どうも、ぶっちーです。

僕はカントリーマアムというお菓子が大好きです。あのしっとりした触感と絶妙な味付けがたまらなく好きなんですよね。

そんなカントリーマアムなんですが、以前と比べて内容量がめちゃくちゃ減っているのをご存じでしたか?

たぶんカントリーマアム好きの人なら常識だと思いますが。

この事態はカントリーマアム好きの僕からしたら大打撃なんですが、それだけじゃなくて日本全体の危機なんじゃないかなと思っています。これは大げさじゃなくて。

今回はカントリーマアムの内容量が減ったことから感じたことを話していきます。

10年間で10枚も減ったカントリーマアム

先に結論を言ってしまうと、カントリーマアムは10年間で10枚も内容量が減っています。

もともと30枚だったのが今や20枚。減りすぎです…

もちろん一気に10枚も減ったわけではなく、徐々に減っていきました。

年月 枚数 1枚あたりの重さ 1袋の合計重量
2005年 30枚 11.0g 330g
2007年 28枚 10.5g 294g
2008年 24枚 10.5g 252g
2011年 22枚 10.5g 231g
2014年 20枚 10.5g 210g
2016年 20枚 10.0g 200g

参照:内容量が減った商品wiki

2005年は僕が大学生の頃なんですが、この頃はなんと30枚も入っていたんです。しかも1枚あたりの重さも重い!

だから大学生の頃は、大学の寮の同期と毎日のようにカントリーマアムを食べてましたよね。

おかげで当時の僕は今よりも20キロくらい太っていましたが…

それだけ大学生にとって大容量のカントリーマアムは魅力的だったということです。

でもいつからかカントリーマアムも枚数が減っていくようになりました。

最初は28枚に減ったんですが、この時はかなり衝撃を受けましたね。

「何っ!?カントリーマアムが減ってるじゃないか!これは事件だ」

やはり大学の寮の同期との間でも話題になりました。

で、その後も内容量の減少が止まらず、24枚、22枚と減っていき、気付けば20枚に減っていました…

  • 枚数:30枚 ⇒ 20枚(33%減)
  • 重量:330g ⇒ 200g(39%減)

めちゃくちゃ減ってますね…

他にも内容量が減っているものは多い

ちなみにカントリーマアム以外にも内容量が減っているものはたくさんあります。

  • かっぱえびせん:100g ⇒ 85g
  • サッポロポテト:95g ⇒ 80g
  • ポリンキー:77g ⇒ 60g
  • たけのこの里:84g ⇒ 70g
  • プリングルス:170g ⇒ 110g

プリングルス減りすぎです…(笑)

ちなみに雪見だいふくが個人的には衝撃的でした。

年月 内容量 価格
2007年 50ml×2 89円(税抜)
2011年 47ml×2 130円(税抜)
2018年 47ml×2 140円(税抜)

