どうも、ぶっちーです。

大リーグで活躍する大谷翔平選手という野球選手がいます。

日本人なら知らない人がいないくらい有名ですよね。才能の塊で規格外の選手です。

そんな大谷選手が成功したのはもちろん才能もありますし、その才能を開花させるための努力があったからだと思います。

ただ、それだけじゃなく大谷選手の考え方も成功の要因だと考えています。

例えば、プロ野球入りした頃の大谷選手は周囲からは「二刀流では成功するわけがない」と散々言われてきました。

でも、二刀流で成功できたのは、大谷選手の「自分なら出来る」という信念があったからではないでしょうか?

大谷選手って考え方も一流だと僕は思っていて、時間についての考え方もしっかりしてるなと思います。

大谷選手から学べることは非常に多いですが、今回はその中でも彼の時間に対する考え方をテーマに記事にしてみました。

2年間という時間を2憶ドルで買うという考え方

大谷選手は2憶ドルの大型契約を捨てたとも言われています。

これはどういうことかと言うと、大谷選手は大リーグ挑戦をもう少し待てば、2憶ドルの契約金で契約ができた可能性があったということなんです。

大谷選手が大リーグ挑戦を決意したのは23歳の時。

大リーグのルールでは、25歳未満の外国人選手は大型契約ができない決まりになっています。

大谷選手は才能あふれる選手だったので、あと2年待てば大型契約ができていた可能性もあったということなんです。

 

ただ、そこは大谷選手のすごいところ。お金よりも時間を優先します。

最終的には2憶ドルの大型契約を捨てて、格安の231万5000ドル(約2億6000万円)で契約をしました。

ちなみに年俸も日本ハム時代の2億7,500万円から6,000万円にダウンです。

 

ただ、そうまでして大リーグに挑戦したのは、やはり大谷選手自身が時間の大切さを理解していたからなんだと思います。

大谷選手にとっては

 大リーグで2年早くプレーする>>>>>2憶ドルの契約金

これくらいの価値観だったんだと思います。

 

たしかに若いうちに経験する大リーグでの2年間って、お金に換えられない価値でしょうからね。

大谷選手はその辺をわかっていて、2年間という時間を2憶ドルで買ったと言ってもいいかもしれません。

若くして時間の価値をわかっている大谷選手は、やはり超一流だなと思いました。

時間を優先する大谷選手のもう一つのエピソード

こちらのサイトの記事に大谷選手らしいエピソードが書かれていました。

記事の内容を簡単に紹介するとこんな感じです。

2015年のオールスターに先発した大谷選手が、その日の夜にフジテレビの番組に出演。
番組に出てくれた大谷選手へのお礼として、番組スタッフが大谷選手のために飲食店を予約しようとします。
しかし、そこで大谷選手は「社食に行きましょう」と言いました。
結局、飲食店には行かずにフジテレビの社食で、大谷選手はスタッフと一緒に美味しそうに牛丼を食べていました。

大谷選手は「移動時間がもったいない」という理由で、飲食店には行かずに社食で済ませたそうです。

時間を優先している大谷選手ならではのエピソードだなと思いました。

 

生き残るだけでも過酷なプロ野球の世界。しかも大谷選手は投手とバッターの両方の能力を高めていかないといけません。

だからこそ時間の使い方に人一倍気を遣っているんだなと思いました。

時間をお金で買う感覚はめちゃくちゃ重要

大谷選手のエピソードを話してきましたが、やっぱり成功者というのは時間の感覚が優れていますよね。

特に時間をお金で買うという感覚は非常に重要です。

大谷選手の場合は

  • 2億円の契約を捨てて2年早く大リーグに挑戦した
  • 時間短縮のために近場の社食を選んだ

こういったエピソードからも時間管理がしっかりしていると思います。

 

僕はビジネスの情報発信をしていますが、ビジネスにおいてもやはり時間をお金で買う感覚は重要です。

例えば教材を買うのは時間短縮になります。

やはり無料で情報を集めるのは非効率ですし、しかも正しい情報なのかもわからないので、成長の速度がめちゃくちゃ遅くなってしまうんですよね。

時間って目に見えないから、どれくらい失っているかわかりにくいものだけど、無料の情報だと機会損失というものが発生してしまいます。

本来教材を買っていたら得られたであろう収益が、無料の情報のせいで失っていたということですね。これって目に見えないからこそやっかいなんです。

目的がハッキリしてるからこそ時間の使い方も見えてくる

あともう一つ大谷選手から学んだ重要なことなんですが、やはり時間を優先するのもハッキリとした目的があるからだとおもうんですよね。

大谷選手の場合は世界一の野球選手になるという目的があります。

その目的を叶えるために自分がやるべきことは何か?何に時間を使うべきなのか?何の時間を捨てるべきなのか?

そう考えることができるからこそ、時間の使い方もハッキリ見えてくると思うんですよね。

だから、やっぱり目的の明確化って重要なんだなと思いました。

 

「ビジネスで稼いで自由になりたいです!」

そう言っているのに、会社や友達との付き合いで飲み会に行ってしまったり、あるいはテレビやスマホを観てダラダラしてしまったり。

そういった人っていると思います。

これもやっぱり口では「自由になりたい」と言っているのに、実際心の中では目的が明確になっていないのかもしれません。

本当にやりたいことは何なのか?そこが明確になれば、やるべき事も明確になって、時間の使い方も変わってくるのではないでしょうか?

まとめ

ということで今回は大谷選手のエピソードから時間をお金で買う考え方の大切さを話してきました。

やはり成功している人は時間というのを重視しているものですね。僕自身も非常に勉強になりました。

生産性を上げるために何にお金を払えるでしょうか?あるいは生産性を上げるために何を捨てることがえきるでしょうか?

今回の話を参考に一度考えてみると、人生の質も上がるかもしれません。よかったら一度考えてみてくださいね。

それでは!

P.S.「ネットビジネスのワールドマップ」を無料公開

僕は現在はネットビジネス一本で生計を立てています。

ただ、僕に才能やセンスがあったわけではありません。

高校・大学と立て続けに受験は失敗。人見知りで口下手。自信もなく人脈もありませんでした。

そんな僕がネットビジネスで結果を出せたのは、正しいやり方を学ぶことができたから。

そして、正しいやり方を学べばビジネスは誰だって成功できるものです。

ビジネスに挑戦する人が正しいやり方を学んで成功し、自分のやりたい事や夢を叶えて情熱的な毎日を過ごす。そんな人が少しでも増えれば世の中ももっと良くなる。

そんな理念から、ネットビジネスの全体像や基礎が学べるレポート「ネットビジネスのワールドマップ」を作りました。20分ほどで読めるレポートです。

期間限定でプレゼント中なので、良かったら読んでみてください。

「ネットビジネスのワールドマップ」を読んでみる

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

この記事が役に立った方は、下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

おすすめの記事
コメントを残す