シリウスとワードプレスを比較!アフィリエイトに最適なのはどっち?

アフィリエイトでサイトを作る際に役に立つツールが
シリウスワードプレスです。

 

アフィリエイターのほとんどが
どちらかのツールを使っているわけですが、
結局のところどちらがおすすめなんでしょうか?

 

  • どっちが使いやすいの?
  • どっちがSEOで強いの?
  • どういったメリット・デメリットがあるの?

 

こういった疑問ってありますよね。

 

今回の記事ではこれらの疑問を解消するために、
シリウスとワードプレスについて徹底比較していきます!

 

それぞれにメリット・デメリットがあるので、
それらを考慮してどちらを利用するかを
検討してみてください。

 

 

シリウスとワードプレスの簡単な比較

 

最初にシリウスとワードプレスの
簡単な比較を表にまとめてみました。

 

シリウス ワードプレス
特徴 パソコンにインストールして使う ネット上にインストールして使う
価格 上位版:24,800円
通常版:18,800円
無料。有料テンプレート(テーマ)は1~2万円。
SEO
使いやすさ 慣れれば使いやすい
カスタマイズ性
スマホ対応 対応 基本的に対応(テーマによる)

 

先に簡単な結論として、シリウスとワードプレスが
それぞれどういった人におすすめかをまとめておきますね。

 

 シリウスはこんな人におすすめ

  • サイトをサクサク作りたい人
  • 100記事未満の小~中規模サイトを作りたい人

 

 ワードプレスはこんな人におすすめ

  • サイトデザインなどを細かくカスタマイズしたい人
  • 100記事以上の大規模サイトを作りたい人

 

では次からはシリウスとワードプレスの
メリットやデメリットについて詳しく解説していきます。

 

シリウスのメリット・デメリット

 

最初にシリウスのメリット・デメリットについて
紹介していきます。

 

シリウスのメリット

  1. サイトをサクサク作れる
  2. オフラインでも作業ができる
  3. アフィリエイトに必要な機能のみが備わっている
  4. サポートがある

 

まずはメリットから紹介していきます。

 

メリット①:サイトをサクサク作れる

 

シリウスはとにかくサイトを
サクサクと作れるのが魅力です。

 

最初こそ使い方に慣れる必要がありますが、
慣れればスムーズにサイトを作ることができますよ♪

 

過去にホームページビルダーという
サイト作成ソフトで挫折した僕ですが、
そんな僕でもシリウスを使ったことで

 

「えっ、こんな簡単に自分のサイトが作れるの?」

 

と驚くくらいでした。

 

サクサクとサイトが作れるので、
ペラサイトの量産などにも向いていると言えます。

 

メリット②:オフラインでも作業ができる

 

シリウスはパソコンにインストールして使うソフトなので、
オフラインでも作業ができます。

 

ワードプレスはネットに繋がっていないと作業ができないので、
この点ではシリウスの方が優れていると言えます。

 

ワードプレスを使っていると時々ネットの繋がりが悪くて、
記事のプレビューが見られなかったり、
記事の保存ができなかったりする
んですよね…

 

その点シリウスはサイトをアップロードする時以外は
ネットに繋がっている必要がないので、
作業中にストレスを感じることはないでしょう。

 

メリット③:アフィリエイトに必要な機能のみが備わっている

 

シリウスではあれこれ機能を付けすぎることなく、
必要な機能のみが備わっている印象です。

 

  • ランキング
  • テーブル表
  • 吹き出し

 

といった「これがあったら便利だな」という機能が
必要なだけ備わっています。

 

ワードプレスのように細かくカスタマイズできるものではありませんが、
だからこそ必要最小限の機能で作業も迷わずでき、
最優先すべきコンテンツ作成に集中できる
ということですね。

 

メリット④:サポートがある

 

シリウスを使っていれば
何らかのトラブルも起きるかもしれません。

 

そんな時もシリウスならサポートがあるので安心です。

 

実際に僕も何度かサポートに
お世話になったことがありますが、
迅速な対応で非常に助かります。

 

問い合わせページでは

 

「3営業日以内の返信」

 

となっていますが、早ければその日のうち、
遅くても次の日には返信が返ってくる
感じですね。

 

