何もできない時間をいかに生産的な時間に変えるか?という大事な意識

どうも、ぶっちーです。

普段の生活の中で何もできない時間ってありますよね。

例えば風呂に入っている時間だったら身体を洗うことしかできないですし、通勤時間だったら歩いたり、あるいは車を運転するとかしかできないと思います。

ただ、こういった何もできない時間って実は使いようで、上手に使うことができればいくらでも生産的な時間に変えることもできるんですよね。

何も生み出さないはずの時間が生産的な時間に変われば、間違いなく人生の質は向上します。

意識するだけで人生の質が上がる内容を今回は話していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

生産的な時間に変えられる時間は実は多い

最初に風呂の時間とか通勤時間は基本的に何もできないと話しましたが、他にも何もできない時間ってあると思います。例えば、

  • ご飯を食べる時間
  • 通勤前の準備の時間
  • 会社に拘束されている時間
  • 運動する時間
  • 寝ている時間

こういった時間って、まあ基本的にそれ以外何もできないですよね。

ただ、これらの時間も使いようによっては、いくらでも生産的な時間に変えることができます。例えば本を読んだりとか、あるいは音声学習をしたりとか。

実際に僕がやっていることをいくつか紹介していこうと思います。

どのように生産的な時間に変えればいいか?

僕が実際にやっていることですが、例えばこんな感じですね。

  • ご飯を食べる時間 ⇒ 音声を聴く
  • 風呂の時間 ⇒ 音声を聴く、本を読む、思考する
  • 散歩の時間 ⇒ 音声を聴く、アウトプットする
  • 運動の時間 ⇒ 音声を聴く
  • 電車に乗る時間 ⇒ 音声を聴く、本を読む
  • 車に乗る時間 ⇒ 音声を聴く
  • 寝る前 ⇒ 音声を聴く

なんだか音声を聴いてばかりですね(笑)

でも音声学習って本当に便利なんですよ。ただ聴いてるだけでも勉強になりますし、倍速再生で時間の節約もできます。

風呂の時間はかなり使える

個人的にかなり有効活用しているのが風呂の時間です。

風呂って何もできない時間だと思いませんか?時間は取られますし、身体を洗わないといけないわけですから、身体の自由も奪われます。

そんな風呂の時間も使いようよっては本当に生産的な時間に変えられるんですよね。

どういった使い方ができるのか紹介していきますね。

①音声を聴く

僕が一番やっているのが音声を聴くことです。風呂の時間が学びの時間になるって大きいですよ。

僕は基本的にシャワーだけなので、1日の風呂の時間はだいたい20分くらいです。

たった20分でも1年続けたら121時間も積み重ねられます。これ、実は5日分の時間にもなるみたいですね!計算してビックリしました(*_*)

しかもですね、音声学習は倍速再生ができるので、2倍速で聴けば10日分の音声学習が1年間でできてしまうということなんです。

これ、けっこうデカくないですか!?

なんか風呂で音声を聴くのが僕にとっては当たり前になってたので、この記事を書く前はそのすごさに気付いていませんでした。

でもこうやって文章を書いているうちに

「意外とすごいことしてるんだな!」

と思うようになりました。これからも音声学習続けようっと。

ちなみに音声はスマホで聴いているんですが、たまにスマホを忘れることがあります。

シャワーを浴び始めてからスマホを忘れたことに気付き、

「あー、しまった!忘れたー!」

と思うこともたまにあります。

これ、損した気分がしてすごく悔しいんですよ(笑)それくらい風呂で音声を聴くのが僕にとっては日課になっているということですね。

最初は面倒かもしれませんが、習慣にしてしまえばそれが普通になってしまいますよ。

②本を読む

たまに湯船に浸かりながら本を読むこともあります。これもけっこういいですよ!

