「ブログを書くのが辛い。楽しくない…」という人のための処方箋

どうも、ぶっちーです。

 

ブログを書いていて
書くのが辛くなったことってありませんか?

 

僕は経験したことがあります。

 

  • ブログを書いてもアクセスが集まらない…
  • 商品が売れない…
  • ブログ書かなきゃとは思ってる。でもそう思えば思うほど書くのが辛くなる…

 

この状態って本当に辛いです…

 

 

で、同じようにブログを書くのが辛いって人、
けっこう多いと思います。

 

そんな方に向けて、
今回は僕なりに思うこと、
アドバイスなどを書いていきます。

 

いまの辛い気持ちが少しでも
楽になってくれれば嬉しいです。

 

 

「やらなきゃ」と思った時点で心は拒絶している

 

まず、最初に大事なこと。

 

「ブログ書かなきゃ」

 

そう思った時点で
心は拒絶しているということ。

 

だってそうですよね。

 

自分の好きなことなら
何も考えずにやれるはずです。

 

でも「やらなきゃ」と思ってるってことは、
それは間違いなく心が拒絶してるということです。

 

 

ただ、この気持ちもすごくわかります。

 

おそらく現状を変えたい気持ちと
上手くいかない現実の狭間で苦しんでるから
「やらなきゃ」ともがいてるはずです。

 

 

「ブログって稼げるんだ!!」

そう希望を持って始めてみた。

 

↓↓↓

 

でも、いくら続けても思うように結果が出ない。

 

「今ごろは稼げてたはずなのに…」

 

認めたくない。
でも認めざるを得ない事実がそこにはある。

 

↓↓↓

 

ツイッターなどで
結果が出ている人を見て

「いいなあ、あの人は…」
「それに比べて自分は…」

とへこむ。

 

↓↓↓

 

へこんでても仕方ないから

「自分もやらなきゃ」

と思うも、そう思えば思うほど苦しくなる。

 

 

おそらくこういった流れではないでしょうか?

 

「何とかしなければならない」
「何とかしたい」

 

そういう気持ちと同時に

 

「このまま続けてて本当に上手くいくのかな…?」

 

こういった気持ちもあると思います。

 

 

相反する気持ちの板挟み。

 

これがブログを書くことを辛くしてるはずです。

 

まずは思いきって休む

 

なので僕からの提案としては、
まずは思いきって休んでしまうことです。

 

記事の質ってその時の気持ちの状態にも左右されるので、
気分が落ちてる時はやっぱり質の低い記事になってしまいます。

 

なので、そんな時は
思いきって休んでしまうのもアリです。

 

 

僕も行き詰まった時は
思いきって休んだりしてました。

 

てか、僕もいままでに何度も
結果が出ずにへこんで
休んだりしてましたよ。笑

 

家でお酒を飲みながら映画を観たり、
気晴らしに友達を誘って出かけたり、
近くの河原に散歩に行って
ただひたすら川の流れる景色を眺めたり。

 

そうやって一週間くらい
ブログを書くことから離れてみる。

 

 

すると不思議なことに
あれだけブログを書きたくなかったのが、

 

「あ~、やっぱブログ書かないと落ち着かないな~」
「あ、こんなこと書いたら面白いかも」

 

くらいに気分が回復してるんですね。

 

僕はそうやって何度も復活してきました。

 

 

あ、あとその期間に自分と向き合ってみるのもいいです。

 

自分は何のためにブログをやってるのか?

 

そういうのを再確認してみると、
やる気も復活してくると思います。

 

 

あなたは何のためにブログをやってますか?

 

・自由な生活をするため?
・家族との時間を大切にするため?
・自分のやりたいことをやるため?

 

もし、いまパッと思いつかないなら、
目の前の辛い作業に追われて
本来の目的を見失ってるのかもしれません。

 

まずは目的を再確認することで、
ブログに対するモチベーションを
回復させるのが先決かもしれませんね。

 

作業のハードルを下げる

 

で、思いきり休んでリフレッシュできたら、
またブログを再開してほしいんですが、
その時に大事なのがハードルを下げるということ。

 

もしブログを毎日更新していて辛いなら、
3日に1回とか、少し頻度を落としてはどうでしょうか?

