画像引用元:Amazonプライムビデオ

 

どうも、ぶっちーです。

 

僕は普段テレビを観ないんですが、
唯一観ている番組があります。

 

それが「相席食堂」という
お笑い芸人の千鳥がやっている番組です。

 

 

正直なところ、
相席食堂という番組名を最初に聞いたときは
まったく観る気が起きませんでした。

 

「相席食堂?面白い番組なのか?」
「まったく引かれない番組名だな…」

 

ネーミングって大事ですね(笑)

 

 

でもレビュー評価が異常に高かったんですね。

 

僕は最初、相席食堂を
Amazonプライムビデオで知りました。

 

で、Amazonでの評価が異常に高かったんです。

 

 

4.5評価とかなりの高評価なんですが、
僕が最初に見たときはなんと5点満点でした。

 

なので番組名はちょっと気がかりでしたが、
実際に観てみることに。

 

 

すると、これがめちゃくちゃ面白い。

 

芸能人が全国に足を運んで
一般人と相席をしながらご飯を食べる。

スタジオの千鳥がそのVTRを観ながらツッコむ。

 

こういったシンプルな内容なんですが、
毎回のように腹を抱えて笑っています。

 

微妙にズレたキャスティングだったり、
ロケの最中に起きるハプニングだったり、
千鳥の鋭いツッコミだったり。

 

とにかく面白くて
Amazonプライムビデオで一気に観てしまいました。

 

高評価なのも納得です。

 

 

ただ、ですね・・

 

相席食堂がリニューアルされ、
放送時間が伸びてからは評価が悪くなったんです。

 

 

3.5点はちょっと微妙かな…

 

僕もリニューアル後の番組を観ながら

「あれ?前ほどじゃなくなった…?」

と、うすうす感じていたところです。

(もちろん番組自体は面白いですよ)

 

 

ちょっと前置きが長くなりましたが、
今回は相席食堂のリニューアルで評価が下がった理由を
ビジネスの視点も交えて語っていきます。

 

深夜番組がゴールデン進出すると
つまらなくなることってありますよね。

 

そういったものに共通する内容ですし、
僕たちが生活するうえでも学びになることがあったので、
今回記事にしてみました。

 

では行きますね。

 

 

一貫性からずれると価値が下がる

 

まず1つ目がこれですね。

 

番組がイマイチになってしまうのって
一貫性からずれてしまうのが関係しています。

 

 

相席食堂ってリニューアル前は

 

・芸能人がロケに行く
・スタジオで千鳥がツッコむ

 

というシンプルな番組構成で
ずっとその構成で一貫していました。

 

 

でもリニューアル後は
何やらよくわからない企画が追加されるようになり、
一貫性がなくなってしまったんです。

 

台湾の観光名所を紹介する企画だったり、
芸人が無人島に行ってサバイバルする企画だったり、
千鳥の野球チームを作る企画だったり。

 

「あれ?何の番組だっけ?」

 

と感じてしまうくらい、
最近は謎の企画がくっついてきています。

 

こうやって一貫性からずれた番組になってしまうと、
価値が薄まってしまうんです。

 

 

そりゃそうですよね。

 

番組だけじゃなくて
何か商品を売るときも同じです。

 

例えばダイエット商品を売っているのに

 

「いまなら英会話教材もお付けします」
「何なら最新のノートパソコンもお付けします」

 

とか言われても全然響かないですよね。

(極端な例ですが…)

 

それは結局、余計なものがくっついて
全体的な価値が下がってしまっているから。

 

 

相席食堂もまた余計なものがくっついたことで
全体的な評価を下げてしまったということです。

 

これ、相席食堂に限らず
ゴールデン進出して失敗する番組にも共通しています。

 

ゴールデン進出で放送時間が延びた分だけ
企画を考えなければならなくなる。

 

そこで余計な企画がくっついてしまって
番組つまらなくなってしまうということなんですね。

 

視聴者層の微妙なズレも影響している

 

あと気になったのが
リニューアルに伴う視聴者層の微妙なズレ。

 

相席食堂はリニューアル後に
「ナイトinナイト」という放送枠に組み込まれました。

 

どういった放送枠なのかは詳しくわかりませんが、
千鳥が言うにはこの放送枠に組み込まれるのは
かなり名誉なことらしいです。

(探偵ナイトスクープもこの枠に入っています)

 

 

ナイトinナイトの放送枠に組み込まれても
リニューアル前と同じ深夜の枠であることには
違いありません。

 

ただ、放送枠が変わることで
視聴者層が微妙に変わる可能性も否定できません。

 

 

ナイトinナイトの方針では
過度な下ネタは禁止という方向性を取っているようです。

 

リニューアル前の相席食堂は
過度な下ネタはないにしろ、
雑な編集のまま放送しているものもありました。

(それが面白さにつながってるんですが)

 

 

ただ、ナイトinナイトに移ったことで
番組の編集も視聴者だったり、放送局の方針に合わせて
ややクリーン路線に変更したんじゃないのかなと思います。

 

