スイッチ!「変われない」を変える方法の書評。なかなかの良書です!

スイッチ!「変われない」を変える方法”という本を読んでみました。

そこまで有名ではない本(?)らしいのですが、この本はかなりの良書ですね!

  • 人間がなぜ行動できないのか?
  • 行動するにはどうすればいいのか?

こういったことを理解するのに非常に役立つ本だと思いました。

具体例を交えて人をどのように行動させればいいのかもわかりやすく解説されています。

ということで今回は、実際に本を読んでみた感想などを書いていきたいと思います。

人を行動させるのに必要な要素はシンプルに3つ

この本は300ページを超える大ボリュームなんですが、一貫して言っているのが、人を行動させるのに必要な要素は次の3つであるということです。

  1. 理性に訴えかける
  2. 感情に訴えかける
  3. 環境を整える

この3つを意識することで行動を起こせる可能性が圧倒的に高まります。

逆に行動できないということは、これらのうちどれかが欠けている、あるいは全部が欠けている可能性が高いということです。

で、この本の中で面白かったのが、これら3つの要素を次のように例えてたことですね。

  1. 理性に訴えかける ⇒ 象使いに方向性を教える
  2. 感情に訴えかける ⇒ 象にやる気を与える
  3. 環境を整える ⇒ 道筋を教える

人を行動させるのを象を行動させることに置き換えて紹介しています。

象使いがどのように象を動かしたいのか?その方向性がわかっていても、象がやる気がなければ動きませんよね。(人も感情で動く)

逆も同じで象にやる気があっても、象使いが方向性を見失っていれば上手く連携は取れないものです。(人も方向性が曖昧だと動けない)

そして、仮に象使いと象の連携が取れてたとしても、道筋が見えていなければ行動は上手くいきません。(人の行動は環境でも左右される)

だから象と象使い、そして道筋の3つが重要になってくるということなんですね。

例えが面白くて、なおかつ的を得ているなと思いました。

具体的にどのように人を行動させていくか?

人を動かす3つの要素について紹介しましたが、具体的にどのように行動させてけばいいのか?

ということで先ほど紹介した3つの要素について解説していきますね。

①理性に訴えかける

まずそもそも人って方向性が曖昧だと行動できません。やってしまいがちなのがこんなものですね。

  • 頑張って痩せるぞ!
  • 健康的な身体を手に入れるぞ!
  • 節約するぞ!

昔の僕もこういった決心をしがちでしたが、まあこういった曖昧な決心って上手くいかないものですよね(笑)

だから大事なのは具体的な方向性(ゴール)とそれを達成するための最初の一歩。

例えばダイエットをするならこんな感じです。

  • 2ヶ月で-5kg。
  • そのためにまずは1日30分の散歩から始めてみる。

こんな感じでまずは具体的な方向性と第一歩を決めることで、理性に訴えかけます。

ただ、人間って面白いですよね。いくら具体的でイメージできる行動目標ができたとしても、感情が邪魔してくるんですから。

②感情に訴えかける

理性に訴えかけると同時に感情に訴えかけるのも大事です。

本の中では感情に訴えかける方法がいろいろ紹介されていました。例えばダイエットならこんな感じですね。

  • 恐怖を与える(痩せないと好きな人が振り向いてくれない)
  • ポジティブな動機を与える(痩せることで皆にうらやましがられる)
  • 行動を細分化してハードルを下げる(いきなりジョギングはしなくてもいいから、とりあえずでも外に出てみる)
  • 出来たことに目を向けるてやる気を出させる(今日は外に出ただけでも大きな進歩!)

ちなみに目標達成にはSMARTの法則が大事って聞いたことありませんか?次の5つの頭文字を取ってSMARTです。

SMARTの法則

  • Specific … 具体的である
  • Measurable … 測定可能である
  • Agreed upon … 同意している
  • Realistic … 現実的である
  • Timely … 期限がある

このSMARTの法則を使えば目標達成が可能になるんですが、実際に試しても目標が達成できないなんてこともありました。

なぜかって?それはいくら目標が全然ワクワクしないものだから。例えばこういった目標。

「1ヶ月でブログ記事を30記事書く」

具体的で測定できる目標です。現実的で期限もありますし、僕自身も達成できると同意しています。

でもこの目標をクリアした先にどういったワクワクする未来があるのかを想像できていない。

だから記事を書いていて「なんだかつまらないな~」と感じることもあり、それが行動に悪影響を与えて目標が達成できないなんてこともありました。

なんかSMARTの法則って名前ばかりが独り歩きしてますけど、実はSMARTの法則って感情ありきの法則なんですよね。

SMARTの法則は理性に訴えかけるものであって、感情に訴えるものではありません。

この部分をちゃんと説明しているブログが少ない気がします。

  • SMARTの法則が大事だ!(理性に訴えかけるだけ)
  • マインドが大事だ!(感情に訴えかけるだけ)

このどちらかしか言っていないブログが多いんじゃないでしょうか?

