
・それによって会社の売り上げになる
・売り上げの一部が報酬として紹介者に入る

 

みんなにとってメリットがあるはずなんです。

 

 

ただ、ネットワークビジネスの何が問題かって、
やはり金に目がくらんだ人が多いことですね。

 

金に目がくらんだ人ばかりだから、
無理な勧誘ばかりしてしまうんです。

 

そして、S君みたいに人のことを
金儲けの手段としか見ない人がなんと多いことか。

 

いくらネットワークビジネスが
ビジネスモデルとして形になってても、
それじゃあ評判悪くなるよねって話です。

 

 

それにマイナス評価からビジネスをスタートさせるのって
かなり絶望的だと思いませんか?

 

絶望的に評判の悪いビジネス ⇒ 真っ当なビジネス

 

まずはこうやって相手の価値観を
変える必要が出てきます。

 

あなただったら、相手の絶望的な価値観を
変えられる自信はありますか?

 

・・・

 

・・

 

 

僕には無理ですね。

 

だから僕はネットワークビジネスを
辞めることにしました。

 

 

で、その後にネットビジネスを始めるわけです。

 

なんかネットワークビジネスとネットビジネスって
似たような名前ですよね(笑)

 

でも全然違いますので。

 

ネットワークビジネスは商品を紹介したり、
会員を集めたり、セミナーを開いたり…

 

とにかく労働しまくりなわけです。

 

 

もちろん3年とかでも必死に労働すれば、
不労所得は完成するのでしょう。

 

でも3年とか続けるのって絶対しんどいと思いますし、
評判悪すぎて精神的に持たないと思います。

 

耐えられるのはよっぽど精神的にタフな人か、
あるいはドMな人くらいだけです。

 

 

それに比べてネットビジネスは
なんと気軽なことか。

 

ブログやメルマガを書いて商品を売るので、
対面営業で評判を落とすこともありません。

 

しかも1年も本気で頑張れば、
サラリーマンの給料くらいの不労所得は十分作れます。

 

たぶんネットワークビジネスだったら、
1年でサラリーマンの給料は厳しいんじゃないかな…?

 

 

だからネットワークビジネスで稼いでる人って
僕からしたら神様にしか見えません。

 

相当ハートが強いのか、
あるいは本気で社会貢献だと思ってやっているのか。

 

どちらにしろ僕には無理ゲーでした。

 

 

ということで僕はこれからも
ネットビジネスのほうでコツコツと
積み重ねていきたいと思います。

 

そのほうが効率的ですし、
変に評判を落とすこともないですからね。

 

ということで今回は以上です!

 

P.S. 電子書籍がいまだけ無料で読めます

僕はパソコン一台で副業をスタートし、
いまでは独立して時間に縛られない自由な生活を送っています。

 

ただ、僕には特別な才能があったわけではなく、
むしろマイナスからのスタートでした。

 

周りの目が怖いくらい自分に自信はなかったですし、
副業の選択をミスって100万円の借金を抱えたこともあります。

 

ただ、そんな僕を変えてくれたのが
低資金で始められるネットビジネスとの出会いでした。

 

正しいやり方を学んで実践したことで
いまでは時間やお金、人間関係の悩みから解放され、
自分らしく人生をデザインできるようになりました。

 

その経験から、どんな過去であったとしても
未来の自分は変えることができると確信しています。

 

だから一人でも多くの人が自分らしい生き方を見つけ、
世の中がもっと明るくなってほしい。

そんな想いを持ちながら情報を発信しています。

 

なので自分らしい生き方が見つかるように
僕が自分らしい生き方を見つけるまでのストーリーを
一冊の本にまとめてみました。

 

いまだけ無料で読めますので、
良かったら読んでみてください。

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

おすすめの記事
コメントを残す