評判ほどじゃない?現代広告の心理技術101の個人的な感想まとめ

現代広告の心理技術101」という本を読んでみました。

本の存在自体は前から知ってたんですが、とある理由で敬遠してきた本です。

ただ、やはりビジネスをする上で顧客心理は学ぶ必要がありますし、本の存在を知りながらずっと読まずにモヤモヤしているのが気持ち悪かったので、今回購入することにしました!

ということで今回は、「現代広告の心理技術101」を実際に読んでみた感想を書いていきたいと思います。

正直、本を買う前は疑っていました…

僕がこの本をずっと買わずにいた理由は、次の2つの理由が大きかったと思います。

  • おすすめしている人が多すぎて逆に怪しかったから
  • やたらこの本の広告を見かけるから、広告のおかげで本が売れてるだけなんじゃないか?と疑ってたから

こんな感じで疑いまくってたのが正直なところです(笑)

でもやっぱり売れてる本ということはそれなりに理由があるはず。その理由を探るべく実際に本を読んでみることにしました。

予想に反して良書!しかもこれ一冊ですべて完結!

本を購入する前は「本当にいい本なのかな?」と疑っていた僕ですが、実際に本を読んでみたらそんな疑いも晴れました。

書いている内容はまっとうな内容ですし、むしろ「これ一冊ですべて完結するんじゃ?」というくらい情報が凝縮されていました。

僕がこれまで学んできた心理学だったりライティングのスキルが、この一冊に凝縮されてるといった感じです。

これまで心理学やライティングの本は何十冊と読んできましたが、それらの内容が総合的に書かれているので、「これで4,000円ならむしろ安いのでは?」と感じたくらいです。

例えば「影響力の武器」という有名な本。この本に書かれている6つ心理原則の内容も本書では書かれています。

  1. 社会的証明 … 皆がそうしてるから自分もそうしようという心理。
  2. 好意 … 好意を持っている人のお願いは聞きやすい。
  3. 権威 … 権威ある人の意見は信用しやすい。
  4. 返報性 … 何かをされたらそのお礼をしたくなる心理。
  5. コミットメントと一貫性 … 一度決心した事や取った行動に対して、一貫性を保とうとする心理。
  6. 希少性 … 限定品や期間限定に人は弱い。

他にも例えば以下の内容とか。

  • 人は無料のものに弱い。
  • 五感に訴えてリアルにイメージさせるほど買ってもらいやすくなる。
  • 情報量が多いほど「たくさん書いてあるから信頼できる」と思ってもらえる。

僕がこれまでにたくさんの本から学んできた内容が、本書では凝縮されている印象でした。

なので、「最初からこの本で学べば早かったじゃん!」と感じるくらいでしたね。

優秀な企業ほど本の中のテクニックを使っている

やはり実際に上手くいっている事例ばかりを集めた本なので、優秀な企業ほどこの本の中のテクニックを使ってるなと感じました。

例えば返金保証を付けるというテクニックがありますが、上手くいっている企業ほど返金保証は間違いなく付けているものです。

逆に「この会社うまくいってるのかな?」と感じてしまう会社は、返金保証を付けていなかったり。

また、返金保証の期間を長くするほど返品が減るということも書かれていましたが、上手くいっている企業ほど返金保証は無期限になっていたりして、「なるほどね」と納得できました。

他にも例えば、

  • 2個買えば1個が無料になる
  • 398円のような端数の方がお得感が増す

こういったお得感を演出するテクニックって、優秀な企業ほど当たり前のように使っています。

今回「現代広告の心理技術101」を読んだことで、自分の身の周りでどういったテクニックが使われているのかを探すのが楽しくなりましたね。

もちろん自分のビジネスにも生かせる部分が多い

優秀な企業ほど「現代広告の心理技術101」のテクニックを当たり前のように使っていますが、これらのテクニックは僕のような個人ビジネスにも当然使えます。

人の心理に訴えかけるテクニックなので、企業も個人も関係ないですからね。

実際に現在進行形で僕がブログライティングに使っているテクニックも本の中では紹介されてましたし、逆に「あ~、まだまだツメが甘いな~」と感じたテクニックもありました。

それくらい個人のビジネスにも応用可能なテクニックが満載なので、「これを全てマスターしたらすごいことになるぞ!」と期待できる内容となっています。

まとめ

ということで今回は「現代広告の心理技術101」についてレビューしてきました。

正直、最初は「そんな皆が絶賛するほどいい本なの?」と疑ってたのも事実です。

ただ、実際に本を読んでみて、そんな風に疑って本を敬遠していた自分がバカバカしく思えてきました(笑)

とにかくビジネスに応用可能なテクニックが満載で、いい意味で期待を大きく裏切ってくれました。

僕自身、本に書かれているテクニックはまだ完全には使いこなせていませんが、

「これを使いこなせたら大変なことになるぞ!」

と将来に期待しながら、何度も本を読み返して実践し、自分の中に落とし込んでいきたいと思います。

ということで「現代広告の心理技術101」のレビューまとめでした。今回のレビューを参考にしていただければと思います。

個人で稼ぐための全体像が学べる電子書籍を無料で読めます

僕は農家を辞めてネット起業し、
3ヶ月後に20万円稼げるようになって独立しました。

 

今は自分の好きなペース、好きな場所で
ストレスフリーで仕事をしています。

 

ただ、僕には特別な才能なんてありませんでした。

 

・いじめを受け自信が持てなくなる
・会社員のころは毎日深夜0時までサービス残業
・詐欺投資ソフトを買い100万円の借金を抱える

 

ですが年収1億円の起業家と出会い、
マーケティングや人の心の動かし方、
ブログの自動収益化の方法などを学び、
自分で稼ぐ力をつけることができました。

 

そんな経験から、たとえ過去の僕みたいに
自信もなく知識やスキルがなかったとしても、
正しいやり方を学んで実践すれば、
稼ぐ力は誰でも身につけられると確信しています。

 

僕は自分に自信がなかったからこそ、
同じような人の気持ちが痛いほどわかります。

 

だから個人で稼ぐ力が身につけば、
自分に自信も持てると思いますし、
自分の好きなことができるようになることで、
自分をもっと好きになれるんじゃないかと思います。

 

そして、自分のことが好きな大人が
もっとたくさん増えてほしい。

 

そんな想いで僕は情報を発信しています。

 

なので、僕がいかに稼ぐ力を
身につけられるようになったのかを
電子書籍の中であなたにお話しします。

 

これからの人生、
あなたらしく生きるための小さな一歩として
よかったら読んでみてください。

 

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

書籍の関連記事