自分が売りたい商品の良さを際立たせるために、他社商品をとことん批判するのはモラル的にNGです。

ただ、他社商品が本当にダメな商品だったらどうなのか?

個人的な考えですが、本当にダメな商品だったら、そこは正直にレビューするべきだと思います。

そもそもそんなダメな商品を作っている側に問題があるわけです。

それに、ダメな商品だと正直にレビューすることで、その商品を買おうか迷ってた人を救うことができるわけですから。

で、今回の記事ではダメな商品を批判しつつも、別の商品をうまく売っていたサイトの事例を紹介します。

ダメな商品を批判するのは決して悪いことではない。そう思えた事例だったので紹介していきますね。

情報商材を紹介しているサイトであった実際の例

僕が実際に見たサイトというのが、情報商材を紹介しているサイトです。

とあるジャンルの情報商材が気になり、いろいろ調べていたところ、そのサイトに行き着きました。

そのサイトでは良い商材から悪い商材まで、たくさんの情報商材を紹介しています。

そして、その中で悪い情報商材のレビューでこのように書かれていました。

「この商材は本当にオススメできません。なので、アフィリエイトリンクも貼りません」

普通、ダメな商材だったとしても、とりあえずはアフィリリンクを貼っているサイトも多いです。

ですが、このサイトではそのダメ商材のアフィリリンクを貼っていませんでした。

このサイトの管理人の方は、ただ単に自分のお勧めしたい商材を売るためにダメ商材を批判していたのではなく、本当にお勧めできない商材だから素直にレビューをしていたんですね。

こういったレビューだったら決して悪ではないなと思います。

だって、もし僕がこのダメ商材を買っていたら、騙されていたのかもしれないわけですからね。

このサイトの素直なレビューのおかげで、ダメ商材を買うのを踏みとどまることができました。

このように、ダメな商材を批判することは、ある意味ではユーザーに価値を与えているとも言えます。

なので、ダメな商材を批判するのは、決して悪いことではないということですね。

アフィリリンクを貼らないことで信頼感がアップしている

ダメ商材のアフィリリンクを貼らないという先ほどの例、実はアフィリリンクを貼らないことが信頼感アップにつながっています。

もちろんそのサイトの管理人は、本当におすすめできない商材だからアフィリリンクを貼っていないわけです。

しかし、意図してるかどうかはさておき、アフィリリンクを貼らないことが逆に信頼感アップにつながっています。

実際、僕も「このサイトの管理人は信頼できるな」と思い、最終的にそのサイトから別の商材を購入しました。

アフィリリンクを貼らないことが信頼感アップにつながり、結局は間接的に売り上げアップに貢献していると言えます。

まとめ:本当にダメな商品なら批判して別商品を紹介してもOK

最後に今回の内容を簡単にまとめます。

  • 本当にダメな商品なら批判してもOK
  • ダメな商品はアフィリリンクを貼らないことで信頼感アップ
  • 信頼感がアップすれば別の商品を売りやすくなる

本当にダメな商品ならおすすめしないことが、ユーザーにとって価値ある情報となります。

そして、代わりに別の商品を紹介してあげるのも価値ある情報です。

自分のお勧めしたい商品の良さを際立たせるために他社商品を過剰に批判するのはNGですが、本当にダメ商品ならこういったやり方も個人的にはありだと考えます。

今回の内容を参考に自分のビジネスでもうまく取り入れてみてください。

ちなみに1つ注意点があります。それは販売元からクレームの可能性もあるということ。

もちろん本当にダメな商品だと思って批判しているわけですから、その行為自体は悪ではありません。

ですが、それでも販売元からクレームをもらったという人も中にはいます。僕の知り合いもその一人です。

ここまで批判したらダメという明確な基準はありませんが、過度な批判は控えた方がよさそうです。この点だけは注意してくださいね!

P.S.「自分難民」を抜け出すための教科書を無料プレゼント中

僕は36年間、他人や社会の価値観に染まりながら、
人格を捨てて生きてきました。

自分がどう生きたいかもわからず、
それはまさに「自分難民」のような状態でした。

 

そんな僕も「自分」として生きたいという想いから
ネットビジネスに挑戦。

いまはネットビジネス一本で独立して、
自分として生きる人生を手に入れました。

 

過去の僕と同じように

「どう生きたいかわからない…」

そう悩んでいる人を助けたい。
そんな想いで情報発信をしています。

 

僕が発信する情報を通して、一人でも多くの人が
「自分」としての生き方を取り戻してほしい。

そして、誇れる自分になってほしい。

 

そんな想いから、これまで僕が
ビジネスを通して得た知識やスキルをまとめた
自分難民を抜け出すための教科書を作りました。

 

今だけ無料プレゼント中なので、
良かったら読んでみてください。

無料プレゼントを受け取る

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

おすすめの記事
コメントを残す