ドーナツ2個を無料でもらうため1時間並ぶ人の多さ 80代男性が警鐘

引用元:ライブドアニュース

このニュースを見たとき、とても共感できるな~と思いました。内容としてはこんな感じです。

  • ミスドのドーナツ2個が無料になるキャンペーンをauが実施
  • キャンペーンによって1時間以上の行列ができていた
  • その光景を見た80代男性が日本の未来に警鐘を鳴らしている

あなたはどう思いますか?ドーナツ2個のために1時間以上も行列に並べますか?僕にはとうてい無理ですね。

ドーナツ2個だから300円くらいでしょうか?300円のために1時間行列に並ぶ…

つまり、「行列に並ぶ人は時給300円?」と言われてるのと一緒です。

時間って目に見えないものです。だからこうやって無駄に行列に並んでしまうんじゃないかなと思います。

そして以前、このニュースに似た体験を僕もしたことがあります。今回はその体験談を交えて、日本人の異常な時間感覚について話していこうと思います。

寒い中30分並んで無料の牡蠣が欲しいか?

僕が以前体験した似たような事例、それは無料で牡蠣をもらえるというものでした。

僕は以前、旅行で宮城県に行ったことがあります。

その日、僕が行った海岸沿いの町では、とあるイベントをやっていました。どんなイベントかは忘れましたが、たくさんの出店が並んでいたのを覚えています。

その時にとある出店では牡蠣を無料で配っていたんですね。

で、そのお店にはものっすごい行列ができていました。見るからに30分以上は待ちそうな行列が。

この日は2月で冬の真っ只中。さらには天気もあまり良くなく、じっとしているだけで凍えてしまうような寒さでした。

そんな中、無料の牡蠣のために30分以上は待つであろう行列に並ぶ人たち…

この光景に僕は異常さを感じました。

「たった1個の牡蠣のために、皆この寒い中待ってるってこと?」

心の中でそう思いました。

で、そんな無料の牡蠣の出店のすぐそばには、1個300円で牡蠣が売られている出店が。こちらは待ち時間0分です。

なので僕は「こんな寒い中30分も待っていられない!」と思い、待ち時間0分で買える出店で、300円を払って牡蠣を買いました。寒い中行列に並んでる人を横目に。

さて、もしあなただったらどちらの出店で買いますか?

寒い中30分以上待ってたった1個の牡蠣を買いますか?それとも300円を払ってストレスなく牡蠣を買いますか?

出来れば300円を払う方であってほしいです。

ついつい無料に釣られて行列に並びたくなるものですが、やはり時間的なロスが大きいのでそこは注意したいところです。

それに時間的なロス以外にも

  • 寒さに耐えるという肉体的な苦痛
  • なかなか前に進まないという精神的な苦痛

などの損失も発生しているわけですからね。

時間について一度きちんと考えてみよう

今回紹介した牡蠣の事例、そして冒頭で紹介したドーナツの事例、いかがでしたか?

「無料に釣られて並んでいた~」

なんてこともあるかもしれません。

もし当てはまっていたら、今一度自分の時間についてよく考えてほしいなと思います。

「はたしてその行列に並ぶ意味はあるのか?」

その行列に並ぶということは、それだけの時間を消費しているということです。

「そこで消費する時間にはたして本当に価値があるのか?」

よく考えてみれば必ず答えは出てきます。

ちなみに当ブログではアフィリエイトの事もお話ししていますが、アフィリエイトにおいても時間について考えるのは大切です。

こちらの記事でアフィリエイトでの時間感覚について話していますので、よかったら合わせて読んでみてくださいね。

P.S. 電子書籍がいまだけ無料で読めます

僕はパソコン一台で副業をスタートし、
いまでは独立して時間に縛られない自由な生活を送っています。

 

ただ、僕には特別な才能があったわけではなく、
むしろマイナスからのスタートでした。

 

周りの目が怖いくらい自分に自信はなかったですし、
副業の選択をミスって100万円の借金を抱えたこともあります。

 

ただ、そんな僕を変えてくれたのが
低資金で始められるネットビジネスとの出会いでした。

 

正しいやり方を学んで実践したことで
いまでは時間やお金、人間関係の悩みから解放され、
自分らしく人生をデザインできるようになりました。

 

その経験から、どんな過去であったとしても
未来の自分は変えることができると確信しています。

 

だから一人でも多くの人が自分らしい生き方を見つけ、
世の中がもっと明るくなってほしい。

そんな想いを持ちながら情報を発信しています。

 

なので自分らしい生き方が見つかるように
僕が自分らしい生き方を見つけるまでのストーリーを
一冊の本にまとめてみました。

 

いまだけ無料で読めますので、
良かったら読んでみてください。

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

おすすめの記事
コメントを残す