人は追い込まれると行動する。僕が童貞を卒業したときの話。

どうも、ぶっちーです。

 

いきなりですが、
僕が童貞を卒業したのは21歳のときでした。

 

「いきなり何の話だよ?」

 

と思うかもしれませんが、
とても大事な話を今回はしていきます。

 

 

そもそも僕が童貞を卒業できたのは
追い込まれた状況になったから。

 

人って追い込まれると
行動力がめちゃくちゃ上がるものだなと
感じた出来事でした。

 

僕は仕事で独立するときも
かなり追い込まれた状況でしたが、
童貞を卒業したときもそれと同じくらい
追い込まれた状況だったんじゃないかなと思います。

 

「行動したいのになかなかできない…」

 

そんな方は今回の内容は参考になるはずです。
ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

イケてなかった大学生のチェリーボーイ

 

大学生のころ、チェリーを卒業するまでの僕は
相当イケてなかったと思います。

 

と言いますか、高校のときから
かなりイケてなかったんですけどね。

 

高校のときは恋愛経験もなく、
まゆ毛が太い坊主頭のカツオ君状態でした。

 

なかなかイケてない高校生活だったので、
大学デビューをしたいなと思っていたわけです。

 

 

ただ、大学で最初に入ったのが男だらけの男子寮。

来る日も来る日も男たちに囲まれていました。

 

挨拶は時代錯誤の「オスッ!」

しかも全力で挨拶しないと
寮の先輩に説教されます…

 

しかもその挨拶は寮の中だろうと
外だろうと関係ありません。

 

道端で寮生に会ったら「オスッ!」
街中で寮生に会っても「オスッ!」

 

そして、大学のキャンパスにも大音量の

「オスッ!!」

は響き渡っていました…

 

この大声での挨拶は入学して2ヶ月間限定だったんですが、
(それ以降は普通の声で「オスッ!」)
そのときは気が気じゃなかったですね。

 

「思い描いていた大学生活と違う…」
「しかもこんな恥ずかしい想いをさせられるとは…」

 

 

ただ、そんな異常な2ヶ月間を過ごしたからこそ、
同期の間には強い絆も生まれていました。

 

何をするにも一緒の時間が多く、
それはそれで楽しい毎日でした。

 

・お酒を毎日飲んだり
・徹夜でゲームしたり
・寮の仲間と旅行に行ったり

 

こんな感じでそれなりには充実してたと思います。

 

 

ただ、その反面
僕のまわりに女性の気配は0でした。

 

そして、僕のまわりの同期を見ても
やはり女の気配はない…

 

そんな環境にいたので、

 

「まあ、いまが楽しいからいっか」

 

みたいな感じで、
男とつるむことばかりをしていました。

 

 

で、はたかりゃ見れば
何もしてないじゃないですか。

彼女を作るような行動なんて
起こしていないですよね?

 

でも当時の僕は

「まあいつか彼女はできるだろう」

そう楽観視していたんです。

 

 

で、カッコだけはいっちょ前につけるというね。

 

髪を金色に染めたり、
ピアスを開けたり、
洋服にめちゃくちゃお金をかけたり。

 

カッコだけはつけて
気分は最高にいいんですけど、
でも彼女を作る行動はゼロでした。

 

そりゃあ彼女なんてできないよねって話です。

 

ただ、そんなイケてなかった僕にも
とある変化が訪れます。

 

イケイケの新入生が入ってきて焦る

 

3年生まではそんな感じで
生ぬるくイケてない大学生だった僕ですが、
4年生になって状況が変わります。

 

新しく入ってきた1年生が
イケイケな感じの子ばかりだったんです。

髪を染めて、ピアスして、オシャレして。

 

まあ、僕も同じことはやってましたが、
何というかその1年生たちは
あきらかに雰囲気が違ったんですね。

 

高校のときに遊びまくってきてて
ギラギラした雰囲気が出てると言うか、
ものすごく余裕にあふれている感じだったんです。

 

僕は4年生で先輩でしたけど、

「えっ、ぶっちーさん童貞なんですか!?(笑)」

と心の声が聞こえてきそうな感じを
1年生からは感じましたよね。

 

 

で、そんな1年生が入ったことで
僕は焦りを感じました。

 

「この3年間なにをしてきたんだろう?」
「このままじゃイケてないただのチェリーボーイのままじゃねえか」

 

そう危機感を覚えました。

 

 

で、さらにヤバいと思ったのが、
1年生の中でも地味だと思った子ですら
高校のときには彼女がいたということです。

 

僕がその1年生を最初に見たときは

「こいつはまだ童貞だろうな」

くらいな感じに思っていて、
自分と同類だと安心していました。

 

