今回はhタグの正しい使い方がマスターできた上での、ちょっとした応用テクニックを紹介します。

hタグの正しい使い方については、こちらの記事で解説していますので、まだマスターできていない人は参考にしてみてください。

今回紹介するhタグのちょっとした応用テクニックは、ライバルサイトもあまり意識できていません。

なので、今回のテクニックを使うだけで、ライバルよりも少しだけ有利になるのは間違いありません。

ただ、SEO的に絶大な効果があるかと言うと、そういうわけでもありません。

とは言っても、SEO的にマイナス評価を受けるわけでもありませんし、それにライバルサイトより少しでもプラス評価されるなら、取り入れないのはもったいないということです。

なので、今回の内容をちょっとしたプラスのテクニックとして取り入れてみてくださいね。

h2以下のタグにもキーワードを盛り込みましょう!

今回お話しするテクニックは特に全く難しいことはありません。

要はh2以下のタグにもきちんとキーワードを入れましょう!ということです。

つまりどういうことか?

例としてワキガ対策クリーム「クリアネオ」という商品で考えてみます。

「クリアネオ 口コミ」というキーワードで記事を書く場合、記事タイトル(h1)にはもちろん「クリアネオ 口コミ」のキーワードを入れますよね。

この「クリアネオ 口コミ」というキーワードをh2以下のタグにも入れましょうということです。

  • <h2>クリアネオの良い口コミ</h2>
  • <h2>クリアネオの悪い口コミ</h2>
  • <h2>クリアネオの口コミまとめ</h2>

このように、h2にもしっかりと「クリアネオ 口コミ」というキーワードを入れてあげましょう。

h1~h6はきちんと関連性がないといけません。

今挙げた例のように、h1だけでなくh2にも「クリアネオ 口コミ」というキーワードを入れることで、hタグ同士に関連性を持たせることができます。

逆によくあるもったいない例もここで紹介しますね。

 もったいない例

  • <h2>良い口コミ</h2>
  • <h2>悪い口コミ</h2>
  • <h2>まとめ</h2>

この場合、「クリアネオ」というキーワードが抜けてしまっています。

あなたが書く記事では、このようにキーワードが抜けていたりしませんか?

これでも確かに読んでいる側にとっては意味が分かります。

ですがGoogleからすれば、きちんとhタグにキーワードが入っていた方が、hタグ同士の関連性も把握しやすくなり、評価しやすくなるということです。

ぜひh2以下のタグについても、キーワードを意識して盛り込みましょう!

h3以下のタグにも上手にキーワードを盛り込みましょう!

キーワードを盛り込むのはh3以下のタグも一緒です。

h3以下のタグも関連性を持たせるように、キーワードを盛り込むのを意識してみましょう!

先ほどのワキガ対策クリーム「クリアネオ」で再び例を挙げます。

<h2>クリアネオの良い口コミ</h2>

とあったら、さらに1つ1つの口コミについてh3タグを使ってあげると効果的です。

<h2>クリアネオの良い口コミ</h2>

  • <h3>良い口コミ①</h3>
  • <h3>良い口コミ②</h3>
  • <h3>良い口コミ③</h3>

ただし、ここで注意点があります。

今挙げた例では、h3タグにはあえて「クリアネオ」というキーワードを入れませんでした。

なぜあえて「クリアネオ」というキーワードを入れなかったのか?

それはユーザー目線で考えた時に、キーワードだらけで読みにくくなると判断したからです。

例えば、こういうキーワードの盛り込み方だったらどうでしょうか?