でもこれまでの説明からもわかるように、人って理屈だけでは行動もうまくいかないし、感情だけでも行動はうまくいかないものです。

だから理屈と感情の両方が大事ってことなんですね!

③環境を整える

理性と感情に訴えて行動できるようになっても、それを続ける環境が整ってなければ行動も続きません。またダイエットを例に挙げてみますね。

  • 行動せざるを得ない状況を作る(わざと一つ前の駅で降りて歩くようにする)
  • 習慣にする仕組みを作る(チェックシートに毎日記入する)
  • 仲間を集める(一緒に運動する人を見つける)
  • ご褒美を与える(目標達成したらご褒美で何かを買う)

こんな感じで継続できる環境を整えるのも重要です。

で、特に強制力を働かせるやり方は強力ですね。例えば「ネットサーフィンをやめたい!」という人の例で考えてみましょう。

仮にネットサーフィンをやめたい人が「ダラダラとスマホを見るのを今日からやめる!」と決心したらうまく行くでしょうか?

おそらくすぐに誘惑に負けてしまうのがオチですよね。だってスマホを見るハードルって低すぎるんですもん。

だから例えば「スマホの電源を切ってしまう」といった強制力を働かせてしまえばいいということなんです。

この強制力を使うやり方はかなり効果的ですよ!

実際に僕が実践してみた本の内容

本の内容を実践すれば行動できる確率を圧倒的に高めることができます。

僕も実際に本の内容を実践して行動できたので、上手くいった事例を2つほど紹介しますね。

①行動の細分化

人が行動できない原因の一つに細分化できていないからというものがあります。

結局、やるべき事がぼんやりしてたら、行動するイメージがわかないので行動できないということですね。

なので僕は行動の細分化をしてみました。例えばブログ記事を書く場合だったらこんな感じです。

  • キーワードを決める
  • ライバルサイトをリサーチする
  • 記事タイトルを考える
  • 記事構成を考える
  • 実際に記事を書く

このように細分化すれば、「ブログ記事を書く」という漠然とした行動よりもイメージがわくので、圧倒的に行動がしやすくなりますよね。

この細分化は非常に便利なスキルで、僕自身プランニングをする時などは必ず使っています。

②強制力を使う

さっきも紹介しましたが、

「ネットサーフィンをしない!」

そう心に決めても人間の意志って本当に弱いものです。すぐにネットサーフィンをしてしまいます。

僕自身もネットサーフィンが抜けられない時期があったので、強制的にネットサーフィンができない環境を作ってしまいました。

  • スマホ ⇒ アプリを消してしまう
  • パソコン ⇒ 特定のサイトにアクセスできないように設定してしまう

こうすることでネットサーフィンしたくてもできない環境を強制的に作ることができました。

まあ正直なところ、時々は設定を元に戻したくなることもあるんですが、それでも設定を戻すというワンクッションが必要になるので、思いとどまる可能性も高くなりますよ!

まとめ

ということで今回は”スイッチ!「変われない」を変える方法”をレビューしてきました。

自分や他人をどう行動させるか?この内容を学ぶことができるので、非常におすすめの本ですね。

やるべきことは本当にシンプルです。理性と感情に訴えかけて行動させ、なおかつ行動できる環境を作る。これに集約されます。

下手に自己啓発書をたくさん買うよりも、この一冊で人を行動させる原理原則をしっかり学んだ方がマシなのでは?

そう思えるくらいこの一冊に人間の本質が凝縮されている印象でしたね。

なかなかの良書なので、よかったら手に取ってみてくださいね♪

ということで今回のレビューのまとめでした。

個人で稼ぐための全体像が学べる電子書籍を無料で読めます

僕は農家を辞めてネット起業し、
3ヶ月後に20万円稼げるようになって独立しました。

 

今は自分の好きなペース、好きな場所で
ストレスフリーで仕事をしています。

 

ただ、僕には特別な才能なんてありませんでした。

 

・いじめを受け自信が持てなくなる
・会社員のころは毎日深夜0時までサービス残業
・詐欺投資ソフトを買い100万円の借金を抱える

 

ですが年収1億円の起業家と出会い、
マーケティングや人の心の動かし方、
ブログの自動収益化の方法などを学び、
自分で稼ぐ力をつけることができました。

 

そんな経験から、たとえ過去の僕みたいに
自信もなく知識やスキルがなかったとしても、
正しいやり方を学んで実践すれば、
稼ぐ力は誰でも身につけられると確信しています。

 

僕は自分に自信がなかったからこそ、
同じような人の気持ちが痛いほどわかります。

 

だから個人で稼ぐ力が身につけば、
自分に自信も持てると思いますし、
自分の好きなことができるようになることで、
自分をもっと好きになれるんじゃないかと思います。

 

そして、自分のことが好きな大人が
もっとたくさん増えてほしい。

 

そんな想いで僕は情報を発信しています。

 

なので、僕がいかに稼ぐ力を
身につけられるようになったのかを
電子書籍の中であなたにお話しします。

 

これからの人生、
あなたらしく生きるための小さな一歩として
よかったら読んでみてください。

 

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

書籍の関連記事