どうも、ぶっちーです。

僕はこれまでにいろんな起業家の方に会ってきました。その中でも印象に残っている起業家の一人に、定年後に起業した人がいます。

めちゃくちゃカッコいい夢を持っていて刺激になりますし、「人生何歳からでも遅くないな」と思わせてくれるような人です。

今回はそんな魅力的な起業家の知り合いの話をしていきます。

最初は出会いは起業塾だった

僕がその起業家の方(以下Nさんと呼びます)と出会ったのは、起業塾に入ったことがきっかけでした。

僕は過去に50万円の起業塾に入ったことがあるんですが、その起業塾の講師を務めていたのがNさんです。

実はNさんも昔はこの起業塾の塾生でした。しかも入塾したのが定年退職後のこと。

なぜ定年後に入塾して起業しようと思ったのか?それは年金支給額の少なさに老後の不安を覚えたからだそうです。

  • 年金支給額が少ないから病気にもなれない
  • 娯楽も控えなければならない
  • 不慮の事故にも気を付けないといけない
  • そもそもちゃんと年金がもらえるのだろうか?

こういったことを常々考え悩んでいたみたいです。

「このままでは老後の生活ができない」

そう思ったNさんは一番最初にハローワークに行って再就職を探し始めました。

しかし、60過ぎのNさんを雇ってくれる会社はどこにもありません。

行き詰ってしまったNさん。そんなNさんが最終的に行き着いたのがネットビジネスです。

Nさんは起業塾に入塾。その起業塾でネットビジネスを学び、ネット上から収益が発生する仕組みを作り始めることになりました。

年下から学ぶ姿勢は素直にカッコいい

僕がNさんをすごく尊敬しているのは、素直に学ぼうとする姿勢を持っていることです。

60過ぎで起業塾に入塾したNさんなので、ビジネスを教わるのは当然年下の起業家です。

そうなると人によっては変なプライドが邪魔して、素直に学ぼうとしないと思うんですよね。

しかもNさんは会社員時代は会社の重役も務めていたことがあります。そうなるとなおさらプライドが邪魔してもおかしくありません。

でもNさんは違いました。Nさんは年下の起業家から素直に学びました。

「自分はネットのことはさっぱりだからプロからちゃんと学ぼう」

Nさんはそう思っていたので、自分よりもネットに詳しい起業家の言うことを素直に学んで実践したそうです。

そういう姿勢って僕も大事だと思いますし、そんなNさんの姿勢は素直にカッコいいと思います。

結果、Nさんはタイピングすらままならないパソコン初心者だったにも関わらず、ネットビジネスだけで生活していけるようになりました。

激変したNさんのその後の人生

定年後に起業して成功したNさん。その実績が噂で広がり、Nさんのその後の人生は激変します。

  • 大手企業の雑誌から取材を受ける
  • Amazonで書籍を出版し、ベストセラーランキング1位を獲得
  • 多くの書店でサイン会を開催
  • セミナーの依頼が殺到

こんな感じで定年後にNさんの人生は激変しました。

そして、Nさんは先ほどの起業塾で講師にも任命され、その繋がりで僕もNさんにビジネスを教わったというわけです。

ちなみに今現在のNさんはかなり大きな夢を持って活動されています。

あまり具体的な話をすると個人が特定されてしまうので話せませんが、とにかく大きな夢で

「自分の代で達成できなくても未来で誰かが達成してくれればいい」

そんなことを言っています。めちゃくちゃカッコいいです!

あとこんなことも言ってましたね。

「自分にはいろんな人生経験をしてきたという資産がある。そんな高齢者だからこそ、夢を語ることができる」

確かに!僕はそう思いました。

だってたくさんの経験をしてきた人の方が、たくさんの経験の中から本当にやりたい事を見つけやすいんですから。

「ワクワクした人生にしたい」

そんなことも言っていたNさん。僕もNさんのように、いくつになっても夢を追いかけてワクワクするような人になりたいなと思いました。

僕が伝えたい2つのこと

今回、知り合いの起業家Nさんの話をしてきましたが、最終的に伝えたいことが2つあります。次の2つです。

  • 何を始めるにも遅すぎることはない
  • 今が人生で一番若い

Nさんという起業家と出会って、何を始めるにも遅すぎることはないんだなと思ったのが1つ目です。

僕自身、もっと早くビジネスに出会っていたかったなと思うこともありました。

  • 大学生で起業して年収1億円

みたいな情報を発信しているブログを見て、「いいよな~。若いって。」と思ったことも正直あります。

でも若い、若くないとか関係なくて、何を始めるにも遅すぎることはないんだなとNさんから学ぶことができました。

そして、2つ目に伝えたいことが、今が人生でいちばん若いということです。

若い人をうらやんでいるうちに、「今」という自分にとって一番若い時間がどんどん過ぎていきます。

そうやって他人をうらやんでいるうちに、気付いたら年寄りになっている。それは絶対に嫌だなと思いました。

人生で一番若い今に行動を起こすのが最短最速です。だからこそ一番若い今、行動を起こせばいいってことですよね。

ということで、

  • 何を始めるにも遅すぎることはない
  • 今が人生で一番若い

この2つを意識して、僕はこれからも挑戦して行きたいと思います!

P.S.「自分難民」を抜け出すための教科書を無料プレゼント中

僕は36年間、他人や社会の価値観に染まりながら、
人格を捨てて生きてきました。

自分がどう生きたいかもわからず、
それはまさに「自分難民」のような状態でした。

 

そんな僕も「自分」として生きたいという想いから
ネットビジネスに挑戦。

いまはネットビジネス一本で独立して、
自分として生きる人生を手に入れました。

 

過去の僕と同じように

「どう生きたいかわからない…」

そう悩んでいる人を助けたい。
そんな想いで情報発信をしています。

 

僕が発信する情報を通して、一人でも多くの人が
「自分」としての生き方を取り戻してほしい。

そして、誇れる自分になってほしい。

 

そんな想いから、これまで僕が
ビジネスを通して得た知識やスキルをまとめた
自分難民を抜け出すための教科書を作りました。

 

今だけ無料プレゼント中なので、
良かったら読んでみてください。

無料プレゼントを受け取る

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

おすすめの記事
コメントを残す