どうも、ぶっちーです。

 

ファスト&スロー」という
行動経済学の本を読んでみました。

 

Amazonのレビューやいろんなブログなどで
おすすめされていた本です。

 

 

ただ、正直に言うと、
1回目に読んだときは挫折してしまいました。

60ページほど読んで断念…

 

2回目に読んでなんとか読破しました。

 

 

で、これからファスト&スローを読まれるなら、
今回の記事のようなレビューを
あらかじめ読んでおくことをおすすめします。

 

というのも、先にある程度
内容を知っておいたほうが、
本を読む際もスムーズに内容が入るからです。

 

 

それに読書慣れしてない人が
いきなりこの本を読んだら事故ると思います(笑)

 

だって、こんなんですからね。

 

 

もともと活字アレルギーだった僕にとって
この文字の圧迫感はなかなかの拷問でした(笑)

 

なので、ある程度は予備知識を入れた状態で
この本を読んでみてください。

 

そうしないと読書自体が
無駄になる可能性もあるので…

 

 

ということで今回は
ファスト&スローを読んだ感想や
役に立った部分などを話していきます。

 

 

まずキーになるのがシステム1、システム2

 

この本の中でキーになってくるのが
システム1、システム2という言葉です。

 

システム1、システム2とは?

  • システム1 … 直感的な思考をする脳の働き。簡単な計算、日常の無意識の選択などはシステム1が行う。
  • システム2 … じっくり考える脳の働き。難しい計算、保険選びなどの頭を使う作業はシステム2が行う。

 

普段はシステム1が働いていて、
いざという時にシステム2が働きます。

 

なぜかと言うと、普段からシステム2ばかり働いて、
じっくり考えまくってしまうと、
脳がオーバーヒートしてしまうからです。

 

だから普段は負荷の軽いシステム1が
メインで働いてくれるってことですね。

 

 

で、このブログはビジネス系の発信をしてるので、
ビジネスにシステム1、システム2を活かすなら?
ということで解説します。

 

ビジネスに活かすなら
とにかく第一印象に力を入れるのが大事です。

 

例えばブログの第一印象。

 

ブログに訪れた読者はパッと見の印象で
ブログを読むかどうかも判断します。

 

 

なので、

 

・2000年代のブログのようなショボいデザイン
・全体的に暗くて怪しいデザイン
・文章が改行されていなくて文字がぎゅうぎゅう
・文字装飾がない
・広告ばかり貼っていて売り込みくさい

 

こういったのって見た瞬間に
システム1が拒絶してしまうんです。

 

だから、読者を意識して
最低限見やすいブログは目指したいところですよね。

 

これがシステム1、システム2を
ビジネスに活かした一例です。

(あ、システム2は関係なかったですね笑)

 

 

ちなみに僕がファスト&スローを
1回目に挫折したのも
システム1が拒絶反応を起こしたからです(笑)

 

だから第一印象って大事ですね。

 

人と会うときも第一印象って大事なので、
システム1、システム2は
日常でも使える考え方と言えそうです。

 

超重要:プロスペクト理論

 

個人的にはプロスペクト理論が
一番重要だと思いました。

 

てか、ビジネスの場面では
かなり意識すべき内容ですね。

 

 

ではプロスペクト理論って何?
ってことですが、一言でいえば

「人は損したくない生き物」

この一言に集約されます。

 

例えば、次の2つならどっちのほうが強く反応しますか?

 

  • 1万円をもらう
  • 1万円を失くす

 

たぶん失うほうに強く反応したはずです。

 

本の中では

「失う痛みは得る喜びの2倍以上」

と紹介されています。

 

それくらい人って
損したくない生き物なんですね(笑)

 

 

じゃあこれもビジネスに応用してみましょう。

 

例えば、ブログの冒頭文で
プロスペクト理論が使えます。

 

例文を作ってみました。

 

  • 今回の記事を最後まで読まないと、年間で10万円をドブに捨てることになるかもしれません。
  • 今回話すポイントを押さえないと、知らず知らずのうちに身体をむしばむ可能性もあります。

 

こんな感じですね。

 

もちろん煽りすぎは良くないですが、
適度に使うことで

「この記事は読んでおかないと」

と思わせることができます。

 

結局、いくらいい記事を書いても
読んでもらわないと意味がないですからね。

 

だからこそ、プロスペクト理論は
強力なテクニックになるってことです。

 

 

あ、ちなみにこの記事も
冒頭でプロスペクト理論を使っています(笑)

 

よかったら後で見返してみてください。

 

 

それと、ブログだけでなく、
メルマガやYouTubeなどでも
冒頭の興味付けでプロスペクト理論は使えます。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

