13億円で絵画が落札。バンクシーから学ぶ希少性とブランディング

どうも、ぶっちーです。

バンクシーというアーティストがいます。

正体不明のアーティストで街中に社会風刺画を描くアーティストです。

前にこのバンクシーの絵が高額で落札されるニュースが流れていました。

画像引用元:BBC

こちらの絵画がなんと13億円で落札。

たしかに高額ですが、僕はこのニュースを聞いた時になるべくしてなったと思いました。

というのもバンクシーはその存在自体がブランディングされているからなんです。

ブランディングを学ぶ上でもバンクシーという存在は非常に勉強になるので今回記事にしてみました。

バンクシーの価値を高めているのは希少性

なぜここまでバンクシーという人物が価値ある人物になっているかと言うと、彼の存在自体が希少性の高いものだからです。

バンクシーは本当に謎の多いアーティストです。

そもそもの出身国がわかりませんし、性別や年齢も不明。さらにどこに現れるのかもわからない。

気付いたら街中にバンクシーの絵が描かれていたなんてこともあります。

これだけ謎に包まれているからこそ、バンクシーは希少価値の高い存在になっていると言えます。

もちろん絵が上手いというのも価値ではありますが、それだけでは絵画は高額では売れなかったでしょう。

希少価値が高い存在だからこそ、バンクシーの絵画は高額で落札されたということです。

逆にバンクシーに希少性がなかったら?

じゃあ逆にバンクシーに希少性がなかったら?と考えたんですが、やはりここまでのアーティストにはならなかったと思います。

仮にバンクシーのプロフィールとかがハッキリしていたらどう思いますか?

  • イギリス出身
  • 30代男性
  • ○○大学卒業
  • 既婚で子どもは2人
  • 好きな食べ物はローストビーフ
  • 趣味は読書

なんかこうやって具体的に書いてしまうとガッカリな感じしません?(笑)

あとバンクシー本人がもしこんなことを言っていたらどうでしょう?

「あなたの街にいつでも絵を描きにいきます。こちらの連絡先までいつでも連絡してください。」

もはや幻滅ですよね…(笑)

やはり希少性って大事なんだなと思います。

ビジネスにおける希少性の重要性

バンクシーを例に希少性の話をしましたが、ビジネスにおいても希少性って重要です。

仮に僕が

「いつでもあなたのコンサルをします。しかも無料で。」

なんて発信してたらガッカリじゃないですか?(喜ぶ人もいるのかもしれませんが)

希少性なんてものはないですし、

「ああ、この人はいつでもタダで学ばせてくれるんだ~」

と思われ逆ブランディングになってしまいます。

他にも例えば毎日必死になってブログを書いたり、あるいはYouTube動画を必死にアップしたり。

そうやって毎日コンテンツをアップするのに必死感が相手に伝わってしまうと、間違いなく希少性は下がりますし、ブランド力も落ちてしまいます。

だからブロガーさんなんかは希少性を下げてブランド力を下げてると思うんです。

もちろん毎日記事を更新することで親しみやすさはアップするのかもしれませんが、親しみやすいがゆえに希少性がなくブランド力もない人が多いんじゃないでしょうか?

ヒカキンさんはなぜブランド力があるのか?

ちなみにYouTuberのヒカキンさんは毎日動画をアップしています。

「毎日アップしてるなら希少性が下がってブランド力が落ちるんじゃ?」

と思うかもしれませんが、ヒカキンさんについてはYouTuberの第一人者という圧倒的なブランド力があるから問題ありません。

あとヒカキンさん自体がもはや芸能人みたいなもので、住む世界が違うからブランド力があると思うんですよね。

毎日テレビで見るような芸能人もいますが、そういった芸能人は芸能界という僕たちとは違う世界に住んでいるから、希少性が高まっているわけです。

ヒカキンさんももはや芸能人みたいに住む世界が違うから、ブランド力があるということですね。

まとめ

バンクシーの希少性というのはビジネスにも非常に役立つものです。

ただ、ビジネスをやるなら希少性を下げるようなことはしたくないものですね。希少性が下がると高額商品も売れなくなってしまうので。

せっかくなら収益は大きく伸ばしたいところなので、ぜひ希少性を高めてブランド力を高めたいところですね。

では今回は以上です。

おまけ

前に香川県に遊びに行ったときに撮ったバンクシーが描いたと言われているストリートアート。

ただ、この写真を撮った何ヶ月後かにこの絵が消されてしまいました…

画像引用元:毎日新聞

落書きってことで消されたのかもしれません。

でも悲しい…

ただ、落書きってアートでもあって犯罪でもありますからね。線引きは難しいものです。

個人で稼ぐための全体像が学べる電子書籍を無料で読めます

僕は農家を辞めてネット起業し、
3ヶ月後に20万円稼げるようになって独立しました。

 

今は自分の好きなペース、好きな場所で
ストレスフリーで仕事をしています。

 

ただ、僕には特別な才能なんてありませんでした。

 

・いじめを受け自信が持てなくなる
・会社員のころは毎日深夜0時までサービス残業
・詐欺投資ソフトを買い100万円の借金を抱える

 

ですが年収1億円の起業家と出会い、
マーケティングや人の心の動かし方、
ブログの自動収益化の方法などを学び、
自分で稼ぐ力をつけることができました。

 

そんな経験から、たとえ過去の僕みたいに
自信もなく知識やスキルがなかったとしても、
正しいやり方を学んで実践すれば、
稼ぐ力は誰でも身につけられると確信しています。

 

僕は自分に自信がなかったからこそ、
同じような人の気持ちが痛いほどわかります。

 

だから個人で稼ぐ力が身につけば、
自分に自信も持てると思いますし、
自分の好きなことができるようになることで、
自分をもっと好きになれるんじゃないかと思います。

 

そして、自分のことが好きな大人が
もっとたくさん増えてほしい。

 

そんな想いで僕は情報を発信しています。

 

なので、僕がいかに稼ぐ力を
身につけられるようになったのかを
電子書籍の中であなたにお話しします。

 

これからの人生、
あなたらしく生きるための小さな一歩として
よかったら読んでみてください。

 

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

ビジネス全般の関連記事
コメント一覧
  1. 英雄故事 より:

    こんばんわ
    ランキングから来ました
    この画家は全く知りませんでしたが
    これだけのことをするのだから
    自己プロデュース力がかなりあるのでしょうね

  2. ぶっちー より:

    僕もそう思います。

     

    ブランディングになるように
    自己プロデュースしているのかなと。

コメントを残す