その結果、攻めの内容が
リニューアル前よりも減った印象です。

 

 

これ、深夜からゴールデンに進出する番組も同じですよね。

 

ゴールデンに進出する場合は
特に視聴者層が大きく変わるものです。

 

小さなお子さんも観るでしょうから、
やはり攻めた番組内容にするのは難しいもの。

 

そうなると深夜帯にやっていたころよりも
番組の内容も薄くなってしまいますよね。

 

だからゴールデン進出で失敗する番組が
多いということなんです。

 

相席食堂の教訓を自分たちにも生かす

 

今回の内容としては
相席食堂のリニューアルで評価が下がったのは

 

・一貫性からのずれ
・視聴者層の微妙なズレによる番組内容の変更

 

こういった点が関係しているということでした。

 

この学びを自分たちに生かすとしたら?
ということで最後に話していきます。

 

 

まず1つ目は一貫性を持ちましょう
ということです。

 

これは普段の生活でもそうですし、
ビジネスをやる場合もそうです。

 

一貫性のない人って
なんだか信頼できないですし、
あまりカッコよくないですよね。

 

言っていることがコロコロ変わる。

そんな人は信用できないと思います。

 

例えば「人は見た目じゃなくて中身だ!」と言ってた人が、
「人は外見がすべてだ!」なんて言い出したら、

 

「えっ?どっちだよ?」

 

てなりません?

 

あんまり印象は良くないですし、
信頼できないですよね。

 

 

で、僕はブログやメルマガなどで
情報を発信していますが、
一貫性には気を付けているつもりです。

 

ビジネスを始めるなら
ネットビジネスがおすすめで、
投資はおすすめしない。

このことを一貫して言っています。

 

でも僕が

「投資がアツいです!」
「オイシイ案件があるのでいかがですか!?」

とか言ってきたらどう思いますか?

 

たぶんガッカリだと思います…

 

だから一貫性が大事ということなんですね。

 

 

で、2つ目が誰に向けて
情報を発信するかが大事ということ。

 

これはビジネスの話ですね。

 

 

深夜の番組がゴールデンに進出して失敗するのは、
完全に誰に向けて発信してるかを履き違えているからです。

 

深夜には深夜の視聴者、
ゴールデンにはゴールデンの視聴者がいます。

 

だから深夜の番組をゴールデンに持っていっても
視聴者の層が違うから難しい部分があるんです。

 

ビジネスに例えるなら
英語の市場でダイエット商品を
一生懸命売るようなもの。

 

そんな極端なことは起こらないにしろ、
例えばすでにビジネスをやっている人に向けて

「ビジネスやりませんか?」

みたいなことを言ってしまうことならあり得ます。

 

だから自分が情報を発信する相手は誰なのか?
相手はどんな情報を欲しいのか?

こういったことが大事になってきます。

 

 

といった感じで相席食堂のリニューアルで学んだことを
今回は書いてみました。

 

今後もこういった考察系の記事を思いついたら
書いていきたいと思います。

 

そのときもぜひ読んでみてください。

 

おまけ:どの回が好きですか?

 

ちなみに相席食堂を観ている方は
どの回が好きですか?

 

僕はここら辺の回が好きですね。

 

・具志堅用高&コロチキナダルの回
・尼神インター渚&長州力の回
・志茂田景樹の代打、千原せいじの回

 

いつ観ても笑いすぎて腹が痛い…

 

 

特にナダルの回はいまでも何度も観てしまう。

 

引用元:Amazonプライムビデオ

 

大悟のツッコミのボキャブラリーに注目です。

 

観ていない方はぜひ!

 

P.S. 電子書籍がいまだけ無料で読めます

僕はパソコン一台で副業をスタートし、
いまでは独立して時間に縛られない自由な生活を送っています。

 

ただ、僕には特別な才能があったわけではなく、
むしろマイナスからのスタートでした。

 

周りの目が怖いくらい自分に自信はなかったですし、
副業の選択をミスって100万円の借金を抱えたこともあります。

 

ただ、そんな僕を変えてくれたのが
低資金で始められるネットビジネスとの出会いでした。

 

正しいやり方を学んで実践したことで
いまでは時間やお金、人間関係の悩みから解放され、
自分らしく人生をデザインできるようになりました。

 

その経験から、どんな過去であったとしても
未来の自分は変えることができると確信しています。

 

だから一人でも多くの人が自分らしい生き方を見つけ、
世の中がもっと明るくなってほしい。

そんな想いを持ちながら情報を発信しています。

 

なので自分らしい生き方が見つかるように
僕が自分らしい生き方を見つけるまでのストーリーを
一冊の本にまとめてみました。

 

いまだけ無料で読めますので、
良かったら読んでみてください。

電子書籍「自分難民からの脱出」を無料で読む

※メールアドレスを入力すれば読むことができます。

 

この記事が役に立った方は、
下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

おすすめの記事
コメントを残す