ホラーより怖い!当たり前に慣れることの怖さに気付いた今日この頃

慣れというのは本当に恐ろしいものです。それこそ冗談じゃなしにホラー以上に。

日常的にしている行動やその状態が習慣化して、知らず知らずのうちにそれが当たり前になってしまうんですから。

その行動や状態が間違っている可能性があるにも関わらず…

日常の中で当たり前になっている行動や状態、はたして本当に正しいと言えるでしょうか?

今回の記事では当たり前になることの恐ろしさについて、ここ最近僕が感じたことを交えながらお話ししていきます。

鼻炎であることが当たり前になっていた

僕の事例でお話しすると、僕の中で当たり前になってたことは鼻炎でした。

僕は小さい頃からずっと鼻炎持ちです。鼻炎が当たり前になっていて、年中、口呼吸や鼻声が当たり前でした。

「これは体質だから仕方のないこと」

ずっとこのように考えていたんですね。

でもふと思ったんです。「年中鼻炎って異常だな」と。

  • いつも鼻が詰まっていて苦しい
  • 苦しいのを我慢するのが当たり前になっている
  • 鼻炎のせいで眠りが浅く、いつも昼間に眠くなる
  • 鼻炎のせいで何をするにも集中できない

自分の中では当たり前になっていたことも、よく考えてみたら異常であることに気付きました。

慣れって本当に怖いです。どう考えても異常なことで、しかも人生損してるのに、それを当たり前だと決めつけている。

毎日を生産性の低い状態ですごしているのが当たり前なんて、本当に異常だと思いました。

それに気付いてからはちゃんと鼻炎を治そうと考えるようになりました。(鼻炎については現在奮闘中です!)

当たり前になってることの異常さは自分では気付かない

僕の鼻炎の事例からもわかるように、当たり前になってることって、自分では気付かないものです。そう言える事例が僕の知人にもあるのでここで書きますね。

その知人はブラック企業の管理職として働いていました。

今はブラック企業は辞めて優良企業に勤めていますが、ブラック企業に勤めていた当時はその異常さに気付いていなかったそうです。

  • 生産性のない会議に毎日参加させられる
  • 目的がわからない打ち合わせに休日返上で参加させられる
  • 有休は一切使わせてくれない

ブラック企業で働いていた当時は、「仕事だから仕方ない」ということで、これらのことが当たり前になっていました。

でも、ブラック企業を辞めて別の会社で働き始めたことで、ブラック企業で働いていた当時の異常さに初めて気付いたそうです。

  • 何であんな無駄な会議をやっていたんだ?
  • 何であんなに会社にいいように使われていたんだ?

このようにその知人は言っていました。

僕の知人の例からもわかるように、それが当たり前になりすぎてしまうと、その異常さに気付かないものです。

今のあなたにも何かしら当てはまるものがあるのではないでしょうか?

身の周りの当たり前は当たり前じゃない!

あなたの周りで当たり前になっていること、実は当たり前じゃないかもしれません。いや、むしろ異常なことかもしれません。

「いや、そんなことはない!」

こう思うかもしれません。ですが、今回話した例からもわかるように、当たり前のことが当たり前でないこともあります。

そしてさらに言えば、日本ではそれが当たり前だとしても、世界的に見れば当たり前でなくなることだってあります。

「日本の常識は世界の非常識」なんて言葉もありますしね。

  • お金は貯金するのが一番
  • 満員電車に揺られて通勤する
  • サービス残業が当たり前
  • 周りに合わせることが大事、自分の意見を言うのは我慢するべき

これらって世界から見ればかなり異常です。

自分たちにとってはそれが当たり前で正しいと思っているので、その異常さに気付いていません。

これ、とある国を例にすると納得できると思います。その国とは…北朝鮮です。

北朝鮮の人たちって、ああいう国の事情が当たり前だと思っています。でも僕らから見ればあれは異常ですよね。

そう、自分たちでは気付かないものなんです。

国のトップがあんなにブクブク太っているのに、自分たちは食べるものにすら困っている。その異常性に気付いていない。(いや、うすうす気付いてるのかな…?)

当事者は気付きにくいものなんです。

だから北朝鮮の例を日本に置き換えても同じことが言えますよね。

自分たちでは当たり前だと思っていることも、一歩外の世界から見たら異常なことだってあるってことなんです。

まとめ:当たり前を当たり前と思わずに常識を疑おう!

僕の鼻炎の話から始まり、世界のお話までしてきました。

まとめとしては、当たり前のことを当たり前と思わずに、常識を疑ってみましょうということです。

当たり前のことを「当たり前なんだ」と受け入れていたら、それ以上得られるものは何もありません。

もしその当たり前のことが異常なことだったとしたら、「当たり前なんだ」と受け入れてる時点で損しています。

なので今まで当たり前だと思ってたことも一度疑ってみる意識って大事です。

  • それが常識だから
  • みんながそうしているから正しい

これって本当に正しいでしょうか?

こういった言葉はハッキリ言ってまったく当てになりません。重要なのは自分の頭で考えて、その結果どうなのか?ということです。

当たり前を当たり前と思わず、常識を疑って生活してみましょう!今回はそんなお話でした。

個人で稼ぐための全体像が学べる電子書籍を無料で読めます

僕は農家を辞めてネット起業し、
3ヶ月後に20万円稼げるようになって独立しました。

 

今は自分の好きなペース、好きな場所で
ストレスフリーで仕事をしています。

 

ただ、僕には特別な才能なんてありませんでした。

 

・いじめを受け自信が持てなくなる
・会社員のころは毎日深夜0時までサービス残業
・詐欺投資ソフトを買い100万円の借金を抱える

 

ですが年収1億円の起業家と出会い、
マーケティングや人の心の動かし方、
ブログの自動収益化の方法などを学び、
自分で稼ぐ力をつけることができました。

 

そんな経験から、たとえ過去の僕みたいに
自信もなく知識やスキルがなかったとしても、
正しいやり方を学んで実践すれば、
稼ぐ力は誰でも身につけられると確信しています。

 

僕は自分に自信がなかったからこそ、
同じような人の気持ちが痛いほどわかります。

 

だから個人で稼ぐ力が身につけば、
自分に自信も持てると思いますし、
自分の好きなことができるようになることで、
自分をもっと好きになれるんじゃないかと思います。

 

そして、自分のことが好きな大人が
もっとたくさん増えてほしい。

 

そんな想いで僕は情報を発信しています。

 

なので、僕がいかに稼ぐ力を
身につけられるようになったのかを
電子書籍の中であなたにお話しします。

 

これからの人生、
あなたらしく生きるための小さな一歩として
よかったら読んでみてください。

 

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

社会全般の関連記事