クラウドソーシングはブラックバイト。400件発注して思うこと。

どうも、ぶっちーです。

 

今回はクラウドソーシングって
ブラックバイトと同じだよなって話を
していきます。

 

 

僕は過去に400件以上は
クラウドソーシングで
仕事を発注してきました。

 

こちらがクラウドワークス。

 

こっちがランサーズ。

 

 

で、発注側の人間として思うのですが、
クラウドソーシングで働いてる人って
本当に大変そうだなと感じています。。

 

コロナの影響で在宅ワークが増えてきましたが、
特にこれから在宅ワークを考えてる人に
その現状を知ってもらいたくて
今回こうやって書くことにしました。

 

 

 

稼げる人はごく一部?

 

クラウドソーシングで稼いで
生計を立ててる人は実際にいます。

 

専門的なスキルを持っていたり、
長年クラウドソーシングでの実績のある人なら、
高単価な仕事をもらえたりするので、
それだけで月20万円以上の収入になったりします。

 

 

ただ、これはあくまで、
スキルや実績のある人の話。

 

現実的にはそういった高単価な話って
専門スキルのない人や実績のない人には
なかなか降りてこないんですね。

 

なので、初心者さんにとっては
誰でもできるような単価の低い案件しか
残らないようになります。

 

・アンケート
・データ入力
・テープ起こし、文字起こし
・低単価な記事作成

 

など、1件数円~数十円、
よくても1件200~300円とか
ブラックバイトよりもひどい案件しか
残ってなかったりするんですね…

 

低賃金でもやらざるを得ない理由

 

しかも最近はコロナの影響で
在宅ワークに注目する人も増えてきました。

 

そういった背景もあって、
先ほど言ったような低賃金な仕事を
たくさんの人で奪い合うような形に
なってるんですね。

 

いくら単価の高い仕事をしたくても、
単価の高い仕事はスキルのある人や実績のある人に
奪われてしまいます。

 

だから、仕方なく低賃金な仕事を
たくさんのクラウドワーカーと
奪い合う構図になっているんです。

 

 

それに発注者側としても、
できるだけコストは抑えたいもの。

 

多くのクラウドワーカーが
単価の安い仕事しか選べないことを
発注者側もわかっているので、

 

発注者側も強気で安い単価の仕事を
募集できてしまうんです。

 

 

ちなみに僕も昔は
外注さんに仕事をお願いしてた時期がありますが、
ものすごく安い単価でやってもらってました。

 

もちろん葛藤はありましたが。。

 

「外注さんには気持ちよく働いてもらいたい」

「でもできるだけ費用も抑えたい」

 

当時は使えるお金も限られてたので、
申し訳ないと思いながらも
安い単価で記事を書いてもらったりしてました。

(2,000文字で500円とか)

 

時間が限られてるからこそおすすめできない

 

これまでの話から、結局のところ
クラウドソーシングはおすすめしません。

 

安い時給のブラックバイトと変わらないからです。

(ブラックバイトよりひどいかも…)

 

 

クラウドソーシングを始めたいと思う人って、
主婦の方がやはり多いです。

 

本当は会社で働ければいいけど、
子供もいるからそれも難しい。

 

特に最近は待機児童問題で
子供を預けようと思っても預けられない。

 

仮に子供を預けられたとしても、
働きながらの家事や育児の両立は大変だし、

 

子供はすぐに体調を崩したりするので、
そのたびに会社を休んだり早退するのも
後ろめたい気持ちがある。

 

こういった背景から
在宅でできるクラウドソーシングは
取り組む人も多いです。

 

 

ただ、蓋を開けてみれば
やってることはブラックバイトよりひどい。

 

せっかく希望を持って始め、
頑張ろうと思ってるのに、
それが報われないのは悲しいと思うんです。

 

そして、時間が限られてるんだからこそ、
非効率はクラウドソーシングは
僕はやるべきではないと考えてます。

 

時間がないからこそやるべきこと

 

じゃあ何をやればいいの?
ってことなんですが、
ちゃんと資産になる仕事です。

 

例えばブログとかですね。

 

ブログだったら書いた記事が資産になるので、
そこから自動で商品が売れていきます。

 

 

クラウドソーシングでも
記事の作成は仕事としてありますが、
自分でブログを書くのとでは大違いです。

 

片やブラックバイトよりひどい低賃金の仕事で、
片や将来的に10万円、20万円・・・
と自動でお金を生み出してくれる仕事。

 

時間が限られてるからこそ、
労働収入ではなく、
資産収入を作るべきだと思います。

 

 

実際、前に一緒に仕事をしていていた主婦の方も
ブログで月20万円ほど稼いでました。

 

その方は小さなお子さんがいたので、
1日にできる作業は1時間とかです。

 

それでもコツコツとブログを書いていったことで、
将来的なリターンを手に入れてたんですね。

 

しかも、稼げてることによる自信なのか、
充実したオーラややる気が全身から出ていて、
カッコいいママさんだなと
思わず惚れてしまいそうになりました(笑)

 

 

特に主婦の方はずっと子育てで家にいるから、
社会との繋がりも感じられなく、
それが辛いことだと思います。

 

でもブログで世の中に役立つ情報を発信したり、
そこで実際に商品が売れれば、
自分も社会の役に立ってる感覚が得られるはずです。

 

それに自分が稼げるようになることで、
旦那さんに対しても後ろめたさもなくなると思います。

 

そういった意味でもブログはおすすめですね。

 

まとめ

 

といった感じで、まとめとしては

 

・クラウドソーシングはブラックバイトのようなもの

・やるなら資産になる仕事がおすすめ

 

といった感じです。

 

 

時間は限られてますので、
ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

 

 

P.S.

 

ちなみにブログ収益化については
メルマガのほうで詳しく話しています。

 

よかったらチェックしてみてください。

 

個人で稼ぐための全体像が学べる電子書籍を無料で読めます

僕は農家を辞めてネット起業し、
3ヶ月後に20万円稼げるようになって独立しました。

 

今は自分の好きなペース、好きな場所で
ストレスフリーで仕事をしています。

 

ただ、僕には特別な才能なんてありませんでした。

 

・いじめを受け自信が持てなくなる
・会社員のころは毎日深夜0時までサービス残業
・詐欺投資ソフトを買い100万円の借金を抱える

 

ですが年収1億円の起業家と出会い、
マーケティングや人の心の動かし方、
ブログの自動収益化の方法などを学び、
自分で稼ぐ力をつけることができました。

 

そんな経験から、たとえ過去の僕みたいに
自信もなく知識やスキルがなかったとしても、
正しいやり方を学んで実践すれば、
稼ぐ力は誰でも身につけられると確信しています。

 

僕は自分に自信がなかったからこそ、
同じような人の気持ちが痛いほどわかります。

 

だから個人で稼ぐ力が身につけば、
自分に自信も持てると思いますし、
自分の好きなことができるようになることで、
自分をもっと好きになれるんじゃないかと思います。

 

そして、自分のことが好きな大人が
もっとたくさん増えてほしい。

 

そんな想いで僕は情報を発信しています。

 

なので、僕がいかに稼ぐ力を
身につけられるようになったのかを
電子書籍の中であなたにお話しします。

 

これからの人生、
あなたらしく生きるための小さな一歩として
よかったら読んでみてください。

 

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

ビジネス全般の関連記事