オーディブルがビジネス的に優れてると思ったので考察してみた

どうも、ぶっちーです。

 

オーディブルという本の読み上げサービスがあるんですが、
そのサービスを使ってみました。

 

優れたサービスだったので、
そのレビューをしてもいいんですが、

 

それよりもビジネスモデル自体で
学べる点があったので、
今回はその話をしていこうと思います。

 

Amazonという巨大企業が提供するサービスですが、
個人がビジネスをする上でも学べる点があります。

 

ということでオーディブルのビジネスモデルについて
考察していきますね。

 

 

無料戦略の使い方が上手い

 

まず最初に上手いなと思ったのが、
無料戦略の使い方です。

 

オーディブルでは1ヶ月無料で使える
キャンペーンを行っているんですが、
この戦略が本当に上手いなと思いました。

 

具体的には1ヶ月無料で使え、
無料期間中に解約すれば料金は発生しません。

 

しかも無料で1冊のオーディオブックがもらえ、
仮に無料期間中に解約したとしても、
解約後にオーディオブックを聴き続けることもできます。

 

つまりお客さんには何のリスクもなく、
何なら1冊無料でもらえるので、
得でしかないってことです。

 

そうすれば間違いなく

「使ってみようかな」

って人も出てきますよね。

 

こうやって無料でお客さんを集めてるのが
まず上手いなって思った点ですね。

 

 

で、まずは無料でお客さんを集め、
実際にサービスを使ってもらえば、
一定数は継続して使う人も出てきます。

 

ここで初めて利益が発生するわけです。

 

しかも利益は会員が解約しない限り
発生し続けます。

 

最近注目されてるサブスクという
ビジネスモデルのことですね。

 

ネットフリックス、スポティファイ、
あとはオンラインサロンとかも
サブスクのサービスですね。

 

継続的に収益が発生し続けるのは、
ビジネスも安定するので大きいです。

 

 

で、仮に無料期間中に解約したとしても、
使った人の頭の片隅にはサービスのことが残ります。

 

そうすれば、いつか再開してくる人も
出てくるかもしれません。

 

つまり将来の見込み客を育てるために
種まきをしているようなものです。

 

実際、僕もオーディブルを使ってみて
今は解約してしまったんですが、
機会があればまた使ってみようかなと思っています。

 

僕自身もまた、将来の見込み客になる可能性が
あるってことです。

 

だからオーディブルの無料戦略って
本当に上手いなと思いました。

 

 

ちなみにこの無料戦略って
いろんな企業が使っていて、
有名なとこだとドモホルンリンクルですね。

 

ドモホルンリンクルも無料サンプルを配ってますが、
原理としてはオーディブルと同じです。

 

無料で配る。

継続して使ってみようという人が出てくる。

仮に継続しなくても「機会があれば使ってみよう」という
将来の見込み客になる可能性がある。

 

 

無料戦略はやはり強いです。

 

デジタルコンテンツだからコストがかからない

 

で、オーディブルのもう一つの優れた点が、
デジタルコンテンツであるということです。

 

デジタルコンテンツだから
コストがかかりません。

 

だから一度作ってしまえば、
あとはコストをかけず複製し放題なんです。

 

これがデジタルコンテンツの強みですよね。

 

 

物販だったら物を作るたびに
コストがかかります。

 

原価が上がれば、企業はコストカットに
必死にならざるを得ません。

 

でもデジタルコンテンツなら
コストがかからず複製し放題。

 

オーディブルの場合、
最初に声優さんに録音してもらうので、
その辺の経費はもろもろかかりますが、
あとは複製し放題です。

 

あとはお客さんを集めれば集めるだけ
利益になります。

 

オーディブルの場合、広告を出して集客もしてますが、
広告以外からも勝手に集客できる仕組みができています。

 

そもそもオーディブルはAmazonのサービスなので、
Amazonを利用している人なら、
Amazonのサイト内で勝手にオーディブルというサービスが
目に入ってきます。