湯船に浸かれば疲れも取れますし、ほどよく汗をかくのでデトックス効果もあるかもしれません。

あと、あまり長風呂しすぎるとのぼせてしまうので、集中して本を早く読むようになります。これは意外なメリットだなと思いました。

こんな感じで風呂で本を読むのもけっこうおすすめですね。

③思考する

風呂ってめちゃくちゃリフレッシュできるので、思考するのにも最適です。

僕は基本音声を聴くことが多いですが、考え事をしたい時や作業で行き詰った時とかは、音声は流さず風呂でゆっくり考えたりします。

シャワーを浴びながら20分も考えれば、何かしらアイデアが浮かんだり、考えがまとまったりするんですよね。

で、思い付いたアイデアはスマホにすぐメモします。そうやってこれまで記事のネタとかも増やしてきました。

実はこの記事を書いたきっかけも、風呂場で思い付いたアイデアをスマホにメモしたからなんですよ!

風呂で思考するのもけっこうおすすめです。

通勤時間こそ勉強の時間

あと通勤時間もめちゃくちゃ時間が取られますから、この時間を勉強の時間に変えられたら大きいですよね!

僕は自分でビジネスをやっているので通勤とは無縁ですが、仮に会社に勤めてるなら間違いなく通勤時間に勉強します。

車通勤なら音声学習ができますし、電車通勤なら音声学習や読書ができますよね。

1日の通勤時間が1時間だとして、月に20日間の勤務なら1ヶ月で20時間を勉強に使えます。年間で240時間なので、なんと10日間も勉強できるということです。

やっぱチリも積もればで、コツコツ積み重ねるのって大きいですね!

でも電車に乗っている人を見渡すと、たぶん何もしていないかスマホをいじっている人ばかりだと思います。

そういった人を横目に毎日コツコツ勉強していけば、1年後には周りと圧倒的に差がついていそうですね!

最後に

といった感じで、いかに何もできないような時間を生産的な時間に変えるかのお話でした。

最後にですが、僕としては新たに勉強時間を作るより、今回話したような時間の使い方をして勉強した方がいいと考えています。

新たに勉強時間を作るのってけっこう大変じゃないですか?

「よっしゃー!やるぞー!」

と意気込んで勉強を始めたものの3日坊主になったり、あるいは予定が狂って勉強できなかったり…

それだったら日常の非生産的な時間を生産的に変えてしまった方が簡単だと思うんです。

ということで、よかったら今回の話を参考にしてみてくださいね。

あ、ちなみに僕は寝る前にも音声を聴いたりします。教材の音声を繰り返し聴いたり、あるいはマインド音声とかを聴いたり。

ただ、マインド音声を聴くとやる気が出てきて、眠れなくなってしまう可能性があります。もし寝る前に音声を聴く場合は十分ご注意を(笑)

では今回は以上です。

個人で稼ぐための全体像が学べる電子書籍を無料で読めます

僕は農家を辞めてネット起業し、
3ヶ月後に20万円稼げるようになって独立しました。

 

今は自分の好きなペース、好きな場所で
ストレスフリーで仕事をしています。

 

ただ、僕には特別な才能なんてありませんでした。

 

・いじめを受け自信が持てなくなる
・会社員のころは毎日深夜0時までサービス残業
・詐欺投資ソフトを買い100万円の借金を抱える

 

ですが年収1億円の起業家と出会い、
マーケティングや人の心の動かし方、
ブログの自動収益化の方法などを学び、
自分で稼ぐ力をつけることができました。

 

そんな経験から、たとえ過去の僕みたいに
自信もなく知識やスキルがなかったとしても、
正しいやり方を学んで実践すれば、
稼ぐ力は誰でも身につけられると確信しています。

 

僕は自分に自信がなかったからこそ、
同じような人の気持ちが痛いほどわかります。

 

だから個人で稼ぐ力が身につけば、
自分に自信も持てると思いますし、
自分の好きなことができるようになることで、
自分をもっと好きになれるんじゃないかと思います。

 

そして、自分のことが好きな大人が
もっとたくさん増えてほしい。

 

そんな想いで僕は情報を発信しています。

 

なので、僕がいかに稼ぐ力を
身につけられるようになったのかを
電子書籍の中であなたにお話しします。

 

これからの人生、
あなたらしく生きるための小さな一歩として
よかったら読んでみてください。

 

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

ブログの関連記事