e-Taxで確定申告したけど、こんな使いにくいシステムで開発費500億円だと?

どうも、ぶっちーです。

 

この記事を書いてるのは2020年の春です。

 

これまで僕は確定申告を何度か経験してますが、
今年初めてe-Taxを使って確定申告をしました。

 

確定申告の手続きは確定申告の会場だったり、
郵送などでもできます。

 

ただ、やはりネットですべて完結したほうが便利なので、
初めてe-Taxを使ってネットで確定申告を済ませました。

 

 

ただ、ですね…

 

このe-Taxがとにかく使いづらい。

 

「2~3時間くらい見とけばいいかな~」

 

くらいに考えてたんですが、
結局、丸一日使ってしまいました…

 

 

それくらい使いづらかったんですが、
ビックリしたのがe-Taxって開発費に
500億円もかかってるんですね。

 

「500億円でこの出来とは…」

 

開いた口が塞がらないです。

 

 

今回はe-Taxを使ってみて思ったことなどを
書いていこうと思います。

 

 

そもそも使うまでのハードルが高すぎ

 

e-Taxってもっと気軽にできるものだと思っていました。

 

でも実際に使おうとしたら工程があまりにも多く、

「全然使いやすくねーじゃねえか!」

と、怒りを覚えるレベルだったんです。

 

普段は仏の僕も
今回ばかりは頭から湯気が出そうでしたよ!

 

 

具体的にはこんなに工程があります。

 

・マイナンバーを発行する ← 写真を撮るのが面倒
・マイナンバーを取りに行く ← 役所に取りに行くのが面倒
・ICカードリーダライタを購入する(パソリなど)
・e-Taxのソフトウェアをインストール ← 設定がクソ面倒
・e-Taxの開始届を提出

 

知り合いの美容師さんに

「e-Tax使うと早く終わるよ~」

と言われたんですが、

「いやいや、それ本当なの?」

と疑ってしまいました。

 

とにかく工程が多くて面倒。

 

 

なんかこの工程の多さを見た時点で

「e-Taxで確定申告するの止めようかな…」

って気持ちになりません?

 

 

てか、わざと複雑にしてる気がするんですよね~

 

国の方針で今後e-Taxで確定申告をしないと
青色申告の65万円控除が受けられなくなる予定です。

(e-Tax以外で確定申告した場合は55万円の控除)

 

だから

「控除を受けるためにe-Taxに切り替えてくださいね~」

というのが国の方針です。

 

 

ただ、工程を複雑にして
控除を受けにくくしてるとしか僕には思えません。

 

どちらにしろ工程が複雑すぎて、
e-Taxに切り替えたくない人も多いはずです。

 

e-Taxのソフトウェアは絶望的に使いにくい

 

で、e-Taxを利用するまでのハードルは高かったんですが、
とりあえず使ってみようということで
今回初めてe-Taxを使ってみました。

 

ただ、このe-Taxのソフトウェアが
絶望的に使いにくい…

 

まず、そもそもブラウザが
Chromeに対応していないというね。

 

Internet Explorerだけって…

(Windowsの場合です。Macの場合はSafariのみ対応。)

 

 

「まあまあ … Internet Explorerは我慢しよう」

 

そう思って設定を進めたんですが、
なぜか設定でエラーが出まくります。

 

何度インストールしてもエラーが出て、
インストール場所を変えたりしてもまたエラーが出る。

 

で、いろいろ試しているうちに
なんとかインストールはできたんですが、
結局エラーの原因はわからず…

 

ものすごいモヤモヤした気分になりました。

 

 

まあなんとか設定できたんで良かったんですが、
試練はまだまだ続きます。

 

使い始めたソフトウェアが絶望的に使いづらい。

 

ちょいちょい使い方で行き詰ったり、
あるいはエラーが出てしまったり。

 

そのたびにe-Taxの公式ページで原因を調べるんですが、
このe-Taxの公式ページも絶望的に使いづらい…

 

 

いったいどこから調べろというんだ…

 

ごちゃごちゃしてて
エラーの原因を調べるのも一苦労です。

 

 

で、さらにイラっとしたのが、
エラーを解決する該当ページへのリンクが
貼られていなかったことです。

 

例えば、よくある質問の答えで

「このエラーを解決するには○○のページをご覧ください」

みたいなことが書いてあったとします。

 

このとき、なぜかそのページへのリンクが
貼っていないんです。

 

「えっ?そのページの場所が知りたいんだけど…」
「自分で調べろってこと?」

 

はい、自分で調べろってことみたいです。

 

 

結局、該当するページを
自分で検索して調べましたよ。

 

なんのためによくある質問のページがあるのか
もはや意味不明です。

 

e-Taxの開発費は500億円

 

ちなみにe-Taxの開発には500億円ほどかかっていて、
ランニングコストは年間100億円ほどだそうです。

 

あんな使いにくいシステムに500億円の開発費…
そして、毎年100憶円…

 

もしかしたらあまりに使いにくいシステムだから
年間100億円もかかるのかもしれません。

 

 

ちなみにネットで情報を調べると
システムの開発や運用はNTTデータがしているとのこと。

 

でも大手であるNTTデータが
本当にこんなひどいシステムを作ったのだろうか?

 

もしそうなら罪は重い。

 

ネットビジネスのほうが真っ当な仕事だと思った

 

で、今回のe-Taxの件を通して思ったんですが、
僕らがやっている仕事(ネットビジネス)のほうが
よっぽどマシだよな~と思いました。

 

ネットビジネスってもしかしたら
怪しいイメージがあるかもしれません。

 

アフィリエイトをやっている人にしても
アフィカスなんて言われたりすることもあります。

 

 

でもe-Taxを開発した人たちに比べたら、
ネットビジネスやってる人のほうが
真っ当だと思いませんか?

 

もちろんなかには詐欺をするような人も
ネットビジネス界にはいます。

 

でも詐欺をするような人はごく一部で、
それ以外はビジネスとして真剣に取り組んでいます。

 

 

それにネットビジネスやってる人のほうが
よっぽどユーザーのためを思ってやってますよ。

 

例えば文章一つにしても

 

・いかに伝わりやすい文章にするか?
・いかに読みやすく工夫するか?

 

こういった部分を意識してる人は多いです。

 

 

でもe-Taxというシステムからは

 

・いかに伝わりやすくするか?
・いかに読みやすくするか?

 

こういった工夫がいっさい感じられません。

 

 

たぶん国からお願いされた仕事ということで、

「とりあえず作ればいいんでしょ」

くらいの考えで作ったんだと思います。

 

その結果、あんなにも絶望的な使いづらさに
なってしまったんだと思います。

 

 

ちなみにe-Taxには
操作マニュアルというものがあるんですが、
これマジで笑えますよ。

e-Tax ソフト操作マニュアル

 

507ページにもおよぶ超大作です。

 

確定申告の時期って
忙しくてバタバタしてる人も多いと思います。

 

そんな忙しい人たちに向けて
507ページのマニュアルって … 笑

 

ユーザーのことなんかガン無視ですよね。

 

 

こういったe-Taxの実態を知ると

「ネットビジネスって真っ当なビジネスだな~」

と、あらためて思うことができました。

 

ということでこれからも
読者さんに価値を提供していきたいと思います。

 

P.S.

 

てか、そもそもe-Taxを使って
確定申告してること自体、
時間がもったいないですよね。

 

なので税理士さんを雇って
確定申告の手間を省かないとですね。

 

 

次の目標ができました。

 

税理士さんが雇えるように
これからも頑張っていきたいと思います。

 

それでは!

 

個人で稼ぐための全体像が学べる電子書籍を無料で読めます

僕は農家を辞めてネット起業し、
3ヶ月後に20万円稼げるようになって独立しました。

 

今は自分の好きなペース、好きな場所で
ストレスフリーで仕事をしています。

 

ただ、僕には特別な才能なんてありませんでした。

 

・いじめを受け自信が持てなくなる
・会社員のころは毎日深夜0時までサービス残業
・詐欺投資ソフトを買い100万円の借金を抱える

 

ですが年収1億円の起業家と出会い、
マーケティングや人の心の動かし方、
ブログの自動収益化の方法などを学び、
自分で稼ぐ力をつけることができました。

 

そんな経験から、たとえ過去の僕みたいに
自信もなく知識やスキルがなかったとしても、
正しいやり方を学んで実践すれば、
稼ぐ力は誰でも身につけられると確信しています。

 

僕は自分に自信がなかったからこそ、
同じような人の気持ちが痛いほどわかります。

 

だから個人で稼ぐ力が身につけば、
自分に自信も持てると思いますし、
自分の好きなことができるようになることで、
自分をもっと好きになれるんじゃないかと思います。

 

そして、自分のことが好きな大人が
もっとたくさん増えてほしい。

 

そんな想いで僕は情報を発信しています。

 

なので、僕がいかに稼ぐ力を
身につけられるようになったのかを
電子書籍の中であなたにお話しします。

 

これからの人生、
あなたらしく生きるための小さな一歩として
よかったら読んでみてください。

 

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

社会全般の関連記事