書いてある内容は行動経済学の総まとめ

 

システム1、システム2、
そしてプロスペクト理論について紹介しました。

 

で、ファスト&スローはこれら以外にも
ボリューム満載の内容です。

 

行動経済学はこの一冊で
すべて網羅していると言っていいかもしれません。

 

なので、この一冊をマスターすれば、
ビジネスや日常などに
幅広く使うことができるでしょう。

 

 

で、ここですべてを紹介すると
大ボリュームになってしまいます。

 

なので、個人的に参考になった部分を
ここからは簡単に紹介しますね。

 

プライミング効果

 プライミング効果

先に与えられた情報に影響を受けてしまう効果。(例)口コミで評判の飲食店に行ったが味は普通だった。でも先に良い口コミが頭に入ってるから美味しいと錯覚する。

プライミング効果をビジネスに活かすなら、
例えば商品を褒めまくるとかですね。

 

そうすることでお客さんの満足度が高くなる可能性も
高まるということです。

 

あ、もちろんクソみたいな商品は
紹介しちゃダメですよ(笑)

 

いい商品を紹介しつつ
褒めまくると効果的ってことです。

 

ハロー効果

 ハロー効果

相手の特徴から物事を勝手に判断すること。(例)「白衣を着ている人の言うことは信用できる」「国立大卒の人は仕事ができる」このように判断してしまう効果。

ハロー効果をビジネスに活かすなら
使える武器は使いまくるってことですね。

 

僕も一応は国立大学を出ていますので、
その辺をプロフィールページでも
書いたりしています。

 

ただ、ぶっちゃけ国立大学の中でも
ランクは下から数えたほうが早いですし、
僕自身も頭は良くありません。

(大学で留年もしました)

 

ただ、それでも国立大学って書いておくだけで、
見え方が違ってくるものです。

 

だからビジネスでは使える武器は
とことん使いましょうってことですね。

 

ちなみに僕の実績ページ
使える武器はとことん使っています。

 

参考にしてみてください。

 

フレーミング効果

フレーミング効果

同じ意味でも見せ方によって印象が変わること。(例)無脂肪80%と脂肪20%。同じ意味でも無脂肪80%の方が良さそうな商品に見える。

フレーミング効果も
ビジネスではかなり使えます。

 

タウリン1gよりも
タウリン1000mgのほうが響きますよね。

 

まさに数字のマジック。

 

他にも月々3,000円より
1日あたり100円のほうが
お得感に見せることができます。

 

すぐ使えるテクニックなので、
ぜひ使ってみてください。

 

ファスト&スローの感想まとめ

ということで今回は
ファスト&スローの内容や感想
書いてきました。

 

正直どうなんでしょう?

 

僕の本を読むスキルが足りないせいか、
個人的には難しい内容でした。

 

もちろん書いてある内容は
素晴らしかったです。

 

行動経済学の総まとめ的な内容でした。

 

この本の内容を完璧に理解すれば、
行動経済学をマスターできるくらいの内容だと思います。

 

 

ただ、行動経済学を学ぶ最初の一冊目としては、
読む人によっては難しいと感じるかもしれません。

(僕のように活字が苦手な人は特に)

 

個人的には

予想どおりに不合理
経済は感情で動く

などのほうが読みやすかったですね。

 

これらの本を読んで予備知識を着けてから
ファスト&スローを読んだほうが、
内容もスッと入ってくるかもしれません。

 

といった感じで今回の感想を
参考にしていただければと思います。

 

では今回は以上です!

 

P.S. 電子書籍がいまだけ無料で読めます

僕はパソコン一台で副業をスタートし、
いまでは独立して時間に縛られない自由な生活を送っています。

 

ただ、僕には特別な才能があったわけではなく、
むしろマイナスからのスタートでした。

 

周りの目が怖いくらい自分に自信はなかったですし、
副業の選択をミスって100万円の借金を抱えたこともあります。

 

ただ、そんな僕を変えてくれたのが
低資金で始められるネットビジネスとの出会いでした。

 

正しいやり方を学んで実践したことで
いまでは時間やお金、人間関係の悩みから解放され、
自分らしく人生をデザインできるようになりました。

 

その経験から、どんな過去であったとしても
未来の自分は変えることができると確信しています。

 

だから一人でも多くの人が自分らしい生き方を見つけ、
世の中がもっと明るくなってほしい。

そんな想いを持ちながら情報を発信しています。

 

なので自分らしい生き方が見つかるように
僕が自分らしい生き方を見つけるまでのストーリーを
一冊の本にまとめてみました。

 

いまだけ無料で読めますので、
良かったら読んでみてください。

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

おすすめの記事
コメントを残す