まあ中にはサポートでもお手上げのトラブルも
ありましたが(これは僕のPCの問題です)、
基本的にはサポートで問題は解決するでしょう。

 

シリウスのデメリット

  1. カスタマイズ性が低い
  2. アップロードに時間がかかる
  3. 予約投稿が面倒
  4. データ管理は自分でする必要がある
  5. こまめにデータを保存する必要がある
  6. Macでは基本使えない
  7. 値段はそこそこする
  8. インストールは1ライセンスにつき1つのパソコンまで

 

次にシリウスのデメリットについても
解説していきます。

 

デメリット①:カスタマイズ性が低い

 

HTMLやCSSの知識があれば
シリウスでもカスタマイズはできますが、
初心者さんにはそれは無理です。

 

僕もカスタマイズはできません。

 

ということでシリウスのデフォルトのテーマを
そのまま利用することになります。

 

なので良くも悪くもシリウスっぽいサイトが出来上がります。

 

シリウスが出始めた頃よりもデザインは豊富になっていますが、
それでも「シリウスっぽいサイト」が出来上がるものです。

 

この点は細かくカスタマイズができる
ワードプレスに劣りますね。

 

デメリット②:アップロードに時間がかかる

 

シリウスは記事が増えれば増えるほど
アップロードに時間がかかります。

 

これはサイトデータを全て
アップロードしなければならないからですね。

 

特に100記事を超えるような大規模サイトでは、
シリウスのアップロード時間は非常にかかります。

 

なので100記事を超える大規模サイトを作るなら
ワードプレスの方がおすすめ
です。

 

デメリット③:予約投稿が面倒

 

シリウスでは予約投稿(記事の投稿時間を指定して自動でアップ)も
一応はできますが、設定にひと手間が必要です。

 

過去に僕もシリウスで予約投稿がしたくて
やり方を調べてみたんですが、
どうもやり方が面倒な感じで諦めてしまいました…

 

ワードプレスなら予約投稿のフォームがあるので
簡単に設定ができます。

 

この予約投稿についてはシリウスのデメリットですね。

 

デメリット④:データ管理は自分でする必要がある

 

シリウスはパソコンにインストールするソフトですが、
サイトのデータもパソコンに保存されるようになっています。

 

なのでパソコンが壊れたら
作ったサイトのデータもパーになります。

 

もちろん定期的にデータをバックアップしておけば問題ないんですが、
バックアップを取るのって意外と面倒だったりするんですよね。

 

パソコンの使用メモリもシリウスのデータで
どんどん増えていきますので、
この点はシリウスのデメリットと言えます。

 

デメリット⑤:こまめにデータを保存する必要がある

 

シリウスで作業をしている時に停電でパソコンの電源が落ちたり、
シリウスのメモリーエラー(割と起きます…)で
シリウスが強制終了することがあります。

 

もしこまめにデータを保存していなかったら、
それまでこなした作業が全てパーになります。

 

僕もこれまで何度も作業のやり直しを喰らいました。

 

まあそのおかげで保存ボタンを押すクセは
付いたんですけどね。

 

シリウスに限らず他のソフトでも
こまめに保存するようになりました(笑)

 

シリウスで作業する際はデータの保存を
こまめにする必要があります。

 

デメリット⑥:Macでは基本使えない

 

シリウスはWindows専用のソフトとなっています。

 

Macでは基本的に使えません。

 

ただ、Macでも裏技的にシリウスを使うことはできます。

 

詳しいやり方まではわかりませんが、
Macのパソコンをカスタマイズして
Windows化できるようです。

 

ですが基本的にはシリウスは
Windowsで使うものと考えておいた方がいいでしょう。

 

デメリット⑦:値段はそこそこする

 

シリウスの値段はそこそこします。

 

  • 上位版:24,800円(税込)
  • 通常版:18,800円(税込)

 

一部使える機能が限定される通常版でも
18,800円(税込)と割と高額です。

 

関連記事:ホームページ作成ソフトシリウス|通常版と上位版で選ぶべきは?