 

「でもそんなことしたら稼げなくなるんじゃ?」
「稼いでる人って毎日更新してるよ?」

 

こういった声が聞こえてきそうですね。

 

 

これ、僕の考えなんですが、
インフルエンサーの人たちが

 

「ブログは毎日更新しましょう!」
「とりあえず100記事書きましょう!」

 

みたいなことを言っているから、
ブログを書くのが辛くなる人が
たくさん出てくると思うんですよね。

 

「毎日更新」とか、「100記事書け」とか
ハードル上げすぎだろって思うんです。

 

 

でも良くも悪くも
インフルエンサーの人たちって
目立つじゃないですか。

 

だから、彼らの発言が真実だと思ってしまう。

 

でもそれってあくまで
インフルエンサーという人たちの
成功事例の一つにすぎなくて、

 

実際、ブログは毎日更新しなくても
100記事書かなくても収益化はできます。

 

参考記事:【事例あり】100記事未満で少ないPVでもブログは収益化できます

 

 

僕も昔は毎日更新とか、
ひたすらブログを量産してました。

 

でも、いま思うとただゴミを量産してただけで、
社会に何の価値も与えてないなという
むなしい気持ちになってしまったんですね。。

 

だから、いまはこうして
不定期ではありますが、
1記事ずつ丁寧に書くようにしています。

 

僕はそっちのほうが楽しいと思いますし、
何倍も充実感があると思っています。

 

 

ゴミを量産するより
誰かの役に立ってるという実感を得ながらブログを書く。

 

ブログと言っても
やってることはビジネスです。

 

相手への価値提供は当たり前です。

 

少ない記事でもいいから、
1記事ずつ丁寧に

 

「この人の悩みを解決するんだ」

 

という意識が大切だと思います。

 

オマケ:SNSを使う

 

あと最後にオマケとして
SNSも上手く活用するといいです。

 

これはビジネス的な面と
メンタル面の話なんですが、
SNSを使う目的は

 

・集客
・モチベーションの維持

 

この2つです。

 

 

まず集客なんですが、
ブログを書くのが辛いのって
やっぱりアクセスが思うように
集まらないからですよね。

 

ならツイッターとかで

「記事更新しましたよ~」

と言って集客してもいいわけです。

 

Googleだけに依存するから
アクセスが少なくて辛くなるわけです。

 

ツイッターも集客手段としては
バカにできないので、
一度使ってみることをおすすめします。

 

 

あと、2つめの目的の
モチベーションの維持ですが、

 

やっぱりツイッターも使って
情報を発信をしていくと
反応してくれる人も出てきます。

 

「ツイートを考えるのが面倒」

 

って人はブログに書いた内容を
140文字に要約してつぶやいてもいいわけです。

 

あなたが丁寧に書いた記事なんですから、
ツイッター上で反応してくれる人もきっと出てきます。

 

 

ブログって受け身のメディアで、
だから反応がなくて辛いんですよね。

 

だったらすぐに反応がもらえるツイッターを
すき間時間とかでやってみてもいいかもしれません。

 

それがブログを書くモチベーションに繋がれば
もうけもんですよね。

 

 

といった感じで最後にまとめると、
ブログを書くのが辛かったら

 

・まずは思いきって休む
・ブログを書くハードルを下げてみる
・SNSも上手く使ってみる

 

といった感じです。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

それでは!

 

自由なお金持ちになるための電子書籍が無料で読めます

僕は会社員、農家と仕事を変え、
最終的にはネットビジネスで起業し、
月40万円を稼いで独立しました。

 

今はネット上の仕組みが
自動でお金を生み出してくれるので、
お金や時間、人間関係に縛られない
自由な毎日を送っています。

 

ただ、こんな僕も元々は
特別な才能なんてありませんでした。

 

・自信がなくて周りからはいつも舐められる
・会社では仕事ができず深夜0時までサービス残業
・副業の選択をミスって100万円の借金を抱える

 

ですが年収1億円の起業家と出会い、
ビジネスの正しい知識を学んだことで、
自分で稼ぐ力を身につけることができました。

 

そんな経験から、たとえ過去の僕みたいに
自信もなく知識やスキルがなかったとしても、
正しいやり方を学んで実践すれば、
稼ぐ力は誰でも身につけられると確信しています。

 

そして、お金や時間、人間関係に縛られない
自由な生き方は誰でも手に入れられます。

 

だから一人でも多くの人が、
僕の発信を通して人生を変えるきっかけを
掴んでほしい。

そんな想いで情報を発信しています。

 

そして、僕がビジネスで学んできたことや、
自由な生活をいかに手に入れたかなどを
電子書籍の中にまとめました。

 

無料で読めますので、
人生を変えるきっかけに
していただけたら嬉しいです。

 

電子書籍「週休7日で生きていく」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

ブログの関連記事