 

あとプライム会員に登録してる人なんかも
自然とオーディブルを目にするでしょう。

 

Amazonという便利な通販サイトを入り口にして
顧客の囲い込みができてるので、
別サービスのオーディブルも
勧めやすくなるということです。

 

 

あとは集まったお客さんに
オーディブルを紹介するだけ。

 

デジタルコンテンツなので、
申し込んでくれるだけ
利益も爆発的に増えていきます。

 

あらためてデジタルコンテンツって
強いなと思いました。

 

個人のビジネスでもデジタルコンテンツがおすすめ

 

で、オーディブルのデジタルコンテンツというモデルは、
個人のビジネスでも使えます。

 

例えば、僕は情報発信ビジネスをやってますが、
使ってるのはブログ、メルマガ、YouTubeという
デジタルコンテンツです。

 

一度作った文章や動画が
ネット上に残り続けてくれるので、
それらが勝手に働いてくれるんです。

 

しかも経費は月に4,000円ほど。

 

 

あと、メルマガ内で商品も販売してますが、
それもデジタルコンテンツです。

 

1つの商品を作るのに1~2週間とかはかかりますが、
一度作ってしまえば、それらは複製し放題。

 

かかるのは最初に作る手間だけで、
あとはお客さんを集めるだけ
商品が売れていく仕組みです。

 

あとは商品数を増やしたり、
集客数を増やしていくことで
個人でも1億を目指すこともできます。

 

 

「でも自分には売る商品なんてない」

 

そんな人はアフィリエイトという
販売代行のビジネスでもOK。

 

企業案件を紹介して、
商品が売れれば報酬がもらえます。

 

在庫を持つ必要がなくてリスク0ですし、
これもある意味デジタルコンテンツと
言えるかもしれません。

 

 

なんか個人でビジネスするって言うと
お店を開くとか物を作って売るとか考えて
リスクを心配する人もいますが、
ネットビジネスならリスクなんてありません。

 

それはやはりネットビジネスには
デジタルコンテンツという強みがあるからです。

 

まあ、僕も副業から入った時は
投資というリスキーなものに手を出して
大やけどを負ったんですけどね。。

(たしか100万円以上は損したかな…笑)

 

ネットビジネスならリスクはないので、
その点は安心してください。

 

 

といった感じで、オーディブルのビジネス解説と
そこから学べることを考察してみました。

 

何かの参考になれば嬉しいです。

 

それでは!

 

自由なお金持ちになるための電子書籍が無料で読めます

僕は会社員、農家と仕事を変え、
最終的にはネットビジネスで起業し、
月40万円を稼いで独立しました。

 

今はネット上の仕組みが
自動でお金を生み出してくれるので、
お金や時間、人間関係に縛られない
自由な毎日を送っています。

 

ただ、こんな僕も元々は
特別な才能なんてありませんでした。

 

・自信がなくて周りからはいつも舐められる
・会社では仕事ができず深夜0時までサービス残業
・副業の選択をミスって100万円の借金を抱える

 

ですが年収1億円の起業家と出会い、
ビジネスの正しい知識を学んだことで、
自分で稼ぐ力を身につけることができました。

 

そんな経験から、たとえ過去の僕みたいに
自信もなく知識やスキルがなかったとしても、
正しいやり方を学んで実践すれば、
稼ぐ力は誰でも身につけられると確信しています。

 

そして、お金や時間、人間関係に縛られない
自由な生き方は誰でも手に入れられます。

 

だから一人でも多くの人が、
僕の発信を通して人生を変えるきっかけを
掴んでほしい。

そんな想いで情報を発信しています。

 

そして、僕がビジネスで学んできたことや、
自由な生活をいかに手に入れたかなどを
電子書籍の中にまとめました。

 

無料で読めますので、
人生を変えるきっかけに
していただけたら嬉しいです。

 

電子書籍「週休7日で生きていく」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

サービスの関連記事