 

 

ただ、これも考えようですね。

 

当然ながら1から自分で
ホームページを作るのは大変です。

 

HTMLやCSSなど覚えることが
たくさんあるでしょうから、
かなりの時間と労力を使うことになります。

 

なので2万円ほどをシリウスに投資することで、
時間と労力を節約できると考えることもできますよね。

 

しかもシリウスは買い切りなので、
一度購入してしまえば後は追加料金なしで
一生使い続けることができます。

 

この値段についてはデメリットとして書きましたが、
必要な経費と考えることができますね。

 

デメリット⑧:インストールは1ライセンスにつき1つのパソコンまで

 

シリウスはライセンス制となっています。

 

1つのライセンスにつき1つのパソコンでしか
シリウスを使うことはできません。

 

もし別のパソコンでもシリウスを使いたいなら、
追加ライセンスを有料(税込6,300円)で
発行する必要があります。

 

そして別のパソコンで
シリウスが使えないことによるデメリットは
例えばこんなものですね。

 

  • 普段は自宅のデスクトップパソコンでシリウスを使っていて、気分転換にノートパソコンで外で仕事がしたくても、シリウスが使えない。
  • 外注さんにもシリウスを使って作業してほしくても追加ライセンスが必要になる。

 

この辺はシリウスが
使い勝手が悪いなと感じる部分です。

 

ワードプレスのメリット・デメリット

次にワードプレスのメリット・デメリットについて
紹介していきます。

 

ワードプレスのメリット

  1. ブログ感覚でサクサク記事を投稿できる
  2. 予約投稿が簡単
  3. カスタマイズ性に優れている
  4. 情報収集がしやすい
  5. 場所を選ばず作業ができる
  6. 外注化がしやすい
  7. 無料のテーマ(テンプレート)もある

 

まずはメリットから解説していきます。

 

メリット①:ブログ感覚でサクサク記事を投稿できる

 

ワードプレスなら無料ブログと似た感覚で
記事を書いていくことができます。

 

僕自身アフィリエイトは
無料ブログからスタートしているので、
ワードプレスで記事を書くのは
比較的すぐに慣れました。

 

文字を装飾したり画像を入れたり、リンクを挿入したり、
無料ブログと同じようにサクサクと記事を書いて
投稿することができますよ♪

 

メリット②:予約投稿が簡単

 

ワードプレスの予約投稿はシリウスよりも簡単です。

 

記事投稿画面に公開日時を指定する箇所がありますので、
そこで公開日時を指定するだけでOK。

 

あとは投稿ボタンを押せば、
指定した日時に記事を勝手にアップしてくれます。

 

パソコンの電源を切っていても
勝手にアップされてるので便利でいいですよね♪

 

メリット③:カスタマイズ性に優れている

 

やはりこれはワードプレスの大きなメリットですね。

 

シリウスとは違ってワードプレスは
カスタマイズ性に優れています。

 

デザインやプラグインなどを
自分好みにカスタマイズすることで、
完全オリジナルな自分だけのサイトが出来上がります。

 

 プラグインとは拡張機能のことです。初期のワードプレスは最低限の機能しか備わっていませんが、プラグインを追加することで自由に機能を拡張できます。

 

シリウスでもカスタマイズはできますが、
そのためには専門知識が必要です。

 

なので専門知識がない人は
シリウスをカスタマイズしないで
使うことになるでしょうから、
そうなるとありきたりなデザインの
サイトになってしまいます。

 

ワードプレスのサイトなら自分好みのサイトに
カスタマイズすることができますよ!

 

メリット④:情報収集がしやすい

 

カスタマイズをする際にしろ、
トラブルが起きた際にしろ、
ワードプレスは情報収集がしやすいです。

 

なぜならワードプレスは利用者が圧倒的に多いから。

 

統計データによると全世界のウェブサイトのうち
ワードプレスサイトは全体の30%もある
そうです。

 

これだけ多くの人がワードプレスを使っているわけですから、
情報収集しやすいのも納得できますよね。

 

カスタマイズの方法やトラブル時の対処方法など、
いろんなサイトで情報を集めることができます。

 

メリット⑤:場所を選ばず作業ができる

 

ワードプレスはIDとパスワードさえあれば利用できるので、
ネットさえ繋がっていれば場所を選ばずどこでも作業ができます。

 

先ほども言いましたが、シリウスは1ライセンスにつき
1つのパソコンにしかインストールできません。

 

なので、自宅のデスクトップパソコンと
外出時のノートパソコンといった感じで、
2台のパソコンでシリウスを使うことはできないんです。

 

