億稼ぐ起業家に会いに平日に沖縄へ!でもビビッて撃沈した話…

どうも、ぶっちーです。

僕がまだ起業家として駆け出しの頃、平日の3日間を使って沖縄に行ったことがあります。沖縄に行ったのはとある起業家さんに会いに行くためです。

当時、僕はとあるビジネスの塾に入っていたんですが、そこで沖縄ツアーなるものが開催されました。

「成功している人に直接会ってみたい!」

僕自身、そんな気持ちがあったのでツアーに参加してみることに。

で、内容を先取りしますと、起業家を前にビビッてしまいました(笑)

今思うと起業初期の僕のマインドだったらそりゃそうなるよねって話です。

今回は僕が起業家に会いに沖縄に行った時の話をしていきます。

沖縄ツアーに参加するまで

沖縄ツアーは誰でも参加できるわけではありませんでした。

起業塾の塾生に向けてツアーの案内メールが一斉に送られてきたんですが、参加できるのは人数限定で早い者勝ちとのこと。しかもツアーは平日です。

僕は一瞬迷いました。

  • 平日か~。仕事どうしよう?
  • 起業家の人に会うのってちょっと怖いな…

そんなことを考えてたんですが、「起業家の人に会えば何か変われるかもしれない」ということで、割と早く参加することを決断しました。

で、無事にツアーの参加権利を得たわけですが、後から聞いた話だと募集から30分ほどでツアーの受け付けは締め切られたそうです。

スピードって大事ですね。

沖縄に到着

で、ツアー当日になって沖縄に到着です。

とりあえず他の塾生同士で事前に打ち合わせて、できるだけ皆で集まってレンタカーで移動しようという話になっていました。

那覇空港に到着した僕は塾生と合流。そこから起業家の方たちの集まる別荘に向かいました。

同じ境遇の塾生同士だったので、行きのレンタカーの中では割と話しやすかったですね。

「ビジネスの調子はどうですか?」とか、「どんなビジネスやってるんですか?」とか、割と穏やかな雰囲気で話をしていました。

ただ、そんな穏やか雰囲気も起業家の待つ別荘に着いてから一変します。

億稼ぐ起業家の圧倒的な雰囲気

いざ起業家の待つ別荘に到着です。プール付きの別荘でした。(残念ながら天気は良くなかったです…)

「すげえ、プールが付いてる!」

当時の僕にとっては非日常にいるような感覚でした。

で、別荘に着いて室内に入ってみたんですが、僕はその雰囲気に圧倒されます。

そこには起業家の方たちと塾生が何名かいて、何やらビジネスの打ち合わせをしていたんですね。

「やべえ、なんかめちゃくちゃ雰囲気がある…」

普通に打ち合わせをしてるだけだったんでしょうが、僕を含め一緒に別荘に到着した塾生もその雰囲気に呑まれ、その場に固まってしまいました。

起業家の人に思い切って話しかけるも…

で、その後打ち合わせも終わったので、中庭に移動してバーベキューをすることに。

正直、僕はかなりビビッてたんですが、思い切って起業家の方の近くに行って話しかけることにしました。

ちなみにこういう時って皆ビビッて話しかけにいけないものです。なので話しかけにいけば実はチャンスなんですよね。

ということでバーベキュー開始早々、僕はその塾の先生で億稼ぐ起業家の近くに行って話しかけました。

とは言え、ビビッて当たり障りのないことばかり喋ってしまったんですけどね…

  • 今回はこのような機会をありがとうございます
  • なんか芸能人の方と会ってるみたいです
  • 起業する時はけっこう苦労されたんですか?

なんかもう今考えると、「もって聞くことなかったんか?」というくらい当たり障りのないことばかり言ってますね。当時の自分のレベルじゃ仕方ないのかもしれませんが。

で、そんな当たり障りのない話をしている時に、その起業家の方から質問されました。

「将来どんなことがしたいですか?」

僕は瞬時に「やべえ…」と思いました。というのも当時の僕は漠然と自由になりたいとしか考えてなくて、その先のことは何も考えていなかったからです。

で、答えに行き詰った僕は、「社会に貢献したいです」というなんともつまらん回答をしてしまいました(汗)