参照:内容量が減った商品wiki

雪見だいふくは内容量はそこまで減っていませんが、代わりに値段がものすごい上がっています。

てか雪見だいふくって昔は100円もしなかったんですね。そのことが衝撃です。

あとはタバコなんかも値上がりしていますよね。昔は300円程度で買えたタバコも、今では500円するタバコも出てきています。

そんな感じで日本全体で商品の値上がりだったり、内容量の減少などが起きています。つまり物価が上昇しているということですね。

物価の上昇に対して給料は上がらない

身の周りで物価の上昇が起きていますが、それに対して給料が上がっているのか?と言われると、上がっていないですよね。

年間で上がる給料なんて微々たるものです。僕も会社員時代は本当に微々たるものしか給料が上がりませんでした…

で、物価が上がってるのに給料が増えないということは、相対的にはお金が減っているということですよね。

この事実から目を背けている人って多いんじゃないかなと思います。

貯金しておくだけは非常にマズい

僕がさらにマズいと思っているのが、多くの人がせっかくのお金を貯金してしまっているということです。

物価が上がっているのに、お金をただ寝かしておく。つまりそれって実質的にお金が減っていっているのをただ眺めているだけと同じことです。

仮に今100万円の貯金があったとしても、10年後の価値が下がっていることは大いにあり得ます。

今100万円で買えていた物が、10年後には買えなくなっているなんてこともあり得る話です。

知識に投資することが大切

じゃあ貯金がマズいならどうすればいいの?ということですが、知識に投資することが大切になってきます。

貯金していてもお金の価値は減る一方ですが、知識だったら増えることはあっても減ることはありません。

しかもその知識によってお金をいくらでも生み出すことができます。

万が一、収入が0になったとしても、今までに溜めてきた知識を使って収益が発生する仕組みを作り直せばいいだけの話です。

僕自身、今までネットビジネスのために知識に投資をしてきたので、ネット上から収益を発生させる知識を身に着けています。

つまり万が一のことが起きても、知識があるのでいくらでも再起できるということです。

では知識がなかったらどうなるか?当然再起はできません。

もしサラリーマンの人が会社をクビになったとしても、知識があればその知識を使って自分のスキルをマネタイズし、独立することもできるでしょう。

でも知識がないとマネタイズができないので、そうなると誰かに雇ってもらうしか道はありません。

サラリーマンだと年齢が上がると再就職も厳しくなってきます。

また、会社をクビになることはなくても、会社の経営が傾くことは十分あり得ますし、自分の身体に万が一のことが起きないとも限りません。

そういったことを考えると、知識に投資するのがいかに大切なのかがわかると思います。

知識に投資しない人が多いから投資するだけで勝てる

知識に投資するのは重要ですが、その重要性を理解してちゃんと投資している人は少ないです。

実際、勉強している人って少ないですからね。だから余裕で勝てたりするんです。

例えばちょっと昔のデータですが、日本人で読書をしている人の割合を調査したものがあります。

1ヶ月あたりの日本人の読書量

  • 読まない … 47.5%
  • 1~2冊 … 34.5%
  • 3~4冊 … 10.9%
  • 5~6冊 … 3.4%
  • 7冊以上 … 3.6%

参照:文化庁 平成25年度「国語に関する世論調査」の結果の概要

日本人の過半数が読書をしないそうです。だから勉強するだけで過半数の人は簡単に追い抜けるという。

あとネットビジネスについても、やっぱり勉強していない人が多いです。だから知識に投資するだけで余裕で勝てます。

無料で何とかしようとする人が本当に多い印象ですが、無料って本当にデメリットしかないんですよね。

  • 「無料の情報だし」と心のどこかで甘えが出てしまう
  • 無料だから情報が薄いし、本当に正しい情報なのかも怪しい
  • 断片的な情報しか集まらないから時間を大幅にロス

僕も最初の1ヶ月くらいは無料の情報で何とかしようとしていました。

でも無料でやるのは本当に非効率なことに気付いたので、そこからは情報に投資するようになりましたね。

ちなみに「知識に投資した方がいい」という情報って、なかなか話しているブログって少ないと思います。

なので、こうした情報にたどり着くこと自体、実はすごいことかもしれません。

ぜひ知識への投資は大事にしてほしいなと思います。

知識にさえ投資していれば全てがうまくいきますし、もしビジネスをやるならビジネスも楽に進めることができるので。

そして僕自身もこれからもっと知識に投資していくつもりです!

といった感じで、カントリーマアムの話からだいぶ大きなところまで来ましたが、物価が上昇しているからこそ知識に投資するのが大事ですよという話でした。

P.S.「自分難民」を抜け出すための教科書を無料プレゼント中

僕は36年間、他人や社会の価値観に染まりながら、
人格を捨てて生きてきました。

自分がどう生きたいかもわからず、
それはまさに「自分難民」のような状態でした。

 

そんな僕も「自分」として生きたいという想いから
ネットビジネスに挑戦。

いまはネットビジネス一本で独立して、
自分として生きる人生を手に入れました。

 

過去の僕と同じように

「どう生きたいかわからない…」

そう悩んでいる人を助けたい。
そんな想いで情報発信をしています。

 

僕が発信する情報を通して、一人でも多くの人が
「自分」としての生き方を取り戻してほしい。

そして、誇れる自分になってほしい。

 

そんな想いから、これまで僕が
ビジネスを通して得た知識やスキルをまとめた
自分難民を抜け出すための教科書を作りました。

 

今だけ無料プレゼント中なので、
良かったら読んでみてください。

無料プレゼントを受け取る

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

おすすめの記事
コメントを残す