大学教授の話ってつまらなくないですか?

僕はつまらないと思っていました。

 

もちろんわかりやすい授業で、
受けてて楽しい教授も中にはあります。

 

でも9割以上の授業は
退屈でつまらないものでした。

 

  • つまらないけど単位のために仕方なく授業に出ている
  • つまらないからやる気も起きない
  • でも単位を取るために勉強しないといけない

 

僕も大学のときはこうだったっけ。

 

ではなぜ大学教授の話はつまらないのか?

これにはちゃんとした理由があります。

 

そして、この理由を知っておくと、
あなたにとっても実はメリットがあります。

 

人とのコミュニケーションにも役立ちますし、
人に何かを伝える際にも役立つことでしょう。

 

人と話すときに大学教授みたいな
つまらない話はしたくないですよね。

 

そうならないためにも、
今回の記事を読んでみてくださいね。

 

 

学生との共通言語で話していないから大学教授の話はつまらない

 

大学教授の話はなぜつまらないのか?

 

その理由は大学教授が
学生との共通言語で話をしていないからです。

 

つまり、学生でも理解できるような言葉にまで噛み砕いて、
大学教授が話をしていないのが、話がつまらない原因
と言えます。

 

 

大学教授というのは
たしかに専門的な知識が豊富です。

 

一般人が理解できないような
難解なことも理解しています。

 

ですが、伝え方に関しては
素人と言わざるを得ない教授が多いです。

 

専門的な知識をそのまま専門的な言葉で
学生に話しても内容は伝わりません。

 

そんな訳のわからない話を一方的に話されても、
学生にとっては苦痛ですよね。

 

だから大学教授の話はつまらないんです。

 

難しい内容でも伝えるのが上手な人の話は面白い

 

大学教授の話は基本つまらないですが、
全員が全員つまらないわけでもありません。

 

中にはわかりやすくて授業が楽しい教授もいます。

 

そういう教授は他の教授と何が違うのか?

 

その違いは難しい内容でも
学生が理解できる言葉で伝えているかどうかです。

 

学生との共通言語で話しているかどうか
とも言い換えられます。

 

 

これができているのは、
例えばジャーナリストの池上彰さん
なんかがそうです。

 

池上彰さんの話は聞いていて
わかりやすくて面白いですよね。

 

これは難しい内容でも、聞いている人が理解できる
共通言語にまで噛み砕いて話しているから、
わかりやすくて面白い
と言えます。

 

だから池上彰さんの解説は、
世代を問わず受け入れられてますよね。

 

大学教授も池上彰さんのように、
学生でも理解できる言葉に噛み砕いて話せば、
きっと面白くなるはずです。

 

 

もちろん中にはわかりやすい言葉を選んで
話をしてくれる大学教授もいます。

 

そういった教授はきちんと学生の目線になって、
どうすればわかりやすく伝わるか
考えているのでしょうね。

 

 

ですが、ほとんどの大学教授は
自分中心で話をしています。

 

おそらく

「内容が理解できないのは学生の理解力がないからだ」

くらいにしか考えていないでしょう。

 

まあこれは仕方のないことです。

 

大学教授って社会に出たことがない人が多いですから、
変わった人が多いんですよね。

 

相手目線で考えられる人が
少ないように感じます。

 

確かに頭はいいんですが、
人に伝えるという分野においては、
勉強不足と言わざるを得ません。

 

せっかくなら人に伝えるという分野でも、
自分の得意分野と同じくらい勉強してほしいものです。

 

あなたの話は大学教授みたいにつまらないものになっていませんか?

 

大学教授の話がつまらないのは
学生との共通言語で話していないから
ということをお話ししましたが、

 

あなたの話は大丈夫でしょうか?

大学教授みたいなつまらない話に
なっていないでしょうか?

 

 

これは決して他人事ではなく、
誰にでもあり得ることです。

 

何気なく相手に話している内容でも、
相手にとってはまったく理解できない内容
なんてこともあります。

 

相手が難しいと思った時点で、
相手はあなたとの会話で
置いてけぼりにされてしまうでしょう。

 

そうなると相手にとって、
あなたとの会話はつまらないものと
捉えられてしまいます。

 

なので、相手に何かを話すときは、
その人が理解できる共通言語にまで
噛み砕いて話すことが大切です。

 

もし意識していなかったなら、
今回の内容は参考になるのかなと思います。

 

 

ちなみに今回の共通言語という考え方は、
ブログなどで人に何かを伝える時も同じです。

 

専門的な知識があると
つい専門的な言葉を使いたくなるものですが、
一般の人にとっては難解な言葉になってしまいます。

 

そうなると

「この人の記事はつまらないな」

と思われ、ページを閉じられてしまいます。

 

そうならないためにも、
相手を意識して共通言語にまで噛み砕いて
情報を伝えるといいでしょう。

 

いかに相手にわかりやすく伝えるか?

これを意識してみてください。

 

P.S. 電子書籍がいまだけ無料で読めます

僕はパソコン一台で副業をスタートし、
いまでは独立して時間に縛られない自由な生活を送っています。

 

ただ、僕には特別な才能があったわけではなく、
むしろマイナスからのスタートでした。

 

周りの目が怖いくらい自分に自信はなかったですし、
副業の選択をミスって100万円の借金を抱えたこともあります。

 

ただ、そんな僕を変えてくれたのが
低資金で始められるネットビジネスとの出会いでした。

 

正しいやり方を学んで実践したことで
いまでは時間やお金、人間関係の悩みから解放され、
自分らしく人生をデザインできるようになりました。

 

その経験から、どんな過去であったとしても
未来の自分は変えることができると確信しています。

 

だから一人でも多くの人が自分らしい生き方を見つけ、
世の中がもっと明るくなってほしい。

そんな想いを持ちながら情報を発信しています。

 

なので自分らしい生き方が見つかるように
僕が自分らしい生き方を見つけるまでのストーリーを
一冊の本にまとめてみました。

 

いまだけ無料で読めますので、
良かったら読んでみてください。

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

おすすめの記事
コメントを残す