どうも、ぶっちーです。

 

僕は暴走族が嫌いです。

 

ダサいし、うるさいし、
迷惑でしかない。

 

僕が住んでいるのは栃木県の田舎町です。

田舎のほうが暴走族って活発だったりしますよね。

 

むかしよりは減っていますが、
それでも週末になると暴走族のバイクが
夜中に騒音を立てながら走ったりしています。

 

 

で、今回のテーマなんですけど、

「暴走族がビジネスをやったら」

という話をしていこうと思います。

 

 

なぜこんなテーマで話そうと思ったのかというと、
暴走族にはあれだけのエネルギーがあるんだから、
せっかくならそのエネルギーをビジネスに使えばいいのにな~

なんて思ったからです。

 

あと、ついでに暴走族は
何であんなダサいことをしているのか?

これも気になると思いますので、
その理由も書いていきますね。

 

 

ちょっと思い付きで書こうと思った記事なので、
ラフな感じで書いていきます。

 

 

そもそもなぜ暴走族はあんなダサいことをしているのか?

 

まずそもそもなんで暴走族って
あんなダサいことしてると思いますか?

 

僕もビジネスを通して人の心理とかは勉強しているので、
最近は彼らの心理もなんとなくわかってきました。

 

 

では何でだと思いますか?

 

 

・・・・

 

 

・・・

 

 

・・

 

 

答えは認めてほしいからです。

 

暴走族の人たちって偉そうな感じで走っていますけど、
結局は

「誰かに認められたい」

そんなカワイイ心を持っているんですね。

 

 

だからたぶん小さいころに
親の愛情を受けずに育った人が多いんだと思います。

 

「あんたなんか私の子じゃない」
「あんたなんか産まなきゃよかった」

 

ここまでひどいことは言われていないにしろ、
愛情を受けずに育った可能性は高いです。

 

 

あるいは親や友達から
認めてもらえずに生きてきた過去があるはずです。

 

 

そうやって愛情を受けずに育ったり、
認められずに育ってしまうと、
承認欲求が強くなってしまいます。

 

「もっと僕のことを認めて」
「僕はここにいるよ」

 

そういった気持ちが強くなった結果が
ああいった暴走行為なわけです。

 

 

良くも悪くも暴走行為をすれば、
人々の注目を浴びますよね。

 

そうやって注目されることが
自分が認められていることだと
勘違いしているんです。

 

 

ただ、やっていることは
まったくもって無意味な行為ですし、
迷惑極まりないですよね。

 

・ただただうるさい
・ガソリンをまき散らしてるだけ
・とにかくダサい
・貴重な人生時間を無駄にしている

 

何一つ社会にとっても
本人にとってもメリットはありません。

 

むしろ人の睡眠を妨害したりもするので、
社会にとってマイナスでしかないですね。

 

暴走族もビジネスやればいいのに

 

で、ここから本題なんですが、
暴走族はあれだけエネルギーにあふれてるんだから、
ビジネスでもやればいいのになと思います。

 

あれだけ強い承認欲求を持っているなら、
ビジネスでもうまくいくんじゃないかなと思います。

 

ビジネスを始める人の中には

「金持ちになってチヤホヤされたい」

そんな欲求を持ってビジネスをスタートする人もいますし、
実際それでうまくいってる人もたくさんいます。

 

別に最初は社会貢献とか立派な動機じゃなくて
いいと思うんですよね。

 

まずは自分の欲に素直になってビジネスを始めたほうが
うまくいくケースも多いです。

 

 

で、暴走族の人って欲に素直じゃないですか(笑)

 

認められたいっていう素直な欲求が
あんな感じで間違った方向に進んでいるわけですが…

 

だからちょっと教育してあげれば、
本気でビジネスに取り組みそうな気がするんですよね~

 

・ビジネスやれば女にモテるぞ
・金持ちになればチヤホヤされるぞ
・みんなが注目してくれるぞ
・圧倒的な男になれたらカッコよくね?

 

みたいな言葉をかけてあげれば、
彼らもやる気になりそうな気がするんですよね。

単純そうだし。

 

 

で、単純で素直そうだから、
ビジネスで教わったことも素直に実践しそうな気がします。

 

ビジネスで結果を出すには素直さが一番。

変にオリジナルを出そうとするとまずコケます。

 

だから暴走族はビジネスに向いてるんじゃないでしょうか?

 

素直さというビジネスにおいての大事な素質があるんだから、
ビジネスやればいいのにな~

と僕はもったいなく思っています。

 

 

で、うるさい音を出しながらバイクを乗り回すより、
ビジネスで成功して社会貢献したほうが
よっぽどカッコいいですよね。

 

それに彼らの当初の目的である承認欲求が
ビジネスによって満たされるなら最高じゃないですか。

 

「さすがですね!」
「カッコいいですね!」

 

そうやってビジネスで認められたら、
彼らもめちゃくちゃ喜ぶんじゃないかな~

 

ダサいバイク乗り回して、
うるさい音出して、ガソリンまき散らして、
そんなので認められるよりよっぽどいいです。

 

 

といった感じで思い付きで今回は書きました。

 

まあでもあれだけのエネルギーを
暴走族の人は持っているんだから、
もったいないよな~という話です。

 

そのエネルギーをビジネスとかに使って
社会に貢献すればいいのになという話でした。

 

P.S. 電子書籍がいまだけ無料で読めます

僕はいまでこそ自分らしい自由な生き方をしていますが、
それまでは周りの目を気にしながら窮屈に生きてきました。

 

自分に自信もなく、
周りの目が怖くて自分の意見も言えない。

毎日なんとなくモヤモヤしてるけど、
かと言って何をすればいいのかわからない。

そんな生き方をしてきました。

 

ただ、そんな僕も
インターネットを使ったビジネスのおかげで
時間やお金、人間関係の悩みから解放され、
自分らしく自由に生きられるようになりました。

 

過去の僕と同じように

「周りの目ばかり気にしてしまう…」
「毎日なんとなくモヤモヤしている…」

こういう人って多いと思います。

 

だから一人でも多くの人が自分らしい生き方を見つけ、
世の中がもっと明るくなってほしい。

そんな想いを持ちながら情報を発信しています。

 

なので自分らしい生き方が見つかるように
僕が自分らしい生き方を見つけるまでのストーリーを
一冊の本にまとめてみました。

 

いまだけ無料で読めますので、
良かったら読んでみてください。

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

おすすめの記事
コメントを残す