その点ワードプレスはどこでも作業できるのが
ありがたいですよね。

 

僕自身も普段は自宅のデスクトップパソコンで作業をして、
気分転換に外でノートパソコンで作業をしています♪

 

メリット⑥:外注化がしやすい

 

先ほども言ったように、ワードプレスは
IDとパスワードがあれば作業ができます。

 

なので外注化がしやすいのもわかりますよね。

 

外注さんにIDとパスワードを渡すだけで、
すぐに記事作成に取り掛かってもらえます。

 

これがシリウスの場合だと、
追加ライセンスを発行しないことには
外注さんはシリウスを使えませんからね。

 

しかもその後、外注さんのパソコンに
シリウスをインストールしてもらう必要があります。

 

インストール方法の説明も面倒でしょう。

 

シリウスと比較するとワードプレス方が
外注化が簡単なのがわかりますよね。

 

メリット⑦:無料のテーマ(テンプレート)もある

 

シリウスは2万円ほどの初期費用がかかりますが、
ワードプレスなら無料のテーマもありますので、
初期費用を抑えることができます。

 

もちろん有料テーマの方がカスタマイズ性に優れていたり、
サポートが付いていたりとメリットが多いんですが、
無料のテーマでも十分きれいなサイトが出来上がります。

 

それにテーマの変更はいつでも簡単にできますからね。

 

最初は無料のテーマから始めてみて、
後々デザインにこだわって
有料テーマに切り替えてもいいでしょう。

 

ワードプレスのデメリット

  1. 慣れるまでは大変
  2. 調べることが多い
  3. オフラインでは作業ができない
  4. MySQLが必要

 

では次にワードプレスのデメリットについても
紹介していきます。

 

デメリット①:慣れるまでは大変

 

ワードプレスは慣れれば使いやすいんですが、
おそらく慣れるまでは独特のクセに
手こずるかもしれません。

 

必要なプラグインを導入したり、
デザインをカスタマイズしたり、
各種設定をしたり…

 

慣れてしまえばどうってことないんですが、
やはり最初のうちはいろいろ覚えることがあって大変です。

 

そこは頭に入れておきましょう。

 

デメリット②:調べることが多い

 

ワードプレスはカスタマイズの自由度が高いのが
メリットでもありデメリットです。

 

つまり、カスタマイズの自由度が高いからこそ、
カスタマイズのためにはいろいろと
調べなければならない
ということですね。

 

あとはワードプレスを使っていると
様々なトラブルが起きるかもしれません。

 

そういった時もたくさんある情報の中から、
自分で情報を探して解決する必要があります。

 

ただ、たくさんの情報があるからこそ、
トラブルも解決しやすいんですけどね。

 

デメリット③:オフラインでは作業ができない

 

ネットが繋がっていればどこでも作業できるのが
ワードプレスのメリットですが、
逆を言えばネットに繋がっていなければ作業はできません。

 

とは言えアフィリエイトは
ネットに繋ぎながら作業するのが普通なので、
特に問題ないとは思いますが。

 

もしオフラインで作業をしたいなら、
メモ帳などで記事の下書きをすればいいでしょう。

 

デメリット④:MySQLが必要

 

ワードプレスを運営するにはレンタルサーバーで
MySQLというデータベースを作成する必要があります。

 

MySQLとは要はワードプレスサイトのデータを
格納する倉庫のようなものですね。

 

1つのワードプレスサイトを作るには
MySQLが1つ必要になります。

 

 1つのMySQLに対して複数のワードプレスサイトを格納することも可能です。ただ、エラーが発生したり表示速度が遅くなる可能性があるので、ここでは1つのMySQLに対して1つのワードプレスサイトを格納する場合で話を進めて行きます。

 

そして作成できるMySQLの数は
レンタルサーバーごとに違ってきます。

 

仮に作成できるMySQLの数が10個だとしましょう。

 

この場合、ワードプレスサイトが
10個作れるということになります。

 

このように作成できるMySQLの数に上限がある場合は、
作れるワードプレスサイトの数が限られてしまう
というデメリットがあるんです。

 

つまりワードプレスはサイト量産に向かない
ということなんですね。

 

もちろん中にはMySQLの数が無制限の
レンタルサーバーもありますが、
そういったレンタルサーバーは料金が若干高くなります。

 

なので、もしサイト量産をしたいなら
シリウスの方がおすすめです。

 

SEOに強いのはシリウスとワードプレスのどっち?

 

SEOの強さについては正直シリウスでも
ワードプレスでも変わりません。

 

結局はコンテンツの質次第ということになります。

 

シリウスとワードプレスのどちらを使おうが、
コンテンツが悪ければ上位表示できませんし、
逆に良質なコンテンツなら
上位表示も期待できるということです。

 

ただ、細かな部分なんですが
シリウスの方がサイトの構造が
おかしな部分がある
んですけどね。

 

シリウスではなぜかh1タグの次が
h3タグという変な構造になっています。

 

(h1の次にh2を持ってくることもできるみたいですが、
 詳しいやり方はわかりません。ここでは省略します。)

 

本来ならh1、h2、h3…といった感じの階層にするのが
SEO的には正しいんですが、
シリウスでは発売以来ずっとこの謎の階層のままです。

 

関連記事:意外と皆間違ってる!正しくhタグを理解して使い方を習得しよう!

 

 

まあだからと言って、それが大きく
シリウスのサイトの評価を下げていることも
ないと思いますけどね。

 

シリウスのサイトでも上位表示は狙えますし。

 

一応シリウスの気になった点として
書かせていただきました。

 

ペラサイトの量産ならシリウスとワードプレスのどっち?

 

ペラサイトを量産するなら
シリウスの方がおすすめ
です。

 

これは先ほどもワードプレスの
デメリットの所で話しましたが、
ワードプレスはレンタルサーバーによって
作れるサイトの数に上限がある
からです。

 

それに対しシリウスなら
レンタルサーバーの容量をオーバーしない限り、
好きなだけサイトを量産できます。

 

なのでペラサイトを作るなら
シリウスの方がおすすめです。

 

シリウスなら簡単な初期設定をして、
あとはサクサクとサイトを作れますよ♪

 

シリウスとワードプレスの比較まとめ

 

今回はシリウスとワードプレスを
徹底比較してきましたが、

 

「結局どっちがおすすめなの?」

 

と思ったかもしれません。

 

なので、とりあえずまずは作りたいサイトの規模で
シリウスかワードプレスかを検討してみてください。

 

  • 100記事未満の小~中規模サイト ⇒ シリウスがおすすめ
  • 100記事以上の大規模サイト ⇒ ワードプレスがおすすめ

 

あとはシリウスとワードプレスの
それぞれのメリットも含めて、
どちらにするかを検討してみるといいでしょう。

 

 シリウスのメリット

 

  • サイトがサクサク作れる
  • すぐに使い慣れる

 

シリウスについては別記事でも解説してますので、
こちらも参考にしてみてください。

 

シリウスの解説記事を読む

 

 

 ワードプレスのメリット

  • カスタマイズ性に優れている
  • 場所を選ばず作業ができる
  • 外注化がしやすい
  • 初期費用を抑えて始めることができる

 

こういったメリットがありますので、
自分に合った方を選んでみてくださいね。

 

P.S. 電子書籍がいまだけ無料で読めます

僕はパソコン一台で副業をスタートし、
いまでは独立して時間に縛られない自由な生活を送っています。

 

ただ、僕には特別な才能があったわけではなく、
むしろマイナスからのスタートでした。

 

周りの目が怖いくらい自分に自信はなかったですし、
副業の選択をミスって100万円の借金を抱えたこともあります。

 

ただ、そんな僕を変えてくれたのが
低資金で始められるネットビジネスとの出会いでした。

 

正しいやり方を学んで実践したことで
いまでは時間やお金、人間関係の悩みから解放され、
自分らしく人生をデザインできるようになりました。

 

その経験から、どんな過去であったとしても
未来の自分は変えることができると確信しています。

 

だから一人でも多くの人が自分らしい生き方を見つけ、
世の中がもっと明るくなってほしい。

そんな想いを持ちながら情報を発信しています。

 

なので自分らしい生き方が見つかるように
僕が自分らしい生き方を見つけるまでのストーリーを
一冊の本にまとめてみました。

 

いまだけ無料で読めますので、
良かったら読んでみてください。

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

おすすめの記事