するとその起業家の方は「だいぶざっくりしてますね」と言って笑っていました。

その後、僕はお肉を取りに行くふりをして、逃げるようにその場を離れることに。

たぶん自分の惨めさを認めたくなかったんでしょうね。

方やビジネスで成功し、将来のビジョンもしっかり考えている起業家。方や将来のビジョンもあいまいな駆け出しの起業家。

圧倒的な差を突き付けられて、その場を逃げ出したくなったんだと思います。

結局ツアー中に起業家の方とあまり絡めず…

初日のバーベキューでは撃沈だったんですが、その影響を次の日以降もずっと引きずっていました。

2日目は沖縄の観光地を各自自由に回るプランでした。誰と観光するかも自由です。

ただ、そこでも当時の僕は起業家の方とあまり絡めませんでしたね…

どこでご飯を食べるかも自由だったので、僕は沖縄そばのお店に入りました。

ただ、そのお店でも割と絡みやすそうな人と一緒に席に座っていました。(それはそれで楽しかったんですが)

そして、夜はみんな集まって居酒屋で飲み。

席移動は自由だったんですが、ここでもあまり起業家の方と絡めませんでした。

ビビッても行動しようぜって話

といった感じで、ここまでは起業したてでマインドがしょぼかった僕が、起業家を前にビビッてしまった話でした。

今回の話の教訓としては、ビビッても行動しようぜ!ってことです。

僕がビビったのって結局、圧倒的な差を突き付けられて自分の惨めさを思い知らされたくなかったからなんだと思います。

つまり変なプライドが邪魔していたということなんでしょう。

でも今思うと、そんなしょっぱいプライドで行動しなかった当時の自分が本当に愚かだったなと思いました。

だって、せっかく「自分を変えたい」「成長するきっかけが欲しい」みたいなことを考えて起業家に会いに行ったのに、いつのまにか目的が自分のプライドを守ることになっていたわけですから。

当時の自分に「そんなつまらんプライド捨てて行動しろよ!」と伝えてあげたいです。

人生一度きり。そして、こうしている間にも人生の残り時間はどんどん減っています。

それなのに変なプライドのせいでビビッて行動しないのはもったいないですよね。

ビビるのは仕方ありません。でもそこで一歩踏み出す勇気を持って行動できるかどうかが重要になってきます。

ということで僕自身もこれからビビる場面もたくさん出てくるでしょうが、そんな時は今回の記事で書いた内容を思い出して行動したいと思います。

おまけ:沖縄の写真

竹富島に行ってきました。ゆっくり時間が流れているような雰囲気で、心が癒されまくりました。また行きたいですね。

水牛車にも乗ってみました。大人10人を乗せて移動する牛はめちゃくちゃパワフルです。でも温厚な性格。

あと牛の頭の良さにビックリしましたね。水牛車が毎回歩くルートを牛は完璧に覚えています。

しかも曲がり角を曲がるタイミングも完璧で、後ろの台車が壁とかにぶつからないように曲がってくれるんです。めちゃくちゃ賢い。

で、普段はこんな感じでお休みしています。めちゃくちゃ癒される♪

海にも行ってきました。

沖縄の海はやはり透き通っていてきれいでしたね。

石垣島の鍾乳洞にも行きました。

トトロ?らしいです。

帰り際に那覇空港で食べたハンバーガー。

「ビジネスで成功して全国の美味しいものをたくさん食べるぞ!」

ハンバーガーを食べながら、そう心に誓った駆け出しの起業家だった頃の僕でした。

ということで今回は以上です。

個人で稼ぐための全体像が学べる電子書籍を無料で読めます

僕は農家を辞めてネット起業し、
3ヶ月後に20万円稼げるようになって独立しました。

 

今は自分の好きなペース、好きな場所で
ストレスフリーで仕事をしています。

 

ただ、僕には特別な才能なんてありませんでした。

 

・いじめを受け自信が持てなくなる
・会社員のころは毎日深夜0時までサービス残業
・詐欺投資ソフトを買い100万円の借金を抱える

 

ですが年収1億円の起業家と出会い、
マーケティングや人の心の動かし方、
ブログの自動収益化の方法などを学び、
自分で稼ぐ力をつけることができました。

 

そんな経験から、たとえ過去の僕みたいに
自信もなく知識やスキルがなかったとしても、
正しいやり方を学んで実践すれば、
稼ぐ力は誰でも身につけられると確信しています。

 

僕は自分に自信がなかったからこそ、
同じような人の気持ちが痛いほどわかります。

 

だから個人で稼ぐ力が身につけば、
自分に自信も持てると思いますし、
自分の好きなことができるようになることで、
自分をもっと好きになれるんじゃないかと思います。

 

そして、自分のことが好きな大人が
もっとたくさん増えてほしい。

 

そんな想いで僕は情報を発信しています。

 

なので、僕がいかに稼ぐ力を
身につけられるようになったのかを
電子書籍の中であなたにお話しします。

 

これからの人生、
あなたらしく生きるための小さな一歩として
よかったら読んでみてください。

 

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

ブログの関連記事