<h2>クリアネオの良い口コミ</h2>

  • <h3>クリアネオの良い口コミ①</h3>
  • <h3>クリアネオの良い口コミ②</h3>
  • <h3>クリアネオの良い口コミ③</h3>

なんだかキーワードがごちゃごちゃしてて、読んでてうっとうしいですよね。

この辺はバランスになります。

hタグにキーワードをしっかり盛り込んだ方がいいのは確かですが、盛り込みすぎると今度は逆にうっとうしい…

なので、個人的な意見としては、

  • h2タグにはしっかりキーワードを盛り込む
  • h3以下のタグには読みにくくならない程度にキーワードを盛り込む

これくらいのバランスがいいかと思います。

さらに応用:関連性のあるキーワードをhタグに盛り込む

さらに応用として、僕がやっているhタグへのキーワードの盛り込み方を紹介します。

先ほど紹介したhタグの使い方

<h2>クリアネオの良い口コミ</h2>

  • <h3>良い口コミ①</h3>
  • <h3>良い口コミ②</h3>
  • <h3>良い口コミ③</h3>

ここにさらに関連性のあるキーワードを盛り込んでいきましょう!

つまりどういうことか?例えばですが、クリアネオではこんな関連キーワードも出てきます。

  • 「クリアネオ ワキガ 効果」
  • 「クリアネオ 子供」
  • 「クリアネオ 脇汗」

こういったキーワードもhタグに盛り込んでいきましょう。

つまりこんな感じです。

<h2>クリアネオの良い口コミ</h2>

  • <h3>良い口コミ① … ワキガに効果がありました!</h3>
  • <h3>良い口コミ② … 子供と一緒に使っています</h3>
  • <h3>良い口コミ③ … 脇汗をしっかり抑えてくれます</h3>

これがどこまでSEO的に評価されてるのかは分かりませんが、ライバルもここまではやっていないのでやる価値はあります。

細かなテクニックですが、ぜひ取り入れてみてくださいね。

最後に:コンテンツありきのhタグの応用テクニックです

hタグの応用的な使い方として、かなりテクニック的なお話をしてきました。

今回紹介したテクニックはぜひ取り入れていただきたいのですが、それ以前に忘れてほしくないことがあります。

それは、あくまでメインは訪問者の役に立つしっかりとしたコンテンツを作るということです。

コンテンツがショボいのに今回のテクニックを使っても意味がありません。その点だけは忘れないようにしましょう!

コンテンツを充実させた上で、今回紹介したようなhタグを使ってみてくださいね。

ただ、今回の内容を実践したからと言って、順位が大幅にアップするとかはそこまで考えられません。

今回紹介した内容はコンテンツを充実させた上でのちょっとした応用テクニックです。

とは言え、こういった細かい部分まで取りこぼしなくできると、やはり強いです。

ライバルサイトはコンテンツをしっかり作り込んでたとしても、意外にhタグは正しく使えていません。

そんなライバルに対し、あなたはコンテンツもしっかり作りつつ、hタグもしっかりと対策する。

どちらが評価されるサイトになるかはわかりますよね。

ということで、細かなテクニックかもしれませんが、ぜひ今回紹介したhタグの使い方を意識してみてくださいね。

P.S.「ネットビジネスのワールドマップ」を無料公開

僕はこれまで会社員や農業といった職業を経験してきましたが、それら安定した職業を捨ててネットビジネスに挑戦。現在はネットビジネス一本で生計を立てています。

ただ、僕に特別な才能やセンスがあったわけではありません。高校・大学と立て続けに受験は失敗。人見知りで口下手。人脈もありませんでした。

そんな僕がネットビジネスで結果を出せたのは、正しいやり方を学ぶことができたから。

そして、正しいやり方を学べばビジネスは誰だって成功できるものです。

ビジネスに挑戦する人が正しいやり方を学んで成功し、自分のやりたい事や夢を叶えて情熱的な毎日を過ごす。そんな人が少しでも多く増えてくれればと思っています。

そのためにネットビジネスの全体像や基礎が学べるレポート「ネットビジネスのワールドマップ」を用意しました。

7年間のビジネスの知識や経験を凝縮した、70ページ超のPDFレポートです。

こちらの特典を今だけ無料公開していますので、良ければチェックしてみてください。

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

おすすめの記事
コメントを残す