どうも、ぶっちーです。

 

もう8年くらい前になるんですが、
ダイアモンドユカイさんのライブに
行ったことがあります。

 

ぶっちゃけ最初は
そこまで興味はありませんでした。

 

友達が

「栃木でライブやるみたいだから行こうよ~」

と誘ってきたので、
とりあえずついて行った感じです。

 

 

で、ユカイさんの存在は知っていました。

 

ただ、あまりいい印象ってなかったんですね。
(失礼ですが…)

 

テレビとかでたまに見かけたりしてたんですが、

「変な人だな~」

くらいにしか思いませんでした。

 

派手なファッションしてますし、

「ハロー、サムシング」

とか意味不明なこと言ってるし。

 

 

ただ、ライブを観に行って
ユカイさんの見方がだいぶ変わりました。

 

やっぱプロのアーティストってことで、
プロ意識がすごかったんですね。

 

僕も見習わないとなと思いました。

 

 

あとプロ意識を持ってる人って
シンプルにカッコいい!

 

このブログの読者さんにも
せっかくならカッコいい大人になってほしいので、
今回記事を書くことにしました。

 

ということで、ぜひ読んでみてください。

 

 

ローカルなライブにダイアモンドユカイがやって来た!

 

ユカイさんのライブって言っても、
大きいコンサート会場ではありません。

 

栃木の佐野市というところにある
文化会館でのライブでした。

 

 

ちなみにユカイさんは栃木県の佐野市に住んでいます。

 

僕は栃木県の宇都宮市というところに住んでますが、
佐野市は車で1時間ほどの場所です。

 

 

で、ユカイさんは結婚して子供ができたのがきっかけで
佐野市に引っ越してきたそうです。

 

佐野市のホームページでも紹介されてました。

 

 

子供を連れて散歩してるだけなのにカッコいい(笑)

 

 

で、そんな佐野に住んでいるユカイさんが
佐野の文化会館で開催された

「佐野ロックカーニバル」

という音楽イベントに参加したんですね。

 

たぶん聞いたことないですよね(笑)

ローカルな感じがプンプンします。

 

 

で、ライブが始まったんですが、
ユカイさんは最後の大トリ。

 

それまでは地元のバンドとかが
ライブ会場を盛り上げていました。

 

ぶっちゃけローカルなバンドすぎて
全然知らない人ばかりでしたが(笑)

 

ライブが始まるもちょっとしたトラブル

 

で、ライブが進んでいき
いよいよ大トリのユカイさんの番。

 

「おお、ついに来た!」
「初めて観るけどどんな感じなんだろう?」

 

とワクワクしていました。

 

 

しかし、何やら様子がおかしい。。

 

ステージにはユカイさん一人だけ。

 

バンドと一緒にライブをやるんじゃないでしょうか?

 

楽器がセッティングされる気配もありません。

 

 

するとユカイさんがマイクを手に取り
話し始めました。

 

何やら話によると、機材トラブルか何かで
バンドで演奏することができなくなったとか。

 

「えっ?何それ?」
「そんなことが起きるものなの?」

 

ローカルなイベントならではですね(笑)

 

 

代わりにユカイさん一人で唄うことに。

そこに用意されたのはなんとレーザーカラオケ。

 

 

ステージの上にはユカイさんと
レーザーカラオケだけ。

 

何とも滑稽な画でした。

 

「おいおい、大丈夫か?」

 

と思ったんですが、
ユカイさんが唄い始めたら状況が一変。

 

めちゃくちゃカッコよかったんですね!

 

 

ユカイさんはカラオケに合わせて
歌を唄ってるだけ。

 

たかがカラオケと思いきや
ユカイさんが唄うとめちゃくちゃカッコいいんです。

 

言葉ではうまく言い表せないんですが、
とにかく唄っててオーラがあるんですよね。

 

一人で唄ってるのに、
そこにはまるでバンドメンバーがいるような。

 

そんな雰囲気を出していました。

 

 

「これが何十年とプロとしてやってきた人のライブなのか!」

 

カラオケという変わったライブにもかかわらず、
すっかりユカイさんの世界観に引き込まれてしまいました。

 

ダイアモンドユカイから学んだプロ意識

 

そんなわけでローカルすぎるライブだったんですが、
僕にとっては大満足だったユカイさんのライブ。

 

と同時に、今回の体験を通して思ったのが、
プロ意識の大切さです。

 

今回のライブではトラブルがあって
バンドでの演奏ができなかったユカイさん。

 

でも限られた環境、状況のなかで
お客さんを楽しませようと最大限の努力をする。

 

そこにプロ意識の高さを感じました。

 

 

たぶん昔の僕がユカイさんと同じ立場だったら、
こんなことを言うかもしれません。

 

「今日はちょっとトラブルがあったので、
 もしかしたらいいライブができないかもしれません」

 

「でも一生懸命やるので大目に見てくださいね」

 

もはやお金を払って観に来てくれてるお客さんに失礼ですよね。

 

 

実際、昔の僕はブログ書くときに
プロ意識が欠けてたこともありました。

 

「商品売れればいいな~」

 

くらいの甘い考えで
ブログを書いてたこともあります。

 

 

ただ、そんな気持ちでブログを書いても
文章というのは正直です。

 

甘い考えが文章に乗って
読者さんにも伝わってしまうんですね。

 

「なんかありきたりなこと言ってるな~」
「この人本当に商品使ったことあるの?」

 

こう思われてしまうので、
商品の売れ行きもよくありませんでした。

 

 

それにお客さんにも失礼ですよね。

 

いくら初心者でもお客さんに商品を売る以上、
そこには責任が伴います。

 

「初心者ですが商品を買ってくれませんか?」

 

営業マンにこんなこと言われて商品を勧められたら
嫌な気持ちになりますよね。

 

 

だから、たとえ初心者でも
プロ意識だけは持つべきですよね。

 

ユカイさんのライブを思い出して今回は書いてますが、
あらためてプロ意識の大事さを感じました。

 

 

そりゃあ誰だって最初は初心者です。

 

でも初心者なりに一生懸命できることは
あると思います。

 

今回のユカイさんのライブと同じです。

 

限られた環境、状況のなかで
最大限できることをやる。

 

プロ意識を学ばせていただきました。

 

 

ということで僕も引き続き
プロ意識を持ってやっていきたいと思います!

 

もし甘えが出そうになったら、
この記事を自分でも読み返すつもりです。

 

 

では今回は以上です!

 

オマケ:すっかりユカイさんのファンになりました!

 

ユカイさんってタレントとしても
マルチに活躍されてますよね。

 

テレビとかで見かけるときは
ついつい見てしまいます。

 

引用元:テレビ東京

 

孤独のグルメにちゃっかり出演してたり。

 

ちなみに孤独のグルメについては
別記事でレビューも書きました。

 

参考記事:孤独のグルメを観たら生き方なんて個人の自由だよなと思った話

 

 

引用元:Amazonプライムビデオ

 

あとこれはAmazonプライムビデオで
ダウンタウンの松ちゃんが企画したフリーズという番組。

 

企画自体は不評ですが、
このシーンは笑いすぎて腹痛くなりました。

 

とにかく動いてはいけないというルールのなかで、
ユカイさんは竹刀で足を叩かれてもビクともしません。

 

何をやるにも全力投球のユカイさんの
ファンになってしまいました。

 

同じ栃木県民として
これからも応援したいと思います!

 

P.S. 電子書籍がいまだけ無料で読めます

僕はパソコン一台で副業をスタートし、
いまでは独立して時間に縛られない自由な生活を送っています。

 

ただ、僕には特別な才能があったわけではなく、
むしろマイナスからのスタートでした。

 

周りの目が怖いくらい自分に自信はなかったですし、
副業の選択をミスって100万円の借金を抱えたこともあります。

 

ただ、そんな僕を変えてくれたのが
低資金で始められるネットビジネスとの出会いでした。

 

正しいやり方を学んで実践したことで
いまでは時間やお金、人間関係の悩みから解放され、
自分らしく人生をデザインできるようになりました。

 

その経験から、どんな過去であったとしても
未来の自分は変えることができると確信しています。

 

だから一人でも多くの人が自分らしい生き方を見つけ、
世の中がもっと明るくなってほしい。

そんな想いを持ちながら情報を発信しています。

 

なので自分らしい生き方が見つかるように
僕が自分らしい生き方を見つけるまでのストーリーを
一冊の本にまとめてみました。

 

いまだけ無料で読めますので、
良かったら読んでみてください。

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

おすすめの記事
コメントを残す