でもいろいろ話しているうちに
ちゃんと高校のうちに童貞を卒業していたことが
判明したんですね。

 

「ヤバい…こんな地味なやつでもチェリーじゃないのか」

 

見た目だけカッコつけて
何も行動してこなかった僕は
さすがに焦りましたよね。

 

この出来事がきっかけで、
僕は彼女を作ることを決心します。

 

追い込まれて本気で行動→チェリー卒業

 

イケイケの1年生が入ってきたことで
僕は大きな危機感を覚えました。

 

それもあって

「よし!俺も彼女を作るぞ!」

そう決心しました。

 

いままでみたいに

「彼女くらいいつかできるっしょ!」

くらいのアホな考えはそこにはありませんでした。

 

具体的なアクションを
女性に対してするようになってたんです。

 

連絡先を聞いてみたり、
ご飯に誘ってみたり。

 

いままで何の経験もなかったんで
手探りでやっていましたが、
寮の先輩とかにもアドバイスをもらいながら
自分なりに頑張って行動していました。

 

 

で、告白をしてOKをもらい、
無事に童貞を卒業…

 

………

 

とはならず、フラれてしまいました(笑)

 

 

まあ、その後もあきらめずに
再度アプローチをしたらなんとか上手くいきましたが。

 

で、童貞も無事卒業できました。

 

 

まあ、それまでの僕だったら、
フラれてもそのまま諦めてたかもしれません。

 

でも僕のなかには危機感があったので、
フラれても諦めずに行動できたんだと思います。

 

環境が行動を変える

 

で、今回の話の教訓としては
環境によって人は行動できるようになる
ということです。

 

僕は1~3年生のときまでは
周りがチェリーボーイばかりの
生ぬるい環境でした。

 

でもイケイケの1年生が入ってきたことで
環境が一気に変わったわけです。

 

環境が変わったことでプレッシャーを感じ、
行動力も格段にアップしました。

 

 

で、これって人生全般で
同じことが言えます。

 

環境が変わることで
行動というのは大いに変わるものです。

 

僕が仕事で独立したときも
環境が変わって追い込まれたことで、
大きく飛躍できました。

 

それまでは農家の手伝いで
ダラダラやっていたんですが、
自分で独立してやっていくと決めたことで
後がなくなり圧倒的な行動力を生み出しました。

 

何しろ本気でやらないと
生活していけないくらいだったので…

(詳しくは僕のメルマガでも話しています。)

 

 

まあ、ポジティブな動機ではないですが、
環境を変えて追い込むというのは
行動力を上げる手っ取り早い方法なのかなと思います。

 

なので、何か行動できなくて困っているなら、
やらざるをえない環境を作ってみてはいかがでしょうか?

 

例えばまわりの人に宣言するとか。

 

・来月までに5キロ痩せる
・今年中に仕事で独立する

 

いろんな人に宣言しまくることで、
後に引けない状況を作るということです。

 

 

あるいは誰かと一緒にやったりするのもいいですね。

 

・友達を誘ってスポーツジムに行く
・知り合いを誘ってコワーキングスペースで仕事をする

 

僕も友達とスポーツジムに通ってたことがありますが、
かなり効果的でしたよ。

 

 

結局、人って基本はなまけものですからね。

 

自分に期待せずに
強制力を使ってしまうのも一つの手です。

 

 

といった感じでもし

「行動できないな~」

と悩まれてるなら、
今回の内容を参考にしてみてください。

 

それでは!

 

P.S. 電子書籍がいまだけ無料で読めます

僕はパソコン一台で副業をスタートし、
いまでは独立して時間に縛られない自由な生活を送っています。

 

ただ、僕には特別な才能があったわけではなく、
むしろマイナスからのスタートでした。

 

周りの目が怖いくらい自分に自信はなかったですし、
副業の選択をミスって100万円の借金を抱えたこともあります。

 

ただ、そんな僕を変えてくれたのが
低資金で始められるネットビジネスとの出会いでした。

 

正しいやり方を学んで実践したことで
いまでは時間やお金、人間関係の悩みから解放され、
自分らしく人生をデザインできるようになりました。

 

その経験から、どんな過去であったとしても
未来の自分は変えることができると確信しています。

 

だから一人でも多くの人が自分らしい生き方を見つけ、
世の中がもっと明るくなってほしい。

そんな想いを持ちながら情報を発信しています。

 

なので自分らしい生き方が見つかるように
僕が自分らしい生き方を見つけるまでのストーリーを
一冊の本にまとめてみました。

 

いまだけ無料で読めますので、
良かったら読んでみてください。

